異世界転生で神話級の職業!死の神のチート能力で転生

金田拓也

29日常

まばゆい朝日が窓から差し込んでくる。
優は体を起こし、眠たい目を擦ると隣で、気持ちよさそうにすぅすぅと可愛げな寝息が立てているノアを見る。
結局一睡も出来なかった!
そう思いながらせめてもの仕返しにノアのおデコにデコピンをするとノアが目を覚ました。
ノア「痛いわ。」
とおでこを空いた手で抑えながら言った時。扉がノックされた。
優はノアの手を引き扉を開けると美奈が立っていた。美奈は、少し頬を膨らてそっぽを向きながら
美奈「おはようだ。」
それに優は少し頬を掻きながら
優「おはよー」
が、それを遮りノアが優の前に立つと
ノア「おはよう。」
と言った。
美奈「な!?なんなのだ?」
と美奈が驚きながら言うと
ノア「私はノア。」
美奈「そんなことは知っている!私は優におはようと言ったのだ。まだ、お前には言っておらぬ!」
ノアは優の方を見ると
ノア「おはようと言ってるわ。」
優「お、おう。おはよう?」
と優が言うとノアは再び向き直り
ノア「おはようと言ってるわ。」
美奈「な、なぜ貴様を挟んでなのだ!」
そんな会話をしていると、
ゼロ「おい。うるせェ。見せつけてねぇでさっさと歩け」
と、一晩中そこにいたのか、眠そうなゼロが声をかけてきた。
食堂に着くと、ノアは優の左隣りに座り、右に美奈が座った。
ノアは、出された料理をじぃーっと見ると優に向き直り、スプーンを突き出した。
ノア「食べさせて」
優「へ?」
と間の抜けた返事をしてしまう。
美奈は突然立ち上がると
美奈「な、何を言っておるのだ!貴様は!」
ノア「食べさせて」
美奈「誰が同じことを二度も言えと言った!自分で食べられるだろう!」
それにノアは右手を上げると
ノア「手を繋いでるから食べられないわ」
それに美奈は今頃気づいたのか驚きに満ちた表情をすると
美奈「な、なぜ手を繋いでおる!?は、離さんか!」
ノア「それはできない。」
それに美奈はぐぬぬ…と悔しそうにしていると
ゼロがノアに近づき鎖のようなもので左手を縛ると
ゼロ「うるセェつってんだろ。これで手を繋いでる必要はねぇ。分かったら黙って食え」
なぜそれを昨夜やらなかったのか!と、優が抗議をするように立ち上がろうとすると肩を押され椅子に座らせられる。
ゼロ「言いテェことは分かってるから座れ。…そんな長く持たねェんだよ。そいつの魔力量は、異常だ」
そう言って足を引きずりながら歩いて行った。
美奈は事情がわからずに頭の上に?マークを浮かべていたが、すぐに考えるのを放棄した。

ご飯を食べているとノアが口を開いた。
ノア「あなたは彼の何?」
それに優はゴフッと詰まる。
優「お前何言ってんだ!?」
美奈は、フンと言うと
美奈「き、貴様に教えてやる義理はない!…そ、そう言うお前こそ優の何なのだ。」
ノア「私は…彼の正妻よ。」
こいつ。少し考えてでた答えがそれかよ。
美奈「そ、それはどう言う意味だ!!」
ノア「そのままの意味よ」
美奈は涙目でキッと鋭く優を睨むと
美奈「優!此奴に何をしたのだ!」
優「ご、誤解だ美奈。俺は何もしてない」
と、浮気がバレた夫のような言い訳になってしまう。
美奈「貴様!何を根拠に優の妻などと言っておる!」
ノア「昨夜。彼と寝たわ。私の家庭で異性と一緒に寝たら、その人と結婚するとなってるわ。
暖かくて気持ちよかった。でも少し痛かったわ。」
目だけを上に動かして言った。
おそらく、朝のデコピンが痛かったのだろう。だが、そんな誤解を招くような言葉を並べると、、、。
美奈「い、一緒に寝たぐらいで何を言っておるのだ。わ、私だって優と寝たことぐらいあるぞ。」
優「…え?」
それにガタッと周りのクラスメイトが立ち上がり、優の肩にポンと手を置くと。外を親指で指差し、眩しいぐらいの笑顔を向け
「訓練…行こうぜ。」
優「ま、待ってくれ!誤解だ!俺はそんなことー。」
美奈はそれを遮り
美奈「な!?優、誤魔化すな!一緒に寝たではないか!」
優「い、いつ!?」
美奈「少し前だ。」
優「どこで?」
美奈「教室だ。」
そんなコードな…ん?そこで一つの疑問が浮かび
優「美奈。それは、俺が机で寝ていて、その隣で美奈も寝たてきなやつか?」
それに美奈は「おぉ」と笑顔になると
美奈「それなのだ。なんだ覚えておるでないか。」
優は無罪を勝ち取り、右手を高く上げるとその肩にまたポンと手が置かれる。
優「ん?どうし…」
手を置いたのがクラスメイトかと思うとそこに立っていたのは、怖い顔でこちらを睨むレイさんだった。
レイは無言で優の椅子を指差した。
その後、優の真後ろで食べている優を威圧し続け。その後話をする人物は一人もいなかった。

食事に一切の手がついておらず、城の中を探すが城の中には誰もいなかった。
よりによって、戦争中に城を抜け出すとは。と思いながら城を出ると
先程殺した、“右腕のない魔族”のことを思い出した。
「魔族一人にあれほどの被害を受けるとは。兵の被害から考えると…少人数で行くしかないか。」
そう言って夜空で輝いている月に目を向けた。

「異世界転生で神話級の職業!死の神のチート能力で転生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く