異世界転生で神話級の職業!死の神のチート能力で転生

金田拓也

15届かない

優「たしか、、、では、次はどこにしようか?だったか?」
そのセリフにプツプツと体の中から頭に向かって熱くなるような気分になる。
「そうか、今まで圧倒してた俺を圧倒することは気分がいいか人間?…舐めるなよ人間ゴドキガアァァァァ!」
そう言うと、周りの木々が次々と倒れていく。ものすごい突風が吹き抜ける。離れているにもかかわらず、自分の体のあっちこっちに切れ傷ができる。

魔族はそのまま地面を蹴る。その時に蹴った地面が凹む。
素早い攻撃を紙一重で回避する。だが、避けたにも関わらず、横脇腹がエグられる。先ほどまでいた場所は、いや、こいつが通った場所が荒地とかしていく。
攻撃範囲が広く、むやみに近づけば、全身が切り刻まれるだろう。
怪物だ。避けることも、攻撃することも難しい。どうすることもできないだろう。
ー前の自分なら、、、

一瞬でテロポートし、背後に移動する。移動した瞬間に全身が切り刻まれ、バラバラになる。それでも、構わずに鎌を振る。それを敵は、見向きもせず左手を横にし、吹き飛ばす。磁石に引き寄せられるように木にぶつかる。その時には、体は再生していた。
前を見ると、敵が顔面を掴み、竜巻を発生させる。
それに巻き込まれ、障害物にあたりながら、ぐるぐると回転した後、雑に地面に落とされた。
その後、何事もなかったかのように起き上がる。
一方的に攻撃をしていた相手は肩で息をしている。徐々に風が弱まっていくのが分かる。
相手の顔は、ひきつっていた。
「貴様、その再生能力はなんだ!なぜ死なない!」
それに答えず、自分についた汚れを手で払って落とす。
「いや、俺に何をした?」
そこでようやく優は目を向ける。
優「お前は、自分で出していた風の3倍ほどの魔力を消費している。」
それに、魔族は察したような顔になる。
「…おい貴様。職業はなんだ?」
それに優は無言で鎌を構える。
そして、前に進んだ瞬間。突然辺りが光り、気づいた時には、手足がバラバラになり、吹き飛ばされていた。
優は、血を吐き前方を睨んだ。

一は、肩で息をしながら前方の男を睨む。
レオン「すまない。お前の攻撃では、俺に擦り傷ひとつつけられない。」
一は、舌打ちをし、再度攻める。そして、その全ての攻撃がレオンを逸れる。
どうなってやがる。どの角度から斬っても、攻撃が逸れる。強い波に巻き込まれてる感覚だ。こいつの能力か。
レオン「すまない。これは俺の能力ではないんだ。俺はただ、魔力を纏ってるだけだ。」
それに一は、笑う。
一「魔力量が違う。つまりは、俺じゃあ、勝てねぇって言いてんだろ?」
レオン「すまない。」
一「気にいらねぇ!その程度で諦めると思ってるテメェも!俺を戦力として見ねぇで、勝手にくたばりそうになってるクソ女も!俺に勝って、対して喜びもしねぇあいつも!…お前ら全員!気にいらねぇ!」
そう言うとレオンがため息を吐く。
レオン「すまない。お前を過小評価していた。」
そう言ってレオンは、剣を右手に取る。
その瞬間、レオンが目の前で剣を振り下ろしてくる。
一がそれを二刀で防御する。
それだけで地面に亀裂が入る。
クソ重ぇ!空気が震えているような感覚だ。筋の一本でも緩めたら終わる。
徐々に力が加えられ、少しずつ一は沈んでいく。
レオン「すまないが終わりだ。」
そう言って今までよりも、ずっと強く力が込められる。一の腕から不吉な音がし、力が入らなくなるのが感じる。そして、そのまま力で押される
あいつは!気づけば俺より前にいて!俺のことなんて気にもとめてねぇ!超えてやる!お前ら全員!今!お前を超える!
一は舌打ちをし、足に力を込め、歯をくいしばる。
一「舐めてんじゃねぇ!!」
その瞬間。レオンの力が抜ける。そして、ピタッと動きが止まりそれに驚く。
一は、刃先に力を込め、レオンの首に突きを放つ。
一「届けえぇぇ!」
レオンは、当たる寸前で首を動かし回避する。
刃先は、レオンにギリギリ当たらず、横頬にかすり傷を残した。
一は、それを見て悔しそうな顔をすると
一「くそ。…届いてねぇ」
そう言って倒れた。
レオンは、自分の頬を触り、血を見る。
レオン「俺にも、赤い血が流れていたのか。」
そう言って生まれて初めて血を流したレオンは、その切り傷を焦がし、消えないようにすると、うつ伏せで力なく倒れている一を見下ろしふっと笑うと。
レオン「今回はお前の勝ちだ。大儀であった。次は全力を出してやるがゆえ、余の無礼を許せ。」

「異世界転生で神話級の職業!死の神のチート能力で転生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く