異世界転生で神話級の職業!死の神のチート能力で転生

金田拓也

19神殺し

その後呆然としている優を無視して、エリザベートは、部屋をうろうろと動き回っていた。
優はエリザベートの方を一瞥すると
優「俺は、、、俺たちはこれから他者の血を飲まなければいけないのか?」
それにエリザベートは、何やらあさっている手を止めてゆっくり振り返る。
エリザベート「よく知っているな。お前達の世界にもいるのか?」
優「架空の存在だ。」
それにエリザベートは、何やら思うことがあったのか、数秒の間まぶたを閉じ、再びあさりながら口を開いた。
エリザベート「お前はこの世界についてどう思う。」
いきなりそんなことを言われて、少しの間考えると
優「現実離れした世界っていうか、寝てる時に見る夢の中みたいな感じだと思う。」
それにエリザベートは、フッと微笑をこぼすと
エリザベート「では、今は寝ている状態か?」
優「…まぁ。そんな感覚だ。未だに受け止めきれてないような気もする。」
それよりもと優が続け
優「エリザベート。さっきから何をしている。」
それにエリザベートは、「ん?」と返し、ある本を手に取った。
その本は、この世界でもらった職業について書いてる本だ。
しまったと思い、その本を取り返そうと一歩踏み出す。エリザベートは、優の方を見向きもせずに動き、気づけば優は天井を見上げている状態にあった。
倒れていると自覚するのにさして時間もかからなかった。エリザベートは、掴んでいる優の右手を本に触れさせ、持ち主専用の本に変える。優が立ち上がろうとするが、左肩を踵で踏まれ立ち上がることが出来ない。
少しの間本を眺めると、エリザベートは舌打ちをし、次の瞬間。本が粉々になり、小さく切り刻まれた紙が部屋中に散った。
優「…どういうつもりだ?エリザベート」
それに今まで無視していた優を見下ろすと
エリザベート「正直に話そう。神話級の職業がいることは分かっていた。…いや違うな。きっといるだろう。いればいい、ぐらいに思っていた。」
曖昧な風に言うエリザベートを見ていると
エリザベートが右手を引っ張り、まさに気づけば立っていたと言うような感覚だ。
エリザベートは、そのまま椅子に足を組んで座る。
エリザベート「私は、誰かの下につくことが嫌いだ。まして、誰かの思い通りに動くことなどもってのほかではない。」
まぁ、だろうな。と思いつつも口に出さないようにした。
エリザベート「だから、この能力を5才で手に入れた時に思ったのだ。この世界は私を中心に回っている、とな。」
生意気な子どもだな。と正直に思っていると、エリザベートにアキレス腱を蹴られる。それに足を抑えながらエリザベートを睨むと。
エリザベート「表情に出ている。」
と言われ、優はそっぽを向くと、それを見てエリザベートは、ふっとまたしても微笑をこぼすと続けた。
エリザベート「それからは、歯向かう奴を潰していき、正式に認められる魔王にまでなった。…この世界で魔王が誕生すればのちに勇者が現れ、魔王を倒す。月日が流れれば、また同じようなことの繰り返しだ。そのようにこの世界は決まっている。」
そこで忌々しそうな顔をする。
優「誰かの思い通りに動くのご嫌いか。」
エリザベート「あぁ。そうだ。その時に思ったのだ。この連鎖を断ち切る方法を。
まず考えたのは、勇者を返り討ちにすることだが、これは意味がない。また、新しい勇者、それに代わるものが誕生するだけだ。
それにこの方法では、結局、想定通りの動きだ。
このゲームごと潰すのが私の目的だ。
そこで思いついたのが…」
そこでエリザベートはにいっと楽しそうに笑うと。
エリザベート「『神殺しだ』」
優「神殺し?」
と復唱する。
エリザベートは「あぁ。そうだ。勇者と魔王が殺しあう連鎖を断ち切るための手っ取り早い方法は、そうなるように操作している者。“神”とも呼べるそれを殺してしまえばいい。」
優「そんな奴が実在するのか?」
と驚愕しながら言うと。
エリザベート「いや。そんな者は存在しない。」
優「は?」
と間の抜けた声が出てしまう。
エリザベート「要は、操作しているものが神だ。しかしそれは人物に限った話ではない。」
それに頭を点にしていると。
部屋がノックされ、扉を開けられる。

「異世界転生で神話級の職業!死の神のチート能力で転生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く