異世界転生で神話級の職業!死の神のチート能力で転生

金田拓也

16新手

優は、舌打ちをしながら前方を見る。
すると、辺り一面が焼け焦げたようになっており、着地場所は凹んでいる。
そこには、背が高く、肩幅の広い尖った刃物を連想させるような鋭い目つきをした男がこちらを睨み、後ろ頭を描きながら
「あぁ?なんだよ巻き込まれたのかよ?」
そう言って、振り返り、片腕がなくなり肩で息をしている魔族を見て笑うと
「なんだよお前!負けてんじゃねぇか!!」
それに先程の魔族が睨み、嫌悪を隠そうともせずに
「うるさいぞカス。弱い奴はよく吠えて面倒だ。お前もついでに相手にしてやろうか?」
「その身体で強がんな。それに俺はお前よりも強ぇ。」
「口には気よつけろ。引っ込んでいろバラン。」
そう言って片手のない魔族が前に出る。
バランと呼ばれた男は息を吐き、魔族の肩に手を置き、後ろに引っ張った。
すると吹き飛び木にぶつかり、ガハッと血を吐く。
バラン「寝とけルーク。」
そう言ってバランはこちらを見る。
その時には、四肢は回復しておりそれを見てバランは、笑みを深めると。
バラン「お前おもしれぇな!…せいぜい俺をー楽しませてみろ!」
そう言って斬りかかってくる。
1、2、3、4と剣を交わす。だが、5撃目が見えなかった。
5撃目は、優の左肩から、右脇腹までを切り裂いた。
優は目を見開きその場で倒れる。
その優を見つめ
バラン「早く立てよ。治るんだろ?」
それに優は舌打ちをしながら立ち上がる。が膝から力が抜け、倒れる。
バランはそれを見つめ、
バラン「あ?消耗のしすぎか?…ちっ。つまんねぇな!」
そう言って地面を木を蹴り飛ばした。
優はバランを倒れたまま睨む。
こいつ化け物すぎる。魔力を奪ってるのにまるで減ってる気がしねぇ。
横にある鎌を手に取り立ち上がろうとした時だった。
頭上から低い声が聞こえる。
「はいそこまで。」
そう言って鎌を蹴り飛ばされる。
それに見上げるとそこには、白髪の40後半ぐらいの男が立っていた。
その男はバラン達に目を向け
「全くもって何をやってるんだか。言われたことぐらいは守んないとぉ。」
そう言って、優を見下ろすと
「で、この子は何?ルークのそれをやったのはこの子かい?」
それにルークは座ったまま目だけを向けると
ルーク「そうだ。」
と短く肯定した。それに「ふ〜ん」と言ってこちらを見つめると
「確かに。異様な力を感じるねぇ。」
そう言ってしゃがみ。
「じゃあ、ちょっとお仕事しようか」
そう言ってこちらに手のひらを伸ばし、顔を覆い隠すと
「おやすみ」
そこで優の意識は途切れた。

地面がとてもひんやりしている。地面は土ではない。おそらく建物の中だろう。
おぼつかない意識がだんだんとハッキリしてくる。そこで手足が拘束されてるのが分かる。
それに前方を睨むと甲高い女の声が返ってきた。
「ほぉ?私好みの目だ。」
そう言って近づいてきて、顎を上に向けられ、そこで女の姿が目に映る。
見た目の年齢は間違いなく、自分よりも下に見える。
中学生と言われても納得が出来るほどだ。肌は透き通るような白だ。長い銀髪に赤い目がこちらを鋭く見つめている。そして、
「つまらぬ。」
短くそう言って空いている手で腹に手を入れる。そして、中でかき混ぜ、真っ赤な手を取り出し自分の顔に近づけるとペロリと舐めた。そして、フンっと言うと、自分の手首を切る。
そして、こちらにずいっと近づけると
「飲め」
それにせめてもの抵抗で顔を背けようとする。
「そういうのも嫌いではないが、、、」
そう言って無理やり口に血を流し込む。
ごくんっと飲んだ後ガバッと言って咳き込む。
「私は人形と話す趣味はない」
そう言った時、赤い目が一瞬光ったように見えた。
だが、特に体に異変が起きた様子はない。
優「俺に何をした?」
それにフッと笑うと
「第一声がそれか。気にするな。お前の感情をなくすという呪いを‘一部’解除しただけだ。」
そして、椅子に座り、足を組みこちらを見つめ、不敵な笑みを浮かべると
「名乗り遅れたな。私の名前はエリザベートだ。…もう一度聞くぞ。第一声がそれか?」
それにエリザベートは目を一瞬優の隣に向けた。
辺りが暗くてよく見えないが、そこにはもう一人倒れている“女性”がいた。
分かる。心臓の鼓動が早くなるのが。息が荒くなる。
そこでエリザベートが指を鳴らすとロウソクがともり、そこにいたのは、色白い顔をした美奈がいた。拘束具も何も付いていない。いや、つける必要がないのだろう。なぜなら美奈は、息をしていないのだから。







「異世界転生で神話級の職業!死の神のチート能力で転生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

  • 金田拓也

    コメントありがとうございます

    1
  • ノベルバユーザー252836

    俺ならこの時点でバッドエンドで終わりにする内容だなーと思ったʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ

    2
コメントを書く