異世界転生で神話級の職業!死の神のチート能力で転生

金田拓也

3異世界生活1日目

鎌?死神の能力と何か関係があるのか?
いや。考えるのは後だな。とりあえずはー。
優「俺は大丈夫だ」
それに美奈は上目遣いで
美奈「本当か?」
優「本当だ」
美奈「本当の絶対か」
優「本当の絶対だ」
美奈「うむ。嘘だったら許さぬからな!」
と言って、無理に笑っているような顔を作った。そして、部屋を出て行った。

ふぅー。と息を吐き安心した瞬間だった。
そっと何かが背後に立っているのがわかる。
何故か体が動かない。恐怖からではない。体が身を守ろうと硬直している。
だが、ふっと体が動く。しかし、それは自分の意思ではない。体が勝手に動くと行った方が適切だ。
どこから持ってきたのか真っ黒なコートを勝手に着る。そして、仮面を付け、窓から飛び出す。その動きに音はなく、昔からやってきたかのような感覚だ。
そして、屋根に飛び移り音もなく動く。
しばらく移動した後、薄暗い路地裏で男が誰かと話しているのが目に映った。そこからは一瞬だった。
屋根を蹴り、男達との距離を詰める。そして、急に現れた鎌を持ち、一閃。
「え?」
ともう一人が言ったところでもう一度振るう。それで全てが終わった。
生まれて初めて人を殺した。
あぁ。こういう事か。感情がなくなったのは、この仕事に必要だからだ。人を殺しても何も感じない。
そして、その現場を素早く離れる。
部屋に戻り、コートを脱ぐそして、またいつのまにかコートは消えていた。そのまま眠りについた。その間とくに何も思い出すことを考えることもしなかった。

朝起きて部屋を出る。部屋の前では美奈が待っていた。そして、俺を見ると嬉しそうに笑った。
美奈「優おはようなのだ!」
優「おはよう。わざわざ待ってたのか?」
美奈「その、だな。心配だったのだ」
優「そうか。それよりも食堂に行こう」
美奈「うむ!」
と鼻歌でも歌いだしそうなテンションで食堂に向かった。

食事をしていると、周囲から視線を感じる。その視線を無視して食べていると柊冬馬が近づいて来た。
柊冬馬「お前不味くないのか?」
そこで初めて気付く。味がしないことに。
優「あぁ。これしか食べ物もないしな」
柊冬馬「…隣いいか?」
と言って柊冬馬は、隣に座ると黙々と食べ始めた。それにクラスメイトも意を決したように食べ始めた。

昨日の広場に集まると昨日と同様にロイさん達がいた。ロイさんは前に立つと
ロイ「えぇ。これより訓練を行う。じゃあ名前を呼ぶから、それぞれ呼ばれた人のところに行ってくれ」
そう言って、名前が呼ばれていく。次々といなくなるクラスメイト達。そして、残ったのは、柊冬馬、成瀬一、小桜美奈、そして、俺?
なんだこのメンツ。こいつらどう考えても最強メンバーじゃねぇか。
ロイさんが俺たちのところにくると
ロイ「お前らは俺が担当することになってる。呼ぶときはロイ団長で構わない」
それに俺が手を挙げると、まるでこちらの質問を初めから理解していたかのように続けた。
ロイ「なお。ここのメンバーは、俺が適当に選んだ。強い3人と奇妙な少年ってところだ。質問はあるか?」
柊冬馬「俺は俺のやれることをやるだけだ」
成瀬一「ここにいる奴らも含め俺が全員ぶっ潰す!」
美奈「よろしくなのだ!優」
と全員がこちらを見る。ロイ団長の奇妙な少年っと言う言葉で何かしら感じるものがあったのだろう。一人を除いて。
こうして俺らの異世界生活は、幕を開けた。

「異世界転生で神話級の職業!死の神のチート能力で転生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く