異世界転生で神話級の職業!死の神のチート能力で転生

金田拓也

27わがまま

宿舎に戻り、全員があわふたと現場の対応をしているとロイさんは、困ったように頬を掻くと
ロイ「えっと…ノア王女。何故彼の手を握ったままなのでしょうか?」
そう。ノアは、ここまでずっと優と手を繋ぎもう片方の手でぬいぐるみを抱きしめたままでいた。
ノアはぬいぐるみで顔を隠すと
ノア「必要な、、ことなので。」
そして、ぬいぐるみを少し下げ、目線をロイに向けると続けた。
ノア「私は…もう王女ではない。ただのノア。」
一「おい!」
一はそう叫び、優に近づき、胸ぐらを掴むと
一「テメェもいつまでも、されるがままになってんじゃねぇ。いいからこっちを手伝いやがれ。」
どうやらかなり忙しくしているらしく、かなり気が立っているのだろう。
だが、今ここで手を離せば、、、
ノア「だめ!」
ノアはそう言って優に抱きつき、キッと鋭く一を睨んだ。それに一は、舌打ちをすると、仕事に戻った。
それに優はため息をつき先程からこちらを睨んでる人物に目を向けると
優「えっと、、美奈も、することがあるんじゃないのか?」
美奈はふんっと顔を横に向けると
美奈「わ、私も忙しいのだ。気にするな」
とチラチラとこちらを見ながらなにもせずに立っていたのを現場監督のレイさんが見つけ怒った。
それにロイさんはあははと困ったように笑うと、
ロイ「じゃあ、ノアさん。聞きたいことがありますが、、、ここじゃみんなの目につくので奥へ行きましょうか?」
そう言って奥の部屋に連れていかれると
部屋の中には、机と椅子があり、ノアはたったったと軽快なリズムで一番奥の椅子に座った。
そして、ロイさんとゼロが舌打ちをしながら中に入ってきた。
そして、ゼロは扉を閉めたところでロイさんが話し始めた。
ロイ「では、ノアさん。いくつか聞きたいことがあるので正直に答えてください。」
それにノアはこくっと頷くと
ロイ「まず、今回の事件はあなたの仕業ですね。」
それにノアは素直に頷いた。
ロイ「では、数年前。あなたが5歳の時の王妃の死について、何があったのか、答えてください。」
それを聞いてか、ノアは優の握る手を強くすると、ゆっくりと語り始めた。

私が5歳の頃の事件。だけど特にこれと言って話すこともない。
あの日、私はいつも遊んでくれないお母様にわがままを生まれて初めて言った。
そんな私を見て、お母様は、怒るわけでもなく、ただ微笑み、私の成長を嬉しく感じていた。
事件が起きたのは、そのすぐ後だった。私とお母様は護衛の人を連れて散歩に出かけました。
私は気分が良くてお母様に言いました。
「お母様!手を繋いでもいいですか?」
と、それにお母様は、ニッコリと笑うと
「えぇ。もちろんよ。」
そう言って手を繋ぎました。
お母様の手は初めは暖かかったけど、すぐに冷たくなりました。
そして、膝から崩れおち、倒れてしまいました。
しかし、それはお母様だけではなく、護衛の人も倒れてしまったのです。
気づけば、私の周りで立っているのは私だけでした。
その後。しばらくしてお父様だけが来ました。口や目、鼻に耳からたくさんの血を流しながら泣きじゃくる私を抱っこして、お父様の体はとても力強く、そして、暖かかったのを覚えてます。
国の外まで出ると倒れてしまいました。
私はお父様に駆け寄り
「お父様!?」
と声をかけるとお父様は消えいりそうな声で言いました。
「逃げなさい」
私はさらに泣きました。
でも、お父様は何も言ってくれませんでした。
私はどこまでも走りました。
そして、丘の上で泣きました。たくさんの死を撒き散らして。
これが5歳の頃に起こった事件です。

「異世界転生で神話級の職業!死の神のチート能力で転生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く