話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

Bouquet of flowers to Messiah

有賀尋

It's not alone

藤瀬君の卒業任務の日、僕は1人で情報部にいた。いつもなら隣に幸樹がいたのに、今はいない。
あの組織にいた時も、僕には仲間がいた。でも今はいない。雪も前線に出ている。
いい所までジャック出来ていたのに、途中からし返された。

「助けて...長谷部さん...!」

僕は泣きそうになるのを自分で分かりながら、ほんの少しだけ一緒にいた長谷部さんを思わず呼んだ。

長谷部さんはもうここにいない。任務で散ってしまった。でも、長谷部さんはチャーチで1番タイピングが早くて、ジャックもすごかった、本当に最強のサクラと呼ぶに相応しい人だった。

『ー前谷、体を借りるぞ』

耳元で長谷部さんの声がしたかと思って振り返ってから僕は意識がない。気がついたら雪やほかの人が帰ってきていたことくらいだ。

「...あれ、雪...?」
「ただいま、尋」
「おかえり...あれ、僕どうしてここに...?長谷部さんに助けてって言ってから何も...」
「…長谷部がお前の体借りてたの」

そこには瑠衣さんもいて、僕は一瞬なんの事だか分からなかった。

「…ったく、やだって言ったのに」
「まぁまぁ...」
「長谷部さん...きて...くれてた...」

僕は何故か疲れてそのまま重力に瞼が落ちるのを任せた。
そこから僕は覚えていない。
後から僕は憑依体質で、長谷部さんが僕の体を借りていたこと、鯰尾さんが瑠衣さんに憑依していたこと、長谷部さん達もこの任務に協力してくれることを雪に教えられた。

自分の体質に驚いたし、まさか長谷部さんが入ってきているなんて知らなかった。

また、長谷部さんと戦える...!

僕はそれだけでも心強かった。

必ず助けるからね、幸樹。

僕は心にそう誓って、今日もインカムを着ける。

僕はひとりじゃない。
仲間がいるんだ。

「Bouquet of flowers to Messiah」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く