異世界転生で神話級の職業!死の神のチート能力で転生

金田拓也

32凄い奴ら

一「おいテメェ!あいつとはどういう関係だ!」
と、小声ではあるが怒気を感じさせる強い口調で聞いてくる。
優「魔族の王の部下で、かなり上位の部下だ。」
一「そんなこと聞いてねぇ!」
冬馬「一!今はそんなことはどうでもいい。速くここから逃げるぞ」
優「あ、あぁ。」
美奈「まずいぞ。炎の檻が壊されたぞ」
一は、こちらの胸ぐらを掴み、引き寄せると
一「さっきらから、なに落ち込んでやがる!今はそんな場合じゃねぇだろ!分かったらテメェも頭を使え!」
優「す、すまん。」
そう言って続ける。
優「あいつの能力は、多分雷だ。とんでもないスピードと攻撃力があるから、このまま走って逃げるのは得策とは言えない。俺の瞬間移動も距離がある程度決まってるから…」
そこで全員が隠れて頭を悩ませていると
美奈が何かに気づいたようにじっと優の方を見ると
美奈「そう言えば優よ。…いつからお主は魔法が使えるようになったのだ。」
優「は?」
美奈「いやの、瞬間移動などの能力が使えるのは知っておったが、少し前からの優からは、属性が見えるようになったのだ。」
優「属性?」
美奈「うむ。属性だ。」
横から冬馬が付け加えるように言った。
冬馬「お前は、受けてねぇかもしれねぇが、俺らは、魔法の適性があって、訓練の時に習ったんだ。属性ってのは、火とか、水、俺が使ってる光なんていう適性に合ったものがそれぞれあるんだ。」
そう言えば、前回、目にマナを集めるって言ってたな。と思い、前回同様に目に集め、目を開け自分を見て首を傾げだ。
それもそうだ。自分の体からは、色々な色が出ていたため、何属性かは、分からなかったのだ。そこで前の美奈を見つめると、美奈も自分同様沢山の色が渦巻いていた。
優「これはどういうことか分かるか美奈?」
美奈「うむ。優も私と同じようだな。私は、賢者?だからか?使えない魔法がないとロイが言っておったのだ。優とお揃いだな。」
そう言って、こちらにピースしてくる美奈に少しばかりドキドキしていると
「話し合いは終わったかよ!」
と上空から聞こえた瞬間。バランが落ちてくる。
衝撃で地面が凹む。
優は、とっさに美奈を抱え瞬間移動し、回避することができた。
それにしても着地だけでこれかよと地形の変わった地面を見ていると
一「ボサッとしてんじゃねぇ!」
優は、立ち上がり、美奈の前に立つと
優「魔法の使い方を教えてくれ」
と小声で言うと美奈は、こくっと頷き
美奈「分かったぞ!イメージが大事だと言っていたぞ。」
優「イメージ?」
美奈「うむ。火ならば、火をイメージし、動かすなら、その動きをイメージして、マナを動かすのだ。」
優「それで出来るってお前天才だな」
美奈「そ、そうかのぉ?」
と照れながら美奈が言うのを無視し体に纏わせるイメージをする。マナの動きを意識する。
目を開け鎌を構えるとバランに向かって突撃した。
バランは振り下ろしを剣を上げ防ぐが衝撃で地面に足がめり込む。それにバランが笑うと
バラン「やれば出来るじゃねぇか!」
そのバランの顔の前に手を出すと
炎のイメージをし、手から火を出すが、爆発のイメージをしてしまい、まずいと思った時には手遅れだった。
目の前が光と熱に包まれ大爆発を発生した。
冬馬と一は、美奈を抱え爆発に巻き込まれないように避難すると、前方をにらみ
一「あの馬鹿!何してやがんだ!」
冬馬「とにかく優が心配だ。怪我も酷いかもしれない。抱えて逃げるぞ。」
バラン「あぁ。そうだな。でもまずは、俺を倒すのが先だろうがァ!」
そう言って所々に火傷が目立つバランが姿を現した。
左手には優掴んでいる。
冬馬「何をした。」
バラン「ちっと気絶させただけだ。」
一「おい!俺とこいつであの野郎を引きつける。その間にお前は優を拾って直せ。どうせただで逃してくれるわけがねぇ。早く治して戦場に復帰させることを最優先にしろ。」
美奈「うむ!分かったぞ!」
そう美奈がそう言って後に2人に身体能力強化を付与する。
一と冬馬は一斉に突撃をする。バランが剣を振り下ろしてくるが一はそれを受け流し地面を蹴ると顔面にそのまま膝蹴りを叩き込む。バランはそれに額の頭突きで返す。
一が力負けし、空中で一回転をするような状態になる。
バランの後ろから突然冬馬が現れる。冬馬が横薙ぎをするが、すでにそこには誰もおらず、気づけば、冬馬が背後を取られていていた。
冬馬の体が眩く光る。そこから先はスピード勝負だった。どちらも常人では、いや、ある程度の訓練を追った人間でも捉えることは厳しいかもしれない。それほどのスピードで両者が動く。眩い光と金属のぶつかり合う高い音だけが辺りに響いた。

