話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

Bouquet of flowers to Messiah

有賀尋

Shadow shields

無機質な部屋の中でただ電子音が響く。

規則的に動く心電図は今日も異常を示すことはない。
目の前の培養槽では新たなクローンが作られている。俺は名前をつけて呼んでいる。

様子を見始めて半月、目を閉じたままのこいつは、まだ目覚めはしないだろう。
この状態でもこいつにはかなりの教育をしている。と言っても、脳内に直接情報を流し込んでいるだけだ。

実践は愚か、経験などまるでない。誰かに愛されるという経験も、誰かを愛す経験も、誰かのために生き、誰かを守ることも知らない。そして、こいつがこれからされることも、こいつがこれからどうなるのかも、こいつは知らずに生きていくのだ。
ただ1人の人間として、そしてただ1人のために命を捧げる事だけに作られ、死んでいく感情を一切持たないただの人形。
そしてこいつは、その影として生きていくのだ。

「...お前をメサイアとして受け入れてくれるやつだといいな、XXX」

冷たい培養槽に手を触れる。
熱が伝わる訳じゃない。
気持ちが伝わるわけじゃない。
動くわけじゃない。
たまに動く指が何かを探している。
微かに動く薄い唇が、何かを発しようとしている。

「...どうですか、様子は」

依頼人がやってきて、その手を離す。

ここは怪しい人間しか来ない。
ここはそんなところで、俺はそこの医師兼研究者。
人体実験なんてお手の物。

「相変わらずです。...異常はありません」
「そうですか。あとどれ位で目が覚めますか」
「さぁ...分かりません。正直、目が覚めるのかも怪しいところですし」
「君が弱気になるなんて珍しいこともありますねぇ、衛藤昴えとうすばる君」

依頼人は一嶋晴海。警備局特別公安五係、通称サクラの係長。
この人の考えが一切分からない。何をしようとしてるのかも分かりやしない。

「聞いたことありませんよ、クローン同士のメサイアなんて。...本気ですか」
「えぇ、本気です。君なら多少の無茶を聞いてくれるだろうと思いまして」
「感情を一切持たないなんて無理ですよ。殺すこと、死ぬことに恐怖を持たないようにできても、元のナリは人間。関わっていく人間、環境に左右される」
「それは分かっています。だから接触するまで、メサイアを組むまでは無でいてもらわねば困るのです。...私はこれで失礼します、用事がありますので」

そう言って出て行った。
もう一度培養槽に目を向ける。
さっきと何も変わらない。
もう一度培養槽に触れる。
それはこいつの心みたいに冷たい。

「――――――まもる...」

名前を呼ぶと反応する。これは変わらない。

「...また様子見に来るよ」

そう言って研究室を出た。
俺がいなくなっても、研究室には無機質な電子音だけが響いていた。

「Bouquet of flowers to Messiah」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く