異世界転生で神話級の職業!死の神のチート能力で転生

金田拓也

24動き出す

優は、差し出された手を数秒の間無言で見つめ、目の前の少年に視線を戻し、ニッコリと微笑み握手をした。
廊下から足音が聞こえる。
冬馬「優っ!」
一「どけぇっ!」
と冬馬と一の声が聞こえた瞬間だった。それが開始の合図となり、ほぼ同時に動き、互いの頬を殴った。
腕力の違いからか、優は一歩後ろに下がる程度であったが、赤髪の少年、ゼロは派手に飛び、当たった壁を破壊した。
美奈「なっ!?何をしておるのだ!!」
と美奈が慌てて飛び出し、優に詰め寄る。
殴った理由は単純。黒い影、なんとなくそれが悪意だとわかるようなものが見えたからだ。吸血鬼の特性のようなものなのかもしれない。
「ギャハハハハ!!」
と高笑いする声が聞こえる。
ゼロは起き上がり、額から出ている大量に出ている血を指で触ると
ゼロ「なんだぁ、ちょっとは骨のあるやつがいるじゃねぇか。…及第点ってところだな。」
それに反論しようとするが、喉まで出かかった言葉を止める。
いつのまにか優の右手には鎖が巻きついていたからだ。
ゼロ「握手をしたのは悪手だったな。」
そして、ガクンっと、体から力が抜けていく。
それを足に力を込め無理矢理立ち、視線を鋭くした。
それにゼロは驚いたような顔になると
ゼロ「…おい。お前の職業を教えろ。」
今まで笑っていたゼロの様子が一変した。優を鋭く睨み、口元の笑みは消えている。
「貴様らっ!!何をやっている!!」
と女性の声が聞こえ、そちらを見ると
銀色の髪に鋭い目つきの女性、魔族殲滅部隊の副団長のレイが立っていた。
ゼロ「お〜やぁ?怪我はもういいんですかぁ?副団長さぁん?」
と、先程と同様に煽るように言うと、レイは短く溜息をつく。
レイ「いいか。二度は言わぬからよく聞け。貴様は即刻団長のところへ戻れ。」
ゼロ「はいはい。分かりましたよぉ〜。」
とわざとらしく肩をすくめて数歩歩いた後振り返ると
ゼロ「…おい!及第点よく聞けぇ!」
そう言って真顔で優の顔を見ると
ゼロ「異世界人はこっちの事情をろくに知らねぇし、誰も教えねぇ。自分の都合通りに動く兵器の方が使い勝手がいいからな。そんなお前らに与えられる情報はほとんどが自分にとって都合のいい情報でしかねぇ。」
そう言って自分の頭を指差すと
ゼロ「そんな世界だ、死ぬ気で頭使え。じゃねぇと都合のいいおもちゃのまま死ぬぞ。…今回の詫びだ。」
そう言って足を引きずりながら歩いて行った。
その後ろ姿をレイは見つめ、ゼロが見えなくなると、肩の力を抜き、気まずそうに視線を外している一と冬馬の方を向いた。そして、息を吸い込むと
レイ「シャキッとしろ!!」
と怒鳴った。
それに一と冬馬は顔を上げると、レイは優しく微笑み
レイ「お前達のおかげで助かった。…よくやった。」
そう言って二人の頭に手を乗せ軽く撫でた。
そして優と美奈の方を向くと
レイ「お前達もだ!よく生き残った。不甲斐ない私達のせいで迷惑をかけたな。すまない。」
そう言って頭を下げた。
一「気にすることじゃねぇ。どっちにしろしばらくあんたは使い物にならねぇ。…安静にしてろ。」
と後ろ頭をかきながらそう言った。
それに冬馬は薄く笑い
冬馬「そうだな」
と同意した。
それにレイが頭を上げると口から血がこぼれた。
レイ「…喋りすぎた。」
それに美奈が慌てて駆け寄った。
何となく暖かい空間だなと思いつつ、その空間は、どこか心にチクリと痛みが伴った。
今自分は敵の総大将とともにいるのだ。
それに先程からゼロの言葉が頭に響く。


城の中を歩いている。前の城であれば、沢山の人がいて、そのほとんどの人が自分に頭を下げたりしていたのだが、この廊下には誰もいない。
しかしそれも当然のことである。自分の近くを歩けるほどの生物はこの世界で誰もいないのだから。
今の自分の友達は、今手元にあるクマのぬいぐるみだけだ。
外に出てみるがやはり近くには誰もいない。まるでこの“国”で私は一人しかいないのでは?と錯覚してしまうほどに。しかし、そんなこともなく、5分も歩けば人がいる場所に行ける。だが、今は夜でおまけに人のいる場所に着いても数分程度しかその場にいられない。全くもって不便である。外にある大きな木が目にとまり、その木に近づくと木はみるみるうちに枯れていった。
その木の上から、小型の動物が落ちてくる。頬いっぱいに食べ物を詰め込んだままピクリとも動かない。
それを何度か突いた後、空を見上げ
「…退屈だわ。少しに遊びに行こうかしら」
と、抑揚のない声が静かな夜に響いた。
そして、出るな。と言う約束を始めて破り、敷地の外に出て行った。

「異世界転生で神話級の職業!死の神のチート能力で転生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く