継続は魔力なり《無能魔法が便利魔法に》

リッキー

閑話4 創造魔法講座

 エルシーさんが会長に就任してから少し時が経ち、店の経営が落ち着いてきた頃。
 俺は、エルシーさんに創造魔法を教えることになった。

 エルシーさんに「いつになったら創造魔法を教えて貰えますか?」って聞かれた時には焦ったよ。
 だって、本気でそのことを忘れていたんだもん。
 い、忙しくて忘れちゃってたんだよ?

 そんなわけで急遽、今日教えることになった。

「お邪魔しまーす」

「はい、どうぞ」
 現在、エルシーさんの家に来ている。
 エルシーさんは会長を継ぐにあたって、コルトさんの家を貰ったそうだ。
 もちろん、エルシーさんは断ったみたいなんだけど……コルトさんに言いくるめられてしまったようだ。

 ということは……俺の家よりもエルシーさんの家の方がデカい。
 ばあちゃんの家と変わらないんじゃないかな……。

 そんなことを考えていると、エルシーさんの部屋に案内された。

「それじゃあ、よろしくお願いします。レオくん」

 エルシーさんが綺麗なお辞儀をするので、俺も出来る限りのお辞儀をした。
「はい。よろしくお願いします。それじゃあ、これから教えたいと思うのですが、エルシーさんって魔力操作は出来ませんよね?」

「はい。出来ません……」
 あ、エルシーさんが落ち込んじゃった。

「あ、そんなに落ち込まなくても大丈夫ですから! これから練習すればすぐに出来るようになりますから」
 慌てて慰める。

「本当ですか? ありがとうございます」

「いえいえ。それと、練習を始める前に少し教えておきたい事があります」

「教えておきたいこと?」

「はい。どうして、僕以外の人は創造魔法を使うことが出来ないのか? わかりますか?」

「わかりません……そういえば、レオくんはどうして創造魔法を使えるのですか?」

「僕は創造魔法にたくさんの魔力と魔力操作が必要だと思っています」

「そうなんですか……でも、それだと……私には創造魔法を使うことは出来なそうですね……」

「え? どうしてもう諦めているんですか?」
 まだ早くないか?

「だって、十五歳を超えてしまった私が大幅な魔力成長を見込めるはずがありませんから」
 そうなの? 魔力が成長するのも期間があるのか……。

「なるほど……でも、全く成長しないってわけではないんですよね?」

「はい、そうですけど……」

「それなら、大丈夫です。予定よりは長い時間が必要かもしれませんが」

「本当ですか……?」

「本当ですって、これを使えば」
 そう言って、エルシーさんに用意してきた物を見せてあげた。

「これは……ミスリルと……レオくんがいつも魔力を注いでいるとんでもない魔石ですよね?」
 そういえば……エルシーさんの前で魔石に魔力を注いでいたことあったかな?
 あ、師匠に魔石をせがまれた時だ!

「はい、そうです。これを使って魔法アイテムを造ります」

「どんな魔法アイテムを造るんですか?」

「エルシーさんの魔力成長を助けてくれる魔法アイテムです」

「そんな物が造れるのですか……?」

「はい。これがあれば問題ないと思います」
 成長スピードが桁違いになるからね。

「わかりました……それじゃあ、お願いします」

「了解で~す。すぐに出来るんで見ていてください」

 もう、これを造るのは何回目だろうか?
 シェリー、リーナ、ベルに造ったから……四回目か。

 そんなことを考えている間に出来てしまった。

「はい、出来ました。これを常に首にかけておいてください」
 出来たての首飾りをエルシーさんに渡す。

「わ、わかりました……ありがとうございます」

「それじゃあ準備も整ったことですし、創造魔法に向けて頑張りましょう」

「よろしくお願いします」


「それで、ですね……。魔力操作が使えないってことですので……魔力操作を習得してもらおうと思います」
 たぶん、あれをやらないといけないんだよね……。

「わかりました。それで、何をすればいいのでしょうか?」

「えっと……まず確認なのですが……エルシーさんは自分の魔力を感じることは出来ますか?」

「出来ません……出来ないと何か問題がありますか?」

「い、いえ! 問題はないのですが……わかりました」
 うん……腹をくくるしかないか。

「エルシーさん、そこで仰向けになって貰ってもいいですか?」

「え? はい、わかりました」

「これから……俺がエルシーさんの魔力を動かしますので動かし方を体で感じてください」

「わかりました。よろしくお願いします」
 俺の緊張感が伝わってしまったのか、エルシーさんも緊張した顔になってしまった。

「はい。緊張はしなくていいですよ。リラックスしていてください」

 それじゃあ、やるか。
 エルシーさんのお腹に手を当てて魔力を探る……みつけた。
 少ないわけではないけど……創造魔法を使うにはないと言っていいほど足りないな……。

