話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

Bouquet of flowers to Messiah

有賀尋

Give me your heart

―オ マ エ ノ シ ン ノ ゾ ウ ヲ ヨ コ セ ...―

その声がしてガバッと起き上がる。呼吸が浅い。苦しい。

...また、だ...。

ここ最近夢に見る。
白い部屋で、僕の知らない人が僕の心臓をよこせと言って銃を向けられる夢。
怖くて目が覚めて、そしていつもいつも泣いてしまう。

こんなんじゃダメだとわかっているのに...。

「...尋?」

隣で寝ていた雪を起こしてしまうほど、僕の夢見はどんどん酷くなっていった。

「...せ、雪...」
「いつものか、最近多いな」
「ごめ...」

謝るより先に雪が抱きしめて頭を撫でてくれる。
それが一番安心すると雪は分かっているからだ。大人しく頭を預ける。
離れて寝ようと提案した事もあったけど、即答で却下された。任務で離れていた分、一緒にいてくれると約束したから、それを守ってくれている。

「謝ることはない、気にすんな」
「...でも...起こしちゃった...」
「大丈夫だって、気にしすぎ。ほら、来いよ」

腕を引いて雪は僕を抱き寄せる。
怖さ故か僕はぴったりくっついて目を閉じる。

―あれは誰なんだろう…?

「Bouquet of flowers to Messiah」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く