話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

部の中心的な弓道部員だった私が異世界に転生したら長耳族でした

クラヤシキ

第三十話 「夢の中でだけでも」

 目が覚めると、再び視界いっぱいに青空が入ってきた。あぁ、またここに戻ってきたのか。
「やぁ、起きたかい?」「…神様」「君の寝顔も良いね。なんかこう、満たされる感じだ」「貴方は一体何なんですか…?ちょっと怖いです」
 そう聞くと、満面の笑みでこう答えてきた。
「えー…。尊い君を見るだけのお兄さんだよ」「…死ね」「はぐっ…!なかなかの辛辣さ、流石元女子高生…!!」「でも本当は?」「ご褒美!……あっ」「ただの変態神ですよ貴方」「よく言われる。これで最高神だ。驚きだろ?」「貴方が最高神とか神様終わってると思うんですけど」
 懐から取り出した眼鏡を掛けて溜息を一つ、吐いた。眼鏡はすごい似合ってるな…。内面さえ良けりゃ完璧なんだけど…。
「さて、なんか食べる?一応なんでも出せるけど」「いきなりなんですか?」「いやだって、歓迎しなきゃダメじゃん」「ダメじゃん、って…」「ほら、なんか食べたい物無いの?」
 あるはある。唐揚げ…。美味しい唐揚げ。あの世界には無頼なんたらがあるけどあれとはちょっと違う。まともな大きい唐揚げが食べたい…。
「…………あげ……」「あげ?」「唐揚げが食べたい。大きいの…」「え、待って。なんで恥ずかしがってんの?尊いんだけど、あっ、可愛い。いや、ちょっと…あっ、心臓がズキンズキンしてる、死にそう…」「さっさと死んでしまえ糞神」
 この私(見た目6歳)にこの対応をしている神を見てこう思った。もしかして、幼女好き?と。多分幼女好きで合ってる。
「はぁ…なんで君はこんなに可愛らしいの?」「お父さんとお母さんが素晴らしいクオリティだからです。ありがとうございます」「あぁ、成る程。もよく分かってるじゃあないか。うん…。唐揚げ持ってくるよ」
 無言でパァッと笑顔になってみる。直後、私を見ていた神がフリーズし、しばらくして。
「がへぇっ!」「えぇ…!?」
 思い切り血を吐いてぶっ倒れた。…リアクションがオーバー過ぎる。ていうか、自分そんなに可愛いかな?今まで思った事もなかったけど…。
「はぁ…はぁ…。ヤバい…君と過ごしてると僕が早死にしそうだ。龍帝が君を気に入ってる理由がよく分かる…」「おじ様もロリコンなの?」「ロリコ…いや、あんなのと一緒にしない事だ君ぃ。僕達はいたって健全な子供好きさ!」「じゃあ男子相手にそんな反応出来ます?」「え、出来ないに決まってるじゃないか。アホなの?…あっ!!辞めろ!急に蹴り倒すとかどうなの!?あっ、カカトで踏まないで、ちょっと痛…痛い痛い!あっ、ちょ、そこガスガスされるとダメなんだよ!男にそこはダメだ!ダメだって言って、があああああああああああっ!!」
 取り敢えず踏みしだいた。何を踏みしだいたかは伏せるけどナニかを踏みしだいたんだ。そして、踏みしだかれた本人は顔を手で抑えながらプルプル震えている。
「まだ3歳の幼女に尋問されながら大事な所を踏みしだかれるなんて…軽く逝けそうだったな…」「尋問ではありません。あと逝けたのならもっと強めにやれば良かったです」「それは…やって貰おうかな……」「えっ?」「いいや、なんでも無いとも!さぁ、唐揚げを持ってこよう!」
 彼はバッと立ち上がり、そそくさと何処かへ向かって走っていった。彼の居る方向をみると、神殿のような何かが建っていた。あれ?あんなのあったかな?
 私は一人取り残されたので、再びお花畑に腰を下ろした。
 __________
 ラルダがそうしている時、神は神殿のような建造物に入り、息を整えていた。
「ふぅ…ふぅ…はぁー…。やっぱり本気で走るのは堪えるねぇ…。もうちょっと運動するべきかな…」
 そう嘆きつつ、下半身に目を向ける。未だ痛みを感じているのだ。
「脚の力強すぎるよ…」
 そうぼやいて、股間あたりを手で抑えた。明らかに自業自得なのだが、やはりダメージは大きい。神は溜息を一つ吐き、眼鏡を外して、天を仰ぎこう言った。
「あぁ…やはり幼女というのは良いものだ」
 彼は、自称子供好きだが、もっと限定的なものかも知れない。

「部の中心的な弓道部員だった私が異世界に転生したら長耳族でした」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く