話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

部の中心的な弓道部員だった私が異世界に転生したら長耳族でした

クラヤシキ

第十話 「ご飯の時間」

「おっ、上がったか」「うん。ご飯出来てる?」「おう。久々に作ったからちょっと味が落ちたかもな」「味が落ちても最高だから」「そう言ってくれると助かる」
 ウェインさんが席に着く。私も付いていく形でウェインさんの隣の椅子に席に着く。なんか普通に料理作ってるクレイさんしっくりくる。
「ほれ。ちょっと焦がしちまったが」「何これ?」「米を溶き卵と一緒に焼いたもんだ。簡単に言やぁ、焼き飯だよ」「焼き飯ねぇ。案外手の込んだ物じゃないのね」「そりゃお前、ラルダが負担の大きい物食べて腹壊したら大変だしなぁ。てな訳で全く油を使ってないヘルシーな焼き飯だ!」「「素敵!」」
 声が揃ってしまう。配慮が完璧過ぎる。女の人にとって油の過剰な摂取は危ない訳では無いけど避けたい物だしね。この配慮は素敵としか言えない。
「クレイさんはいつも料理作ってるの?」「ん?おう。料理は好きだし、何よりウェインが喜んで食ってくれるのが嬉しいからな」「いい人だね」「んー。まぁ、悪い大人では無いな。てか冷める前に食え。冷めたら落ちた味がますます落ちる」「あっ、いただきます」
 そう言われ、私達はスプーンを手に取る。そして一掬い。パラパラとした米がスプーンに乗っかる。やっぱり炒飯だ。そう思いながら口に頬張る。
「…!んんっ!!」「おわっ、どうした?不味かったのか?」
 違います。違います…。そういう事じゃないんです。と首を振る。美味しい味付け、ていうかこれ私達が好き好んで食べる味じゃん!完全に生前の美味しい炒飯のそれである。これが神の御技か…。
「美味しいです…」「おっ、そうか。てかなんでそんな涙目になってるんだお前…」「懐かしいっていうか…そんな感じの味だからです」「おぉ。そりゃ良かった。作った甲斐があるぜ」
 因みにウェインさんはというと、同じような感じに浸っていた。やっぱりなんかどこか懐かしい味なのだ。お袋の味って奴なのだろうか。黙々と食べ進んでいると、気付いたら物が無くなっていた。
「「ご馳走様でした」」「はい!お粗末様です!皿は流し場に置いといてくれ、風呂から上がったら洗うからよ」「はーい」
 皿洗いまでやってくれるのか。本当に家事好きなんだなあ。ていうか美味しかった。これからおじ様が帰ってくるまで、ここで暮らせるって事で自然にクレイさんの手料理が食べられる、という事だ。嬉しい。
「ウェインさんクレイさん」「「ん?」」「今日からよろしくお願いします!」
 私は今日からお世話になる人達に一礼する。そして顔を上げると、二人は笑顔になってこう言った。
「おう、家事ぐらいしか出来ねぇが宜しく頼むわ」「うん。こちらこそ宜しくね!」
 二人は私を快く迎えてくれた。これからの日常は楽しみである。森にいた頃より、格段に楽しそうである。やはり人生は楽しむ物だね。

「部の中心的な弓道部員だった私が異世界に転生したら長耳族でした」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く