異世界転生で神話級の職業!死の神のチート能力で転生

金田拓也

28信用

話を聞いていたゼロが突然近づいてくると
ゼロ「おい。まだ、続きがあるだろうが?それから先、誰に面倒を見てもらってた。」
ノア「知らない」
ゼロ「知らないだぁ?くだらねぇ冗談言ってないで吐け。」
ノア「ほんとのこと。…ある日、手紙が置いてあって。書いてる場所に行くと、お城があった。それから色々な事を手紙を通して教えてもらった。」
それを聞いてか、ロイとゼロは、少しの間考えを巡らせると。口元を微笑ませると
ロイ「…もっと聞きたいことはあるが、あいにく今日は忙しい。また、明日にしましょう」
そう言って席を立ち扉を開くと、部下を一人呼ぶと
ロイ「部屋の案内を」
と言うとノアは、ぎゅっと優の手を掴むと
ノア「彼と同じ部屋の方がいい」
それにロイさんは、納得したというような顔になると部下を持ち場に戻らせた。
ロイ「あ!そう言えば、お前ら今日は部屋から出るなよ」
とだけ言い残し、どこかに歩いて行った。
その後ろ姿を眺めていると後ろから殴られた。
ゼロ「いつまでボサッとしてんだ。さっさと部屋に戻れ」
そう言って急かすように部屋の中に入れると、ゼロは部屋の扉の横に壁に背中を預けるようにして立った。
おそらく、今日一日の見張りだろう。

優はふぅと息を吐くと、腰を下ろすと、それにつられるようにノアも腰を下ろした。
先に口を開いたのは、ノアだった。
ノア「…裏切るの?」
優「…は?」
間の抜けた返事をするとノアはこちらをじっと見つめながら
ノア「いつも、誰の目も見きれないでどこか気まずげにしてた。神様のことをみんなが欲しがるかな?と思ったから。」
優「…」
罠?何かしら利用してくるかもしれない。信用できなー。
ノア「信用できない?」
まるで優の思考を読んでるような発言に思考が止まる。
ノアは下を向いて、ぬいぐるみに顔を埋めた後、こちらの方を再び見ると
ノア「みんなは神様のこと大切なのに…かわいそう。」
優「ど、どうしてそんなことが言えるんだ?」
ノア「みんな心配した顔で神様のこと迎えにきてた。帰ってきた時も、手伝えってツンツンしながら言ってきた彼も、神様のこと見つけた時体中を見回して、怪我がないことに安心してた。他にもそんな人いた。」
優「信じられるわけないだろ!」
気づけば怒鳴っていた。心の中を土足で踏み荒らされたような感覚だ。
優「何も分からない世界に連れてこられて!みんなが俺に親切なのは、俺を利用しようとしてるんじゃないかって!そんなことしか考える自分が嫌で!それでも、信じられるのは自分だけで!自分の力を慢心して!そのせいで…」
情けないことに涙が出てくる。本当に情けない。こんな世界にくるとただの子供なのだとよく実感させられる。本当に惨めだ。
両頬をひんやりした手が触れる。
気づけば手が離れていた。
ノア「神様はたくさんのものを見ようとして、遠くばかり見ようとしてる。だから近くのものが見えてない。あなただけがこの世界に送られた訳ではない。」
そして、続けた。
ノア「神様を心配してた彼らも私も裏切らない。」
優「信じれない!」
ノア「今は信じなくてもいい。私は、私の知ってることをなんでも言う。神様のためならなんでもするわ。」
それにぎゅっと力を入れて拳を握ると、左手でノアの片方の手を握る。
そして、ノアの手が頬から離れると思いっきり頬を殴った。
優「この、世界のことを教えてくれ」
静かに、だが、決心してように強い声音で言った。涙はもう止まっていた。
ノアは、優の目をしっかりと見ると
ノア「知らないわ!」
と自信満々にキラキラとした目で言った。
優「…」
ノア「問題が難しすぎるわ。もっと簡単のなら答えられる。」
勢い余ってよく訳のわからない質問をしてしまったなと反省すると
優「この国と、敵対してる国があるんだが、そこでは、たくさんの人が急に倒れたと言っていた。ノアのことか?」
ノア「 なんどか町に連れていかれたことがあるわ!きっと私よ!」
と先程と同様に自信満々で答えた。
そこで、ある考えが頭をよぎった。彼女は死に対してどう考えているのだろうと。
だが、どうにも触れていいものではない気がしてすぐに別の質問を考えた。
優「誰に連れていかれたんだ?」
ノア「マフラーをした知らない人」
そこで優は頬を掻くと
優「えっともしかして、、、ノアは何も知らないってことはないよな?」
そこでノアは、少し考えると少し驚いたような表情になり、
ノア「私、、何も知らないわ」
こいつ。なんでも答えるって自信満々に言っておいて、何にも知らないのかよ。
優は頭を悩ませ、唸っていると、ノアは何かに気づいたようにはっとすると
ノア「私はきっと頭がいいわ!」
優「何をもってそう思った?」
ノア「何も知らないと言うことは、私はたくさんのことを覚えられるわ。伸び代たっぷりだわ」
それに優は呆れたような顔になると
ノア「まだ私のことを信用できない?」
優「逆にどこで信用できると思った。」
ノア「酷いわ。私の答えを聞いてなかったの」
優「自分に自信ありすぎだろう。」
ノア「褒めても何もないわ」
それにため息を吐くと疲れたようにベッドに横になる。そして、気づく。
優「なぁ?もしかしてお前ってここで寝るのか?」
ノア「そうよ。」
手を離す訳には行かないのは分かってるが、、、。
優「これはまずいだろ。」
ノア「私は不味くないわ」
優「誰もそんなこと言ってねぇよ。」
ノア「大丈夫よ。私はいつもこの子と寝てるわ。二人が三人になっただけよ。」
それに優が頭を掻くと、諦めたように横になり、隣から香るいい匂いの中、静かに目を閉じた。


「異世界転生で神話級の職業!死の神のチート能力で転生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く