異世界転生で神話級の職業!死の神のチート能力で転生

金田拓也

11発任務の延長

一「テメェ!俺の獲物を横取りしてんじゃねぇ!ぶち殺すぞ!」
一にそう言われ、冬馬は一瞥した後、ため息をつき、顔を逸らした。
一「ぶっ殺す!」
レイ「静かにしろ。…おい!隠れてる奴ら出てこい!」
レイがそうどうなると、岩陰からビクッと何かが動くのが見えた。
岩陰から小柄な男が出てくる。
「ごめんなさい!ごめんなさい!こ、殺さないでください!」
男は土下座をしながら何度も懇願して来た。とてもじゃないが強そうには見えない。一般人レベルだろうという見解だった。
すると、岩陰から、さらに数人ほど男達が出てきた。
「な、何をなさっているのですか!?レオン様!レオン様なら出来ます!自分を信じてください!」
こちらは、ダメな上司の面倒を見ている部下という印象だった。
レイは目を細めると
レイ「答えろ!お前達は何者だ!」
それにまた、レオンと言われた男がビクッとすると
レオン「ま、魔王様!全然弱そうに見えませんよ!絶対強いじゃないですか!魔王様いつも私で遊んで!今度ばかりは終わりだぁ!ごめんなさいごめんなさい!」
レイ「おいお前。今魔王と言ったな。お前には、洗いざらい吐いてもらおうか?」
それにレオン子犬のように部下の後ろに隠れて怯えていた。
それに部下達はやれやれという顔をすると
「レオン様。私達がやりますので、心配なさらないで下さい。」
そう言って、部下達がこちらを見る。
レイ「おい。レオンと呼ばれる男自体は、強いとは思えないが、部下の実力は本物だ。侮るなよ」
それに冬馬は立ち上がり、一は笑うと
一「丁度いい。物足りねぇて思ってたところだぁ!」

辺りに金属同士がぶつかり合う甲高い音が響いていた。
二人は、周りが止まってしまっているように見えてしまうほどのスピードで駆けながら何度も剣を交わらせていた。
優は舌打ちをしながらスピードを上げていく。すると、それに合わせるように向こうもスピードを上げていく。
こっちは身体能力を美奈に上げてもらってるのに、押し切れない!
美奈「優!あまり離れすぎるでない!援護が出来ぬではないか!」
美奈も自分の身体能力を上げながらある程度の距離を空けてついてきてるが、ついてくるのがやっとだろう。それに、美奈では、この速度の剣撃に反応するのは無理だ。つまり、俺が抜かれた瞬間終わりだ。なんとしても、美奈に近づけさせるわけにはいかない。
そう思いながら鎌を振るう。が背後から聞こえる鎌の音がうるさい。常に後ろに誰かいる鬱陶しい気配を感じながら鎌を振るうしかない。

まただ。優の後ろにある鎌が首をかっ切ろうとしている。
美奈「優…」
心配そうにそう呟く。
これ以上優に無理をさせるわけにはいかない。そんな思いを抱え、優を追いかけた。
相手はふっと笑うと
「なかなかやるな。だが、所詮その程度だ。」
優「はっ!言ってろ。すぐにその首を落としてやる。」
そう言って鎌を構える。
その時、相手は巨大な木の幹の上に立ち止まった。
「どうやら力の差がまだわかってないようだな。…そうだな、初めは右にしよう」
そう言った瞬間男は幹を蹴り距離を詰めてくる。速い。が、捉えた。相手がこちらに攻撃をした瞬間。優は真上に瞬間移動した。そして、
優「終わりだ」
そう言って鎌を振り下ろした。
辺りに血が舞う。
優は何があったのか理解出来ないでいた。強い衝撃があってそれから…地面を転がり立とうとした時だった。何気に右手をついた時、体勢を崩し倒れる。
そして、くるくると舞った鎌が優の前に落ちる。いつの間に離したのだろう。と思い、右手で鎌を掴もうとした。そこで気づく。右手の肘から先がなくなり、血が垂れている。自分の腕の骨を始めてみた。
優「え?お、俺の右手?…いや、だ、大丈夫!生える!俺は死なない!大丈夫だ!」
自分に言い聞かせるようにして荒い呼吸を落ち着かせながら立ち上がる。不思議と右手に痛みはない。
「右手が無くなって泣き叫ばないとは、驚きだ。まぁ、少しばかり精神が壊れかけてはいるが。…では、次はどこにしようか?」

「異世界転生で神話級の職業!死の神のチート能力で転生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く