狂乱の森と呼ばれる森の主は魔王の娘だった。

病んでる砂糖

二『家出』

私は雨波 みやび。雨波家の二十五代目現当主だ。だが今はそんなことどうでもいい。とにかくあの子を探さなければ。

『どこに行った、花梨!』

今、更紗にも探してもらって自分でも探しているが娘の花梨がいなくなった。家出だ。先月、蓮沼家の娘が家出して、森に入ったという目撃証言を最後に行方不明になったということがあった。一ヶ月して見つからないので家は娘は死んだということにした。蓮沼家は元々権力が強いので、あくまでもう少し探そうという家臣などの言葉を無視して無理やり娘は死んだということにしてしまった。なんて残酷なんだろうと思った。それと同時に私の娘にそんなことがあったらと考えた。花梨あの子は家出した蓮沼家の娘と学園で同級生だ。話したことは無いと言っていたが、クラスもおなじのようだし面識はあるんだろう。家出した娘は学園で一番魔力が強い公爵令嬢の娘にいじめられており、その公爵家が蓮沼家より権力が強い。それ故に今回のことについて娘が関わっていないことをその公爵家ー今後は新留にいどめ家と言う。ーは全力で肯定した。明らかに新留家が関わっていることは誰の目から見てもわかった事だが、新留家は権力の強さで今回のことは全て揉み消してしまった。そしてその権力を使って、反発する家臣を全て首にした。ちなみに雨波家では必要最低限の人数しか使用人、家臣は働かせていない。数は少ないが、才能を見込んで引き込んでいるので、少数精鋭って訳だ。使用人たちをあまり増やして、屋敷の無駄なスペースを取りたくないし、正直に言って、無能なのに家に守ってもらいると思って雇ってほしいと言ってくるやつは、要らない。あと既に家臣になってるやつの親戚とか言ってくるやつも才能がなければ要らない。話がそれたが、私は新留家などどうでも良いと思っている。権力でいえばこちらは新留家より権力が強い。だが無駄に金を使いたくないので新留家よりちょっと質素な暮らしをしているだけだ。それでこちら大人達の都合が成り立ったとして、子供達の都合は下手したら良くないかもしれない。どういう事かと言うと、子供たちはすぐに家柄や、親の性格、暮らしぶりを見て相手を勝手に決めつける。つまり自分より劣ったものをいじめるのが大好きだ。だからきっと次に新留家の娘が私の娘に手を出すんじゃないかと思っていた。もしかしたら家出した理由はそれであったりするのだろうか。



少しためらっているとどサリという音がした。顔を上げると、少女森の主が目の前にいた。少女の姿は右眼を眼帯で隠しており、髪は黒髪に赤目だ。黒髪ということはあまり魔力がないのだろうか。そして服は庶民が着るような服より少しいい服を着ていた。あと気になる所は首に首輪をつけているところだろうか。色々考えていると、少し苛立った様子の少女が威圧的にいう。

『早くしてくれ。』

私はためらいながら言う。

『あ、あなたが、森の主なんですか?』

そう言った瞬間少女が目を見開く。しかしその瞬間首に痛みが走って意識を失った。

「狂乱の森と呼ばれる森の主は魔王の娘だった。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く