異世界転生で神話級の職業!死の神のチート能力で転生

金田拓也

35罰

優「俺に逃げるあてがあるとでも?」
ロイ「…もしかして、まだ疑ってる?本当に探りを入れようなんて思ってないんだが…仕方ないか。」
ロイさんは頭をかくと
ロイ「ノアさんの力を抑えられてるのは君のおかげだ。ノアさんの強力な力をある程度コントロールできるとしたらかなりの脅威だろう。つまり、君にはそれだけの価値がある。…それでなんだが、出来ればで構わない。他のやつも連れていけるなら頼みたい。残ったのは俺が面倒みる」
ノア「無理よ」
それまで黙っていたノアは静かにそう言い放った。
それにロイさんは驚いた顔をしていたがすぐににやけた笑みを浮かべた。
ロイ「分からないぞ〜?やってみないことにはー」
ノア「本気?」
表情はいつも通りの無表情だが、いつもとは違う気迫のようなものを感じる。
ロイさんふぅっと息を吐くと笑い
ロイ「正直分からん。負けるかもしれないし、勝つかもしれない。…結局はやってみないことには誰にも分からない。」
ノア「そう。…優はどうするの?」
優「俺は…」
そう言ってチラッと美奈の方を見る。すると美奈は両手で優の頬を掴むと
美奈「決めるのは優自身だ。私を戦わない理由にするのはダメだぞ」
それにロイさんはふっと軽く笑った。
優「ごめん美奈。」
優はそう言うとロイさんを見た。
優「俺も戦います」
ロイ「わかった。余計なことを言って悪かったな。」
そう言うとドアを閉めた。

「オイオイ団長さんよ。勝手に戦力を削るのはどうかと思いますよ?」
それにロイはゼロの方を見ると
ロイ「こいつらを召喚するために頑張ったお前には相談できないと思ってな。」
「おい!どう言う意味だそりゃあ?」
と、一が声をかけてきた。
ゼロはニヤニヤと笑うと
ゼロ「口の利き方がなってねぇぞ?教えてくださいだろ?」
一「あぁ?」
ロイ「まぁまぁ二人とも落ち着いて。」
それにゼロは、足を引きずりながら一の横を素通りした。
その背を眺めながらロイはタバコをくわえると
ロイ「全く。困ったやつだよ」
一がロイを見てると、ロイは後ろ頭をかきながら言った。
ロイ「お前達を召喚するためには、膨大な量のマナが必要だったんだ。当時、この国には俺ら意外に王国騎士団と言うものがあったんだが…うちと向こうは仲が悪くてな。よく困らされたものだよ。対立が続いてな。戦争が始まってるってのに内輪もめしてる場合じゃない。異世界転生者を召喚するためにはマナが足りない。どうなったと思う?」
一「まさか?」
ロイ「そのまさかだ。ゼロが一人で王国騎士団を潰したんだ。わざわざ、辞表を俺に出した後に。上はお怒りだったが、そのおかげでと言ったら悪いか。王国騎士団の体内にあるマナを使って…彼らを生贄にして
君らの召喚のマナを蓄えた。ゼロは処刑されるなんて話もあったが、かなりの戦力を戦争前で失うのはマズイってことになって。逃げられないように足をな」
一「つくづく勝手なやつだな。」
ロイ「まったくだよ。」
と笑いながら言った。

「おい。そこのお前達止まれ」
衛兵に声をかけられ止まる。
隣の大きな男が声を荒げて言った。
「だから言ったんだよ!流石にフードは怪しすぎだって!」
「仕方ないじゃない。あんたの見た目じゃどのみち、声をかけられるわよ!」
それに真ん中に立っていた男がため息をつくと
「失礼。怪しいものではありません。」
そう言ってフードを男が脱ぎ
「信用できなければ、調べてもらっても構いません。」
そう言って両手を上げた。
フードの下は歳若い男だった。
3人の衛兵は、お互いで顔を見合わせ、一人の若い衛兵を見ると
「お前。一応部隊の方々に伝えてこい。」
「はい。分かりました!」
そう言って走っていこうとした時、急に足が地面にくっつくようにして動かなくなる。
「もう、仕方ないわね」
と女が言った瞬間だった。
突然現れた水が顔を覆い、息が出来なくなる。
それに大男が「ふん!」と言って地面を触ると
土が上から覆い被さり、どんどん下に沈んでいく。
声も出せないまま、衛兵3人は夜の街に消えた。




「異世界転生で神話級の職業!死の神のチート能力で転生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く