 よし、動かすか。
 魔力を少し揺らす。

「へ?」
 案の定、エルシーさんが変な声を出した。
 おっと、気にしない気にしない。

「これが魔力です。わかりましたか?」

「はい、わかりました」

「それじゃあ、動かしますので……耐えてください」

「え?」

 それから、数十分後
「ふう、これくらいでいいかな? 自分で動かせそうですか?」

「は、はい……動かせ……そう……です」
 エルシーさんはそう言うも、息が切れていた。

「少し休憩しますか?」
 ちょっとやり過ぎたかな?

「は、はい……お願いします」

 それから、三十分くらい休憩した。
「それじゃあ、動かしてみてください」

「はい、やってみます」
 エルシーさんはそう言って、自分のお腹に手を当てた。

「どうですか?」

「……出来ました!」
 エルシーさんは嬉しそうに俺の顔を見てきた。

「それは良かったです。あとは、ひたすら魔力を動かし続けるのを頑張るしかないですね」
 これからは、地道な作業だ。

「わかりました……どのくらいやればいいのでしょうか?」

「魔力を全身に動かせるようになるまでです」

「全身? そんなに動きませんよ?」

「大丈夫。繰り返していればいつか出来るようになりますから」
 最初は皆、そんなもの。

「そうですか……頑張ってみます」

 《二週間後》
「レオくん、全身に魔力を動かせることが出来るようになりました!」

「本当ですか? じゃあ、次の段階に進みましょう」

「次は、何をすればいいんですか?」

「次はこの魔石に魔力を注いでください」
 そう言って、エルシーさんに魔石を渡した。
 魔力は一切入っていない空の魔石だ。

「わかりました……けど、どうやって注げばいいんですか?」

「それは、魔力を手から魔石に移すように意識すれば簡単にできますよ」

「わかりました……やってみます」
 エルシーさんは魔石を持つと集中した顔をした。
 そして、魔石に光が灯った。

「で、出来ました!」

「おめでとうございます。あとは練習あるのみですね。ひたすら魔力を注いでください」

「わかりました。頑張って注ぎます」

「あ、それと。毎回魔力が無くなるまで魔力を注いでくださいね。そうじゃないと意味が無いので」
 魔力は無くなった時が一番成長するからね。

「わかりました。全部ですね」

「はい。それじゃあ、魔力が二千を超えた辺りで創造魔法の練習を始めますか」

「に、二千? 無理です。私には無理ですよ!」
 そんなに無理無理言わなくても。

「そんなことないですよ。今の魔力はどのくらいなんですか?」

「昨日、見た時には魔力が九百くらいでした」

「あと千ぐらいじゃないですか。そのくらい簡単ですよ」

「そんなことありません! 二週間でここまでしか上がらなかったんですよ?」
 確かに……成長スピードは遅いけど。

「まあまあ、魔石を使って鍛えれば成長スピードが上がりますよ」
 心配する必要は無いでしょ。

「本当ですか? それなら……頑張ってみます」

「はい、頑張ってください」

 《一週間後》
「レオくん! 目標の二千に届きました!」
 嬉しそうにエルシーさんが報告してきた。
 思っていたよりも早いな。
 頑張ったんだろうな……。

「本当ですか? お疲れ様です。やっと創造魔法の練習が出来ますね」

「本当、やっとですよ……でも、遂に私も魔法を使えるんですね!」


 それから、また俺はエルシーさんの家に来た。
「それじゃあ、これを持ってください」

「これは……枝ですか」

「はい。そこら辺にある枝です」

「この枝をどうするんですか?」

「こうするんです」
 そう言って、枝を木製のスプーンに変化させた。

「形が変わった……」

「創造魔法の基本は材料を使って物を造ることなんです」

「そうだったんですか……。てっきり、何も無いところから物を造ることが出来ると思っていました。そういえば、