異世界転生で神話級の職業!死の神のチート能力で転生

金田拓也

26謎の少女

少しの間呆然と立ち尽くしてしまう。
正直な話、勝手に男だと決めつけていたからだ。
それが実際に会ってみれば、可憐な少女でどこか悲しげな顔を浮かばせていた。
少女はゆっくりと動き、顔の前にクマのぬいぐるみを持ってくるとそのぬいぐるみの横から顔を覗かせると
「お、お話しませんか?」
と抑揚のない高い声が静かな空間に響いた。
優「は、話?」
それにこくっと頷くと
「き、今日は、、、いい天気…ですね」
優「え?」
と予想外すぎて聞き返すと
「か、会話をしばらくしてなくて、なにを話せばいいのか…わからない」
そこで優は自分が何をするためにここに来たのかを思い出し、ゆっくりと鎌を構えた。
優「一応確認する。…これはお前の能力か?」
と、確認するまでもないことを聞く。すると
「違う」
とすぐに返事が返ってきた。
しかし、それは想像していた回答ではなかった。
彼女は、ぬいぐるみを下げ、まっすぐに優を見つめると続けた。
「…この能力は、私が5歳の頃に“預かった”もの」
優「預かった?一体誰から?」
それに目を伏せ、少し上を見ると
「神様」
優「神様?」
神様ってのは職業のことなのか?彼女の力はたしかに死神そのもの。いるだけであたりに甚大な被害を及ぼす存在で、、、。
そもそも力ってのは預けたり出来るものなのか?でも、5歳の頃にってその時は俺がいないから俺のことではないのか?いや、今はこの被害をどうにかするために行動しないと
混乱していると彼女は、手をゆっくりとこちらに動かし、頬に触れようとするが、途中で止まり引っ込めてしまう。
それに優は少女の顔を見る。
「い、生きてる人に会うのは久しぶり、でも“また”わがまますると、、、」
そう言って悲しげな顔をする。
そうか。この子は5歳の頃からこの能力のせいで、人に触れるどころか、話すこともできなかったのか。
彼女を守りたい、味方になってあげたいそんな感情が芽生える。
だが、彼女はエリザベートの敵で、、、。
そこで自分がエリザベートを味方だと思っていることに驚いた。
エリザベートは、美奈を救ってくれたが、味方だと決まった訳ではない。とりあえず、今すべきことは…
優「あんたには悪いが、これ以上被害を出すわけには行かない。」
そう言って優は少女の右手を引っ張った。
優「ここから出るぞ」
そう言って歩くが数歩歩いたところで少女は動きを止めた。
「え?」
そして、右手を離し、自分の手をまじまじと眺めると、優の頬を軽く触った。
そして、薄く微笑みぷにぷにと引っ張り遊びだした。
優「なにをー」
と何かを言おうとする優の言葉を遮り
「触れた。ずっと、触ってみたかった」
そして、頬から手を離し優の右手を掴み引っ張りながら
「食べたいものがある」
とだけ言って歩き出す。
優「ま、待て!」
と優が必死に止めると首を傾げた。
優「た、食べたいものがあるって、あんたが歩けば、死人が増えるだけだ。そんな状況で食事なんか出来るか」
そう言うと
「あなたに触った時、能力が止まった」
それに目を見開き、先ほどやったように、目にマナを集めると黒い煙は、どこにも見えなかった。
「優ー!」
と声が聞こえ、そちらを見ると、美奈がロイ団長達を連れて走ってきた。
美奈「心配したぞ!」
と、美奈が優に近づこうとすると、それをロイ団長が手で止めた。
そして、ゆっくりと口を開いた。
ロイ「失礼ですが、お名前を尋ねてもよろしいでしょうか。」
それに少女は手を繋ぎ、左手にぬいぐるみを抱きしめたまま、一歩前に出ると
「ノア。ノア・アルフォード」
その名を聞き、ロイ団長達はゆっくりと跪いた。
それに美奈と優は、わけがわからずにいると、
ノア「私は、現国王の娘。…王女です」


「異世界転生で神話級の職業!死の神のチート能力で転生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く