異世界転生で神話級の職業!死の神のチート能力で転生

金田拓也

18帰還

エリザベート「ほぅ。ここがお前の部屋か。随分と狭いな」
それはそうだろ。魔族の王が住んでる場所と比べれば随分と狭く感じるだろう。
エリザベートは、部屋に入るなり辺りを見渡すと、この部屋で一つしかない椅子に座った。

あの後、美奈を連れて宿舎に戻り、エリザベートは、何食わぬ顔でいつ間にか部屋に侵入していた。

優はため息を吐き、ベッドの上に座った。
そして、考える。無論気まずいこの空気をどうにかするための面白おかしい話しをではなく、相手の情報を。
優「なぁ、お前達の仲は悪いのか?」
そう言ってエリザベートを見つめる。

実は、優を捉えた男3人と知らない偉そうな口調の男1人で口論のようなものをしていたためだ。
ことの発端は、偉そうな口調のたしか、レオンと呼ばれる男が帰った時だった。

エリザベート「遅いぞ。今までー!?…その頬の傷、何かの冗談か?」
エリザベートは帰ってきた男の頬の傷を見て、今までとは打って変わってか、真剣な顔をしていた。
レオン「これか?これは余が戦った時、一人の剣士に一対一でやられた傷だ。その者を余が直々に送っていて遅れた。許せ」
バラン「ギャハハ!最高だな!お前に傷をつけれる剣士か!そいつは俺が貰うぜ!」
そのセリフからだった。
レオン「そう騒ぐな猿。それよりも貴様。この余のものに手を出そうと言ったか?余は寛大ゆえ、今なら許そう。」
バラン「あ?…なんなら俺はテメェでもいいんだぜ?」
その言葉だけで、物凄い圧迫されてるような感覚に襲われる。空気が振動しているのではないかと錯覚してしまうほどに。
それを見て優を拘束した白髪の男が割って入る。
「元気いいねぇ。でも喧嘩はしちゃあいかんよ。」
バラン「テメェは、引っ込んでろ」
レオン「ほぉ?随分と偉くなったな?ついでだ。躾に一匹も二匹も変わらぬ。余自ら相手をしてやる。光栄に思うがいい。」
それに白髪の男は「あれれー」とわざとらしい態度をとった。

その光景にエリザベートは、ため息をつくと
エリザベート「静まれ」
と小さい声ではあったが、どこか悪寒がするような声だった。
エリザベート「バラン、レオン。仲間内で争ってどうする?熱くなるのはいいが、目的を見失うな。」
それにバランは舌打ちをし、レオンは鼻で笑い
レオン「余も少し昂ぶっていたようだ。許せ」

そんなことを思い出したのが伝わったのかエリザベートはこめかみに手をあてると
エリザベート「仲が悪いのではない。…実力はたしかなのだが、一癖も二癖もある連中だからな。」
それに優は「ふ〜うん」と言うと
エリザベート「なんだ?情報が欲しいのか?この状況でまだ反抗的になれるとは面白いやつだ。」
エリザベートは不敵に微笑みながら優を見ると。 
エリザベート「今日は気分がいい。特別だぞ。」
それに違う方向を見ていた優はエリザベートの方を見た。
エリザベート「私はどんな能力だと考える?」
それに優は少し考え
優「血を使って操る能力か?」
エリザベート「違う。血を使う必要はない。」
優「じゃあ、操る能力なのか?」
エリザベート「操るではなく、支配だ。私らしいだろう?」
ここで一つ疑問ができた。
では、美奈に血を飲ませたのはなぜだ?
エリザベート「血を飲ませたのは私の眷属とするためだ。私は吸血鬼と呼ばれる種族でな。眷属となれば、治癒能力が無自覚でも発動する。後はマナを支配して無理やりあの女の体に入れ込み、心臓を無理やり動かす。」
心臓マッサージのようなものかと考える。そこで優は、はっとし、エリザベートをおそるおそる見つめると
優「もしかして、美奈は血を飲まないといけないのか?」
エリザベート「だろうな。それがどうした?」
とさも当然のように言う。そして、立とうとした優をエリザベートはベッドに押し倒すと
エリザベート「落ち着け。何かあった時のために私がここにいる。…あの女も私の眷属なのだ。“お前と同様にな”」
それに優は動きを止める。
手をゆっくり自分の口にあてると、そこには、犬歯ではなく、牙のようなものがあった。

「異世界転生で神話級の職業!死の神のチート能力で転生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

  • 金田拓也

    コメントありがとうございます。

    1
  • ノベルバユーザー252836

    てかこの話もう破綻してると思う。
    もう魔族たちで勝手にやったらいいのにと思ったʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ

    1
コメントを書く