異世界転生で神話級の職業!死の神のチート能力で転生

金田拓也

30客

夜に優の部屋で5人が円を書くように座っていた。
優「で?一体何のようだ、お前ら?」
それに美奈は、ちらっと優の隣にいるノアを見ると
美奈「べ、別に深い意味はない、気にするな。」
一「勿体ぶってねぇで話しやがれ!」
と冬馬に一が怒鳴った。それに冬馬は一度ため息を吐くと始めた。
冬馬「そろそろはっきりしたかっただけだ。…優、一体何があった?」
優「…」
冬馬「…何を知っている?」
一「ウダウダ一人で考えても仕方ねぇ。この際だ、知ってることを吐け。」
優「…分かった。今の現状について話す。」
優は戦争中であり、人間側が危機的状況であること、魔族の他の勢力もあること、ノアがそこにいたことを話している時だった。
部屋がノックされ、こちらの返答もないまま扉が開かれる。中にいたメンバーを確認するとあははと微笑みながらロイさんは話しかけてきた。
ロイ「みんなお揃いか。ちょうど良かった。」
ロイさんは視線を後ろに向けると、ロイさんの背後からゼロが出てきた。
そして、ノアに近づき、朝と同様鎖をつけると
ゼロ「及第点以外この部屋から出ろ。」
意図がわからずにいると、
ロイ「いやぁ、悪いね。ちょっとお客さんが来るみたいなんだ。」
それに冬馬は立ち上がると
冬馬「悪りぃ邪魔したな。」
そう言って部屋を出て行った。(ノアは座っていたが、美奈が強制的に連れて行った。)
そして、ロイさん達も席を外し、部屋に一人だけとなった。
「よぉ、久しぶりだなぁ」
と窓から低い声が聞こえ、そちらを見るとエリザベートの部下のバランと呼ばれていた魔族が立っていた。
バランはこちらに赤い液体の入ったたくさんのビンを置いた。
バラン「一本飲んだら森にこい」
とだけ言って、姿を消した。

森に着くとヤンキー座りで空を見上げているバランを見つけた。
バランは、こちらに気づくと立ち上がった。
バラン「構えろ」
そう言うと、バランは剣先をこちらに向けてきた。
こいつら、とことん暴れたがりだなと思いながらも鎌を構えた。
普通なら何か理由を聞く場面だったかもしれない。だが、あまりに暖かすぎる日常のせいで、不安になって、色々なことを考えさせられてうんざりしていた時期だ。暴れたいのはこっちも同じだ。

バランは、楽しそうな優を見つめながらエリザベートの言葉を思い出す。
エリザベート『いざとなれば二人とも殺しても構わん』
そんな言葉を思い出しながら、バランは動き出した。

「異世界転生で神話級の職業!死の神のチート能力で転生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く