異世界転生で神話級の職業!死の神のチート能力で転生

金田拓也

5勝ちに行くために

ここを一刻も早く離れるだ。
素早く離れる。それがロイ団長に勝つために出来る最善の方法だ。

ロイ「ん?遠くに離れたか。…どうやら釣れなかったみたいだなぁ」
そう独り言のようにロイが後ろ頭を掻きながら言うと、
一「何ボソボソ言ってやがる!」
そう言ってまたも背後に突然現れる。
それを大剣で弾き、空中にいたため踏ん張れずに吹き飛ぶ。
ロイ「さっきから思ってたんだが…お前のそれは、瞬間移動じゃないだろ。工夫するのはいい事だが、出現場所が分かりやすすぎる」
それに冬馬が舌打ちをし剣を構える。すると、冬馬の体からまばゆい光の玉が出てきており、気づけばロイとの距離を一瞬で埋めており、その瞬間。冬馬の剣は光を放出しあたり一面を飲み込んだ。咄嗟にロイは大剣を防御に回すが攻撃は来ず、代わりに後ろにいた一と一緒に消えていた。
ロイ「さてどっちを追うかな」


一「テメェ離しやがれ!」
と言って一が暴れ出した。
それに一の襟を持って走っていた冬馬は、急ブレーキをかけるが止まり切らずに、そのまま3メートル程進み止まる。
冬馬「ロイ団長は、強すぎる。ここは撤退する方が戦略的だ」
一「あぁ!なら、テメェだけ逃げてろ!俺がやる」
冬馬「おい人の話をー」
そこで一と冬馬の後ろからタバコの匂いがした。
ロイ「喧嘩は良くないぞ」
その声が聞こえ、慌てて回避をしようとする冬馬だが、一は、その場で剣を構えており、全く届かないはずの場所で刀を振った。空気を切る音が聞こえる。
その瞬間ロイ団長は、横に回避をした。すると先程までロイ団長の後ろにあった木が何かに斬られたように倒れた。
ロイ「ふぅー。危ない危ない」
そう言って立ち上がると
ロイ「それが本来の使い方か、なかなか良かったよ。…それより、、、悪いんだが、俺自身がここで足止めとなると困るから、そろそろ終わりにしようか」
そう言って大剣を両手で持ち構える。
一「終わりにするだ?やってみろ」
そう言って、一と冬馬も構える。
どちらも動かず、風と落ち葉が舞っている。静寂の空間が作り出される。
次の瞬間ロイ団長が動き、大剣を振り下ろす。一は、刀で防ぐ、その時蹴りをまともにくらい、ごっふと口から漏れ出て吹き飛んでしまう。
冬馬が背後から切ろうとするが、ロイ団長の方が速い。大剣を横薙ぎにする。咄嗟に防ぐが止めきれずに吹き飛ぶ。
悶えている一の方に足を進めた。
ロイ「悪いがこれも俺の仕事だ」
そう言って足で右肩を抑え、胸のバッチに大剣を振り下ろそうとした時だった。
突然寒気が襲う。身体中が危険を感じた。大きく、先程までいた場所から離れるとそこには黒髪で未だ実力の分からない、一番警戒していた少年が現れた。







「異世界転生で神話級の職業!死の神のチート能力で転生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

  • 金田拓也

    コメントありがとうございます

    2
  • neek

    すごく面白いです。早く続きが読みたい(´∀`)

    2
コメントを書く