異世界転生で神話級の職業!死の神のチート能力で転生

金田拓也

9殺人鬼の朝

トントンっとノックをする音が聞こえる。
間が悪い。とも思うが、そもそもの話。分かったていたことだ。この時間はいつも美奈が待っているのだ。気になってノックしてきたのだろう。
急ぎコートを消し、布団を被せシーツに付いている汚れを隠した。そして、窓を閉めてから扉を開けた。
優「すまない美奈。待たせてしまっー」
そこで口を閉じる。待っていたのが美奈ではなかったからだ。
優「一体こんな朝早くから何の用っすか?副隊長さん。」
そこには、銀髪の気の強そうな顔のレイと言う名前の女が立っていた。
レイ「堅苦しいのはよせ。それよりも、お前、早く集合場所にこい。緊急事態だ」
そう言われ、ロビーに行くとすでに全員が集まっている。緊急事態だと言われて集められたせいか、全員気がたっているように感じる。
一「おい。早く座れ」
一にそう言われて座ると、隣に座っていた美奈と目が合い、
美奈「お、おはようなのだ…」
と、疲れたような笑顔で言ってきた。
優「どうした美奈?具合悪いのか?」
美奈「そんな事はないぞ!優が気にする事はないのだ!」
といつも通り笑ってみせるが、強がっているようにしか見えなかった。
その時、前に立っていた、レイさんが一度咳払いをすると
レイ「昨夜我が隊の人間が何者かに殺された!数日前の夜に外出していた男二人を殺した犯人と同一人物であろう!」
ほとんどの生徒の顔が青くなる。
「嘘だろ?」「隊の人が殺されたってそいつらよりも強いって事だろ」「私達も危ないのかな」「強力な能力を持ってる人もいるから狙われるでしょ」
混乱が不安が伝染している。
レイ「静まれぇ!」
レイさんの一喝でピタッと静かになる。
レイ「今夜からロイ団長がパトロールをする。だから安心していい。お前らの命は我らが守ろう!」
何故であろう。レイさんの言葉がまるで犯人に向けられたものに聞こえる。「もう殺しはできない。ロイ団長には、勝てない」
そんな風に。いや、実際そうなのかもしれない。実際、今言う必要はないのだ。混乱や、不安を広げるだけになるかもしれない。
何かしらの考えがあるのであろう。
しかし、そこで思考が止まる。レイさんが話を続けたからだ。
レイ「今からお前らには予定通り、依頼を受けてもらう。これは実戦だ。気を引き締めろ!」
そう言うと、壇上を降りていった。
一「何が殺人鬼だ。くだらねぇ事で読んでんじゃねぇよ」
そう言って一は、立つとこちらを見ると、
一「テメェは俺が潰す!俺以外に負けてみろ!そん時はテメェをぶっ殺す!」
そう言うと、何処かへと行っていた。
冬馬「気をつけろよ」
冬馬もそれだけ言うと一の後を追った。
美奈「うむ!気をつけるのだ!では行くのだ!」
そう言うと、美奈は立ち上がった。
俺が殺人鬼だと知ったら美奈はどうするのだろう。一は、冬馬は、どう変わるのだろうな。
きっと敵になるだろう。だが、何故だろ。それも面白い気がする。
優「あぁ。俺らも行こう。」
そう言って、優は席を立った。その後ろ姿をレイはじっと見ていた。





「異世界転生で神話級の職業!死の神のチート能力で転生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く