異世界転生で神話級の職業!死の神のチート能力で転生

金田拓也

22特殊部隊

タバコを吸いながら夜の星を眺めていた。
この森の中から見える星をとても綺麗に映った。
視線を前方に向ける。そこには、先ほどまで化け物同士が争っていたのではないかと言うほど荒らされた、森だった場所があった。
報告が終わり、帰ってくる途中、遠目からでも分かるほどのド派手な戦闘を繰り広げている誰か2人、いや、人と呼んでいいのか疑わしいため、2匹と呼んだ方が適切なのかもしれない奴らの戦闘音が聞こえて慌てて、駆けつけて見れば、時すでに遅し。戦闘音は、どこからも聞こえず、ただ夜風の音が聞こえるだけである。
ロイ「…困ったなぁ」
ロイが独り言のように呟いた。
「きひ、こいつはすげぇ!…で、これをやったのはどこにいんの?団長。」
後ろから声をかけられ、そちらを見て後頭部を掻きながら振り返り
ロイ「…困ったなぁ」
と再度呟くのであった。

雑に窓から投げ入れられ受け身を取ると
優「もうちょっと優しく出来ないのか!」
と抗議をするように言うと
エリザベート「そう言うな。余裕を見せてこその男であろう?それにー」
そう言ってエリザベートは、手鏡を投げ渡す。それを受け取り鏡の中を覗くとそこにはどこか疲れ切った真っ赤な目をした少年がいた。
エリザベート「その目は、吸血鬼特有の目でな。お腹が空いてきた時になるものだ。…吸血鬼になって間もないせいか、食事の期間が安定していないのだろう。だから、目以外の症状が出ていない。」
優「どんな症状があるんだ?」
エリザベート「喉が乾く。それもひどく。だが、そんな風には見えん。…無駄話は、後だな。、、ん。」
と言ってエリザベートは、首を片方に傾け、服を少しだけずらした。あたかも自分の血を吸えと言ってるように。
それに戸惑っているとエリザベートは、ため息を吐き、優の手を引っ張って自分の体の方に引き寄せる。優の方が身長が高いため、エリザベートはつま先立ちをした。
エリザベート「噛んで傷つけ、そこから血を飲め。」
それに言われるがまま、優は歯を当てる。どれほどの力で噛めば良いのか分からず、徐々に力を入れいていく。
エリザベート「私への配慮はいらん。多少、強めに噛め。人間と違い私はその程度では死なん。」
それに意を決し、一気に力を入れる。
それにエリザベートは、一瞬声を出したが、そこから溢れる血を飲んだ瞬間。そんなものに配慮が出来ないほどに熱中してしまった。快楽と呼べばいいのか分からないがずっとこうしていたい気がするほどだ。
そして、優はその感覚に支配された。

一は起き上がると、医療室を出て目的の人物がいそうな場所を探し始める。
そして、ある場所が考えに浮かび階段をかけていく。
一番上まで登り扉を開けるとそこには、目的の人物の他に先客が、冬馬がいた。
ロイ「お!もう怪我は大丈夫なのか?いや、その見た目から察するに抜け出してきたな。やんちゃだなぁ。」
一「んなことはどうでもいい。強くなりてぇ。…俺に戦い方を教えろ。」
それに目的の人物であるロイは後ろ頭をかく。
「おやおやおや?そこにいるのは、勇者なのにおめおめと逃げ帰ってきた弱虫野郎と何も出来ずに負けた負け犬野郎じゃねぇか。」
そんな嘲笑うような声が背後から聞こえる。
「「あ?」」
冬馬と一は同時に低い声で威圧的に返した。
そこにいたのは年は自分達と同じくらいで、赤髪に足を引きずるように歩く青年だった。その青年は、張り付いたいじめっ子のように醜く顔を歪めながら笑うと
「魔族殲滅、特殊部隊配属、ゼロだ。…それより早く教えろよ団長。あんたが目にかけてる奴を。」



「異世界転生で神話級の職業!死の神のチート能力で転生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く