異世界転生で神話級の職業!死の神のチート能力で転生

金田拓也

21勝負

優「勝負?」
エリザベート「あぁ、勝負だ。この森の中でするのだが、、、ルールはない」
優「殺し合いって言えばどうだ?」
エリザベート「殺し合いなぞならんよ。私はお前を殺す気はないし、どんなに逆立ちしてもお前の攻撃が私にかすり傷一つすら負わせられないだろう」
それに優はにいっと笑うと
優「言うじゃないか?ずいぶんな自信だな?」
それにエリザベートは、くっくく、と笑うと
エリザベート「当然だ。場数が違う。私の部下の分も責任を取ってもらおうと思っておったところでもあるし、、、何より、どちらが上か少しばかり教えてやろうと思ってな?」
優「絶対後悔させてやる。」
エリザベート「ぬかせ小僧!すぐに這いつくばらせてやろう。」
エリザベートが優に向かって何かを投げてくる。放物線を描く物体を掴むと、コインだった。
開始の合図か?と思い、空中に指で弾き、鎌を出した瞬間だった。
カツンっと足で地面を軽く叩くと、優の足元が崩れ、体勢を崩した。
優「っ!?」
体勢を立て直そうとした時には手遅れだった。
エリザベートに距離を詰められた瞬間まで見えたが、そこから先は磁石のように引き寄せられる感覚と、頬に伝わった衝撃と痛みにより判断出来なかったためだ。
木々を倒しながら吹き飛び前方を睨む。
前方にはエリザベートの姿はなく、代わりにコインが地面に落ちた音が聞こえた。
そこに自然と目が吸い寄せられ
エリザベート「よそ見とは、舐められたものだな。」
と、後方から聞こえた時には、再び引き寄せられる感覚と左脇腹への衝撃。
吹き飛ばされながら、なんとか体勢を立て直し、構える。
だが、突然の頭痛と呼吸が出来なくなり、喉をかきむしる。するとボッと音がし、その方向を両膝をついた状態で見ると、小さな火がゆっくり飛んできた。刹那。まばゆく光ったかと思うと、一瞬にして大爆発を起こした。

目を開くと、空には随分と綺麗な星が広がっていた。この世界の星は綺麗だな。と思いつつ、ぼーっと眺めていると。
「何を見ている?」
優「え?えっと…星だと思う。この位置から見るととても綺麗だなって思って」
すると隣に寝転がると
「うむ。星なんてただ光ってるだけ、と気にもとめていなかったが、何故だろうな。今はきれい?に感じられるな。」
そこで徐々に脳が覚醒し、横に寝転がっているエリザベートの整った真っ白な顔を見た後
優「どれくらい寝てた?」
それにエリザベートは、ふっと笑い、起き上がると
エリザベート「逆に聞くがどこまで覚えておる?」
それに脳を働かせて、最後の光景を思い出すと
優「眩しい光?が広がったところまで」
エリザベート「そうか。お前の失敗を教えてやろう。まず開始の合図を見誤ったところだ。いやこれは、お前だけではなく、異世界人の弱点だな。お前らは平和ボケしすぎだ。ルールなしの勝負と私が言った時点で斬りかかるのが正しい判断だったな。案の定、コインを渡すと、それが開始の合図と勘違いし、上にトスを上げた時には見てられんかったぞ。」
それを聞いて、なんとなく手で顔を覆ってしまった。
優「そう言えば突然苦しくなったけど、あれは何だったんだ?」
エリザベート「私の支配の能力でお前の回りだけを酸素で満たしたのだ。眩しい光は、私が放った火が大爆発を起こしたのだろう。」
優「それだけでノックダウンか。不死が聞いて呆れるな。」
と自嘲気味に笑うと、
エリザベートは、息を吐き、森の中を指差す。
それにつられ、その方向を見て、体が自然と起き上がり、思わず息を飲んだ。
そこにはおびただしいほどの腕、足、臓器などが転がったり、木の枝にぶら下がったりしていた。それだけを見ると、ここで大量虐殺が行われたのでは?と思いたくなるほどだ。軽く見積もっても数百はあるだろう。
エリザベート「お前は、意識を失っていたようだが、あの爆発後、突然動きが変わってな。まるで獣のようだったぞ。」
そこまで言って優にチョプをすると
エリザベート「何を呆けておる。…一度だけだが、不覚を取ってな。私のスカートめがけ飛んできたお前を頭から踏んだのだが、その時に足を掴まれてな、振りほどこうとしたが、よほどの執着があったのだろう。中々振りほどけずに、ほんの少しだけだが、かすり傷を負った。」
それに顔が赤くなるのがわかる。
エリザベート「まぁ、何に執着していたかはともかく、そこまで悲観すべきことではない。むしろ、胸を張るといい。」
優「慰めてるのか?」
エリザベート「悲観的になってる夫を慰めるのが妻の役目と聞いてな。」

エリザベート「あぁ、話は変わるが、お前が不死であるのは分かったが、神話級にしてはあまりに弱すぎる。お前の能力は、死なない。それだけのはずがない。もし私の仮説が正しいのならば、、、」
そこで少しため
エリザベート「お前の能力はある奴が半分受け継いでるのかもしれない。」



「異世界転生で神話級の職業!死の神のチート能力で転生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く