話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

Bouquet of flowers to Messiah

有賀尋

Through the darkness 1

「...いってて...あれ...ここ...?」

僕は廃工場で目が覚めた。記憶は朧気にあって、でも途中から覚えていない。
確か緊急発信をして肘を鳩尾にくれてやっても相手が倒れなくて、結局捕まって...?
端末は奪われずに済んでいる。それを確認してからメールが入っていることに気がつく。

「...メール...?誰から...?」

恐る恐るメールを開くと、そこには円柱状の槽が写っていて、その中にいるのは...

「...雪...?」

どうして...!?なんで...!?

そう思うと緊急発信先は雪だったことを思い出した。チャーチにも発信はされているだろうけど、でも最初に動いてくれたのは雪だった。そう告げている。

どうしよう...!
その前にこの場所はどこ...!?

「目が覚めたか?前谷尋」

背後から低い声がして振り返ると見たことの無い男が銃を向けて立っていた。

「...何をした」
「雛森雪には我が君の元へ来てもらう。お前はその囮として使わせてもらった。お前にも来てもらう」

そう言うと後ろにいつの間にかいた相手に銃を突きつけられた。

...今は従うしかない。

雪は必ず助けてみせる。

指示に従って歩き出した。

「Bouquet of flowers to Messiah」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く