異世界転生で神話級の職業!死の神のチート能力で転生

金田拓也

7決着後

ロイ「む?これはどう言うことだ?」
呆然と真っ二つに斬られたバッチを眺めたロイ団長は、斬った張本人である人物の方を見た。
優「説明入りますか?俺が斬った。それだけっすよ」
ロイ団長は、頬をかきながら優の今なお付いているバッチを指差す。
ロイ「じゃあ、そのバッチはどう言うことかな?」
それに優はニッと笑うと
優「これっすかぁ?これはもちろん俺のバッチっすよ」
しかし、優のバッチはすでに斬られている。つまりそのバッチはー。
優「もう分かったと思うんすけど、ロイ団長。自分達以外の他の戦闘音が全く聞こえないっすよねぇ」
ロイ団長は少し笑うと
ロイ「そう言うことか。まさかお前さん、一人で全員潰したのか?そのバッチは、その内の一人のものを奪ったって訳か。」
優「はい。でも、問題ないっすよねぇ?バッチが0になったら負けと言うルールには反してないんで。
俺は負けるのは嫌いなんで、バッチを一番壊したやつが優勝。ここに俺が来た時点ですでに俺の勝ちは決定してたってことっす。」
まぁ、ロイ団長の技量があっての技だ。ロイ団長は俺らを斬るつもりがない。だからバッチを斬る時、正確にそのバッチだけを斬ろうとしていた。だから、バッチを2段重ねにすれば、いけるかもって言う、賭けだった訳だしな。
ロイ「ふぅ。いろいろ言っても仕方ない。俺の負けだ。」
と、ロイ団長は肩をすくめながら負けを宣言した。あとはー。
優「お前らはどうする?」
美奈達にそう投げかけると
美奈「うむ。私は優の優勝で満足なのだ。よくやったな!優よ!」
優は、冬馬と一に目を向けると
冬馬「勝ちは決まってんだ。今さらどうこうするつもりはねぇよ」
と、冬馬は言い、一は、ふんっと何も言わずに顔を逸らした。
まぁ、何はどうあれ、俺の完全勝利だ。

ミニゲーム終了後
ロイ「いやぁ参った参った。まさか負けるとは思わなかったなぁ」
そうロイ団長は言いながら、城を歩いていると、
「お疲れ様です」
と、ショートヘアの目の鋭い女性が声をかけてきた。
ロイ「いやぁ。全くだよ。この後一杯どう?」
とヘラヘラしながら話かけると目が細くなり
「ふざけないでください。それよりどうでした?彼が犯人である可能性は?」
ロイ団長は、やれやれと言う顔をすると
ロイ「あいつなら出来るだろう。どの訓練でも本気を出してない気もする。…が、決めつけるにはまだ早いだろ」
「彼は一体何者なのでしょうか?やはり、魔族側のスパイでしょうか?」
ロイ「いやぁ。それはないだろ。けど、彼は戦力になる。出来れば敵に回したくないなぁ。」
あの時、突発的に彼が現れた時、恐怖を感じた。敵になれば面倒だな。

ロイ団長が少し微笑んでいると
「全く何を考えるのかしら。でも、頼りにしてますよ。人類最後の希望と呼ばれた、英雄さん。」



「異世界転生で神話級の職業!死の神のチート能力で転生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く