話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

Bouquet of flowers to Messiah

有賀尋

Love twins

「愛斗ーっ!」

俺は任務から帰ってきて愛斗に抱きつく。
無性にくっついていたい時があるのだ。それは愛斗も同じだけど、なんせ感情表現が苦手だからなかなか愛斗は表に出ない。でも、くっつきたい時が大体同じだから俺がくっつきたい時にくっつくのだ。

「わっ...海斗...おかえり、怪我してない?」
「してないよ!そんなヘマはしない!」

愛斗は少し苦手としてる情報を重点的にやる事になり、俺は小さな任務を智晴にーちゃんとこなしている。もちろん指示出しは愛斗で、宋流にーちゃんが補助でいる。

「指示も的確になってきたな」
「晴、おかえり」

宋流にーちゃんの顔が明るくなって智晴にーちゃんに近寄る。

相思相愛ってこういうことを言うのかな。

「ただいま、宋」
「どうだった、海斗は?」
「あぁ、無茶はしなくなった。愛斗との連携もさすがと言っていい。おかげで俺達は無傷だ」
「よかった...」

宋流にーちゃんと智晴にーちゃんは俺達のことをすごく可愛がってくれる。俺達の教官として一緒に訓練したり、教えてくれている。

「そう言えば、髪すっきりしたんだね」
「あ、うん」
「百瀬さんが切ってくれたんだ!」

ガタガタだった俺達の髪を百瀬さんが綺麗に切り直してくれた。双子のアシンメトリーはそのままで、綺麗になったから、後ろから見てもどっちがどっちかは分からない。
任務が成功した。とりあえず今はそれだけで十分。
愛斗は俺の服を掴んでいる。俺はにーちゃん達が違う方を向くのを見計らって軽くキスした。
愛斗はびっくりした顔をしたあとに赤くなった。可愛い。

「...もう...ここでやることないじゃん...」
「いーのいーの。...宋流にーちゃん、智晴にーちゃん、俺達部屋戻るね!」
「あぁ、ちゃんとご飯食べに来いよ」
「わかってる!行こ、愛斗!」
「あ、うん...」

愛斗の手を引いて部屋に向かう。

いつまでこの手を繋いでいられるだろう。離れずにいられるだろう。

そんな不安を少し押し殺しながら部屋のドアを開けた。

「Bouquet of flowers to Messiah」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く