異世界転生で神話級の職業!死の神のチート能力で転生

金田拓也

25黒い死

ドンドンと部屋がノックされる。
優は眠い目をこすりながら、部屋を開けた。
そこには、美奈が立っており、
美奈「おはようなのだ!今日はロイが何やら忙しくて、訓練は休みだそうだぞ!」
と元気いっぱいの声音で言われる。
美奈「街を回ってくるといいとも行っていたのだ!一緒に行かぬか?」
それに優は、振り返り眩しい外からの光に目を向けると
優「わかった。30分後にしよう」
それに美奈は「分かったのだ!」と行って、急ぎ足で部屋に戻って行った。
そして、身支度をしようと思い部屋の中に入ると、ベッドの上に紙が落ちており、中を開くと
「少し出る」
とだけ書かれていた。おそらくエリザベートのものだろうと思い、しばらくその手紙を眺めた後、準備を始めた。

美奈「あれは何なのだ!?」
と美奈は楽しそうに歩き回っていた。
だが、優はどこか上の空であった。
昨日のゼロを殴った時、身体から力が抜けた状態にもかかわらず、壁を壊すだけの力が入っていた。
これがもし吸血鬼の力ならコントロールして、美奈をみんなを守れるようにしなくては、と考えたところで、何を正義の自分に酔っているのだろうと思い、薄く笑ってしまった。
そこで、自分がぼぉーっと突っ立っていることに気づき、前方を見ると何やら美奈がこちらを凝視しており、笑みをこぼした。
美奈「なにやら思い詰めたのような顔をしていたから、久しぶりに優のそんな顔が見れて嬉しいぞ。」
それになんだか、どうしようもなく恥ずかしくなり、顔が熱くなるのを感じた。
美奈「む?なんだあれは?」
と美奈が明後日の方角を向きながら呟き、それにつられるように優もそちらを見たが、特に何も見えない。あるのは、青い空だけだ。
優「ん?どれだ?」
美奈「空にある、黒い霧のようなものだ。…目に力を入れると見えるぞ」
ん?目に?
と思いつつ、なんとなくやってみるが特に何も変わらない。
そこでふと、マナのことを思い出し、目をつぶり、体の中にあるものを目に集めるイメージをする。そして、ゆっくりと目を開けると、空に、いや、向こう側から黒い何かが近づいてくるのが分かる。
その瞬間、突然胸が痛み、その場でうずくまる。
美奈「ど、どうしたのだ!?」
と美奈が慌てて駆け寄る。少しずつ黒い煙のようなものが、美奈と優との距離を詰める。
優「この手のものが当たっていいことなんかほとんどねぇんだよっ!」
と言って美奈の手を掴み、ロイ団長たちがいる宿舎に逃げる。
後ろを振り返ると、煙に巻き込まれた人達が急に倒れていく。
そこでエリザベートの話を思い出す。
突然苦しみ出し倒れたと。
美奈「優!街のみんなが倒れていくぞ!た、助けねば!」
それに優は、グッと歯に力を入れると
優「美奈はロイ団長達にこの状況を伝えろ!そして、誰も外に出すな!」
見たところ、煙は、建物の内部までは、入っていないようだ。
美奈「優はどうするのだ!」
エリザベートの話が本当なら、この黒煙を巻いてる元凶がいる。そして、この黒煙に当たっても大丈夫なのはおそらく俺だけだ。
そう思い、黒煙めがけ走っていく。
優「逃げ遅れた人達を助けに行く!」
とっさに言い訳を口にする。
そして、黒煙に正面から突撃した。
正直、何度も死にながら進むことになると覚悟していたのだが、特に何も変化はなかった。
しかし、視界が真っ暗で周りが何も見えず、目に集中しているマナを分散させるイメージをする。すると、視界が回復し、辺りが見回せるようになった。
辺りはまさに地獄と言ってもいいほど死体で溢れかえっていた。
毒か何かの能力なのだろうかと思いつつ、歩いていると
何処かから歌い声が聞こえる。警戒しながらその声を探す。
少しずつ近づき、声の高さから女だと言うことが分かる。
油断なく近づき、物陰からそっと覗くと
真っ白なドレスに身を包んだ白髪の少女が、座っていた。そして、その辺り一面は、死体で埋めつくされていていた。
そして、歌をピタッと止めると、ゆっくりと振り返り
「誰?」
と抑揚のない声が静かな空間に響いた。


「異世界転生で神話級の職業!死の神のチート能力で転生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

  • 金田拓也

    コメントありがとうございます
    16話でエリザベートが能力を使い一部支配の能力で変化させています。

    0
  • 月

    感情が無い設定はどこに行ったんだ????

    1
  • 金田拓也

    コメントありがとうございます

    0
  • ノベルバユーザー282808

    話重すぎる

    1
コメントを書く