美奈は、その隙に優に近づき、治療をしようとした時、優が突然起き上がり、一と冬馬、バラン方に目を向ける。
優「俺も加勢に行く。」
美奈「な!?何を言っておる!傷の手当て、が、、さ、き、じゃ、ろ?」
と美奈は困惑しながら優の体を見た。なぜなら、もうすでに、優の体に傷と呼べるものが一切なかったからだ。
優は、戦況を見て目を見開いた。
バランが圧倒的だと、勝手に思っていたのだが、一と冬馬は、格上相手に互角以上の勝負をしていたのだ。
小さい時からそうだった。小学校から一緒だった俺ら三人は決して仲が良いとは言えなかった。いつだってあの二人は、みんなの先頭で、すげぇ奴らだった。
そして、それは今も変わらない。
なら、俺のすることは、、、。

バラン「ガハハハ!いいぞ小僧ども!もっと俺を楽しませろぉ!」
冬馬「おい。やべぇぞ!このままじゃこっちがガス欠だ!」
一「んなことは分かってんだよ!」
バランは、距離を詰め剣を振り下ろす。一は、それを防ぐが、今度は、一が地面に足がめり込む。
一「クソガァァァ!!」
と一が叫びながら踏み止まる。
冬馬が一歩踏み出し切り込みを入れるがその瞬間には、そこにはおらず背後に現れる。一と冬馬は同時に突きを入れる。
バランはそれを防ぐことなく、二人の突きはバランの体に刺さった。
バランは笑みを深めると一と冬馬の首を両手で掴む。
その時だった。上空から雷が落ち、三人に直撃した。
「「グガアァァァァ!」」と二人の声が重なる。
眩い光が消えた時には、一と冬馬は、ダランとしていた。その二人を投げるとバランは一人高笑いをしていた。
その時だった。バランの周りを水の檻が囲む。
バラン「おもしレェこと考えるじゃねぇか?けどよ!こんなんじゃたりねぇよっ!」
そう言って大振りの横薙ぎをする。雷の熱で水が蒸発する。
その大振りを狙い首めがけ上から優が鎌を振る。
しかし、バランの方が速い。バランは振り向きざまに雷速に一撃を放つ。それは、空中で無防備な優の胴を斬った。
優はそれにニット笑うと空いてる手でバランの目元を覆った。
「「「終わりだ」」」
三つの声が重なる。
いつのまにか、バランの前に立っており、バランに刺さった剣を掴み、横薙ぎ。
そして、ガクンと膝から崩れたバランめがけ鎌を振り下ろした。





「異世界転生で神話級の職業!死の神のチート能力で転生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く