異世界転生で神話級の職業!死の神のチート能力で転生

金田拓也

31時間

夜風に当たりながら、一人でタバコを吸っているとこちらに足音が近づいてきて、そちらを見ると、ゼロが立っていた。
ゼロ「それでぇ、なんでわざと見逃したんだ団長?」
ロイ「ん?なんの話だ?」
そう言って、少し微笑みながらとぼけて見せた。
ゼロ「魔族との戦争。俺はあんたさえいれば勝てると思ってる。」
ロイ「奇遇だな。俺もお前さんさえいれば勝てると思ってる。」
ゼロ「あぁ?なんの冗談だ団長?」
ロイ「嘘や冗談のつもりで言ったわけじゃない。俺は完璧でも、最強でもない。そんな俺が一歩踏み出すのにお前さんの存在が必要なんだよ。」
それにゼロはため息を吐くと
ゼロ「そいつが本当なら嬉しい話だ。…が、もし仮にこの足に対して団長が罪悪感を感じてんなら、その必要はねぇ」
それにロイは一瞬ゼロの足に目を向けた。
ゼロ「こいつは俺が勝手にやって、罰をくらったもんだ。あんたのためにやったんじゃねぇ。…これはあんたが背負う重荷じゃねぇ。」
そう言って立ち去ろうとするゼロの後ろ姿を見つめ
ロイ「お前さん一人に背負わせるものでもない、こういうのは代表に背負わせるものだ。それが責任というものだろ。」
ゼロは何も言わずに立ち去った。

金属同士がぶつかり甲高い音が辺りに響く。
早く重たい剣撃が飛んでくるが、それらを取っ手で防ぐ。
早いが前回よりも反応できる。
剣を振り下ろしてくるが、当たる寸前のところで、受け流し鎌を握る手に力を込め振り下ろした。
その瞬間。視界が回る。地面地面地面と転がり、片膝、片手をつきバランの方に目を向けた。
バランは首元に左手を置き、こちらをじっと見下ろしていた。
バラン「…こんなもんかよ」
優「あ?」
バラン「テメェの実力はこんなもんかって聞いてんだよ!」
優は何も言わずに立ち上がった。
その時、視界からバランが消える。
背筋がゾッとし、勘で防御を自分の右側にとる。右側からの刀を防ぎきれたが、威力に耐えきらず吹き飛ぶ。スピードもパワーも今までとは桁違いに高い。
受け身を取り体制を急いで整えるが追撃はなかった。代わりに先程同様にこちらをじっと見つめていた。
まるで心の奥底を見透かされているようななんとも言えない恐怖を感じる。
バラン「期待ハズレだ。」
それにピクッと肩を震わす。
何故だろう。その言葉が自分への死刑宣告のようにも聞こえた。もうお前は必要ないと言われているような気がする。
バラン「弱い者いじめは好きじゃねえ。これがテメェの実力ならここでテメェともう一人の女殺してシメェだ。」
優「な!?」
と驚いた声が出た瞬間だった。
バランの背後の木陰が動き、一が飛び出てくる。その両手には刀が握られていた。
一は刀を一閃するが、それは空をきるだけとなった。
代わりに着地したばかりの一の背後にバランが立っていた。
一は息を吸い込むと
一「行けぇぇぇ!」
と大声を出した。
その一に向かってバランが刀を振り下ろそうとするが突然冬馬が一の前に現れると
辺り一帯を眩い光が覆った。
それによって生まれた隙を見逃さず、冬馬と一は、右左と両方から切り込みをいれる。それをバランが刀と左の手のひらで止める。
バラン「なんだ、お前らいいじゃねぇか!」
と笑うと右側にいる一を蹴り、左手で持っている剣を冬馬ごと振り回し、吹き飛ばした。
その瞬間。バランがいる場所に炎のサークルのようなものが現れる。それを確認し、吹き飛ばされた二人は優のいる方向に走り出した。
美奈「行くぞ!優」
と後ろから美奈に声をかけられ、4人で駆け出した。

バラン「あはは!なんだ、良いのがいるじゃねぇか!」
そう言ってバランが炎のサークルを剣に纏わせた雷で切り裂いた瞬間だった。
ゴフッと口から血を吐き、胸元を抑えた。口元についた血を手で拭うとニッと笑い
バラン「最後の最後まで付き合ってもらうぜ。人間ども」





「異世界転生で神話級の職業!死の神のチート能力で転生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く