話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

Bouquet of flowers to Messiah

有賀尋

Because I become the parts for you who die to live

─親細胞に自分の細胞も内臓も食われてボロボロ。力を使う度に壊死していくんだ、その代わりに僕は御神体として誰よりも強い力を手に入れた

半ば諦めたような目をして俺のメサイアは話した。

「治んねーの?」
「治らないね、ドナーがいない限り」

―他人の臓器もらってまで生きようとは思わないよ

とも。

だけど、俺は生きていてほしい。

俺は死んでも何ともない。でもあいつは違う。生きていれば何かを必ず得る。
後悔はない。
祈る神も居ない。

だからこそ、俺は死ぬ。

万夜が生きるために。

「Bouquet of flowers to Messiah」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く