異世界転生で神話級の職業!死の神のチート能力で転生

金田拓也

4ミニゲーム

そして、始まった俺たちの訓練は予想よりも遥かに厳しいものだった。この感覚の差こそが平和ボケしている日本人と異世界の住人との違いかもしれない。
異世界に来て1日目とは打って変わり、2日目の夜はみんな疲れており、倒れるように眠りについていった。

そして、そんな訓練を続けて7日目。俺たちは、そこそこの基礎力を身につけていた。
ロイ「えぇ。これから、ミニゲームを交えた、訓練をしようと思う。訓練方法は、簡単だ。それぞれ、このバッチを胸につけ、このバッチを一番壊した奴が優勝だ。自分のバッチが0になれば脱落だ。…なお、この訓練での能力の使用を許可する」
なるほど。自分の能力は習うより慣れろか。まぁ。教える分には楽だろうな。見てるだけで済む。
バッチをつけていると
ロイ「あ、忘れてた。この訓練には俺も参加する。ちなみに俺のバッチは、10個分だ。つわけでよろしく頼む」
そう言ってロイ団長は、右手から大剣を出現させる。それにほとんどの生徒が驚いた。何せ、その大剣は本物で、確実に人を殺せるものだからだ。
美奈「優よ。頑張るのだぞ!」
と隣にいた美奈が声をかけてくる。
冬馬「張り合わせてもらうぞ。優」
一「安心しろ。全員俺が潰す!」
とそれぞれの思いで訓練は、始まった。
この訓練場所は山で死神は、一部暗殺者のようでもあるため、この訓練にはもってこいだった。
いや、そうなるように仕組んだのだろう。ロイ団長達は、俺が殺した男達について調べ、その犯人を探している。この訓練では、そいつを割り出すためだろう。いや、そもそもロイ団長は、俺を怪しんでいるのだろう。そうでなくては、俺をあんなガチメンバーと一緒に訓練をさせたりはしないだろう。
どっちにしても俺は、能力のほとんどをまだ理解してない。故に隠れて、目立たないように過ごす。これが結論だ。地面での足跡を警戒して、木の上に身を隠し、木々を飛び移りながら移動する。
周囲の人間を知覚できる能力があり、安全に移動できる。これならー。
そう思っていた矢先だった。

ドン!と大きな音がなったかと思うと、その音が近づいてくる。誰だろう。と思いその音がなる方に近づく。
ロイ「いやぁ。若いねぇ。けどそう簡単に取られるほど俺は優しくはないぞ」
と言いながらロイ団長は、大剣を担ぐ。
そして、その相手は冬馬だった。
冬馬は立ち上がり、肩で息をしながらロイ団長を睨む。
一「どこ見てんだ!」
そう言ってロイ団長の背後に突如出現した一がロイ団長の首に向かって斬り込む。
それをロイ団長は、見ずに防ぐ。
その隙にガードの甘くなった胸に冬馬は、剣を突き立てようとする。
それをロイ団長は、左手で一の襟を掴み、地面に叩きつける。その砂埃が立ち、冬馬は地面を蹴り後退する。すると砂埃の中から、なにかが飛んでくる。
それは一だった。
冬馬「邪魔だ」
と冬馬が言うと
一「あぁ!テメェこそ邪魔だ!引っ込んでろ!」
そう叫ぶと一の体が消える。するとその直後に鉄と鉄がぶつかり合うような音が砂埃の中から聞こえる。それに冬馬も突っ込んでいく。少しすると、また二人して飛ばされてくる。

優は、そこまで見ていて一つの疑問が浮かぶ。何故ロイ団長は、バッチを破壊しない。そんな機会はいくらでもあったはずだ。
自意識過剰かもしれないが、これは俺をおびき寄せようとしているのか。だとしたら俺は、どうするべきだろう。
鎌を出現させ、戦えばバレるのか。どこまでがセーフか分からない。
そんな事を考えていると、二人が立ち上がる。その様子を見て、ふっと笑う。そのどこまでも負けず嫌いな二人、いや、俺もこいつらほどではないが負けるのは嫌いだ。
だったら俺がすることは




「異世界転生で神話級の職業!死の神のチート能力で転生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く