異世界転生で神話級の職業!死の神のチート能力で転生

金田拓也

2心配

あの後、当然のようにみんなが抗議した。
「家に返せよ」「どうして私達なの?」
そんな不満の声にロイさんは
ロイ「すまない」
そう言って頭を下げた。
ロイ「…出来る限りのサポートはする。君らにはこの国の民を守ってもらいたいと思っている」
その発言にほとんどの人が目を見開き、ロイさんを見た。
成瀬一「おい。そりゃあどう言う意味だ」
一番に食ってかかったのは成瀬一だった。
ロイ「…君らを最前線で戦わすつもりは…ぶっちゃけない。民を君らのような子供に任せるのは気がひけるんだが…。どうか民を守ってほしい」
成瀬一「悪いが俺は行くぜ」
と成瀬一が一歩前に出た。
柊冬馬「…俺も行く」
その言った柊冬馬を成瀬一は見ると
成瀬一「なんだぁ?さっそく勇者気取りかぁ?」
柊冬馬「そんなもんに固執するつもりはねぇよ。この世界で生きて行くには力がいる。自分の身ぐらい自分で守れるくらい強くならねぇと生きていけない。…俺は俺で生きる」
それにみんな一歩前に出て先程までが嘘なほど協力的になった。
隣から裾を引っ張られそちらを見ると美奈がこちらを見ながら
美奈「優よ。みんなは一体何をしておるのだ?」
とコソコソ話のように顔を近づけてきた。それに一瞬ドキッとするがすぐにその気持ちが冷めるような感覚になる。美奈に話の流れを説明すると、納得したような顔になった。
ロイ「とりあえず今日は休むように」
そう言ってロイさんは少し笑顔で壇上を降りて行った。
その夜。布団の上で今まで起きたことを考えていると扉にノック音がした。扉を開けると、美奈が立っていた。その顔にはいつものような人懐っこい笑顔はない。
優「どうした?」
美奈「その…」
と言い淀んでお いた。
優「とりあえず入ったらどうだ?」
そう言って中に入れる。
美奈「聞いて欲しいのだ」
優「何かあったのか?」
美奈「優よ。戦わないで欲しいのだ!」
そう言う美奈の顔は心配そうな瞳でこちらを見ていた。
優「どうしてだ?」
美奈「…私の能力で分かったのだが。お主に不吉な力が働いているのだ。このまま行けば、優が遠くに行ってしまいそうで怖いのだ」
優「…」
驚いた。賢者の力にはそんなものがあるのか。おそらく未来予知か何かだろう。不吉な力ってのは死神の能力のことでいいのか?それとも別の何か。きたばかりで情報が少ないな。
そんな時、ふいに目に入った。自分専用に変化した本を手に取り、中を開くと
『案ずることはない。すぐに分かる。自分がすべきことも。何者かも』
そう書かれていた。まるでこの状況を見ているかのようなこの一文。優は美奈を見ると
優「俺は心配いらない。自分のすることは自分で決める。そう柊君も言ってただろ?」
それに美奈は席を立つ。
美奈「優何を隠しているのだ!夜になってから。私には見えるのだ!」
優「見える?賢者の能力か?一体何が?」
美奈「優から黒い煙が出ておるのだ。それだけではない」
そして、少し溜めると
美奈「鎌が、鎌が優の首に当たっておる。少しでも鎌が動けば優の首が飛びそうで怖いのだ…」







「異世界転生で神話級の職業!死の神のチート能力で転生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

  • 金田拓也

    コメントありがとうございます

    1
  • ノベルバユーザー252836

    職業死神?ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬなかなか斬新な主人公だと思った

    1
  • 金田拓也

    すみません。こちらのミスでした。
    指摘をありがとうございました。

    4
  • ノベルバユーザー198671

    ずぶんじゃなくて、自分じゃない?

    3
コメントを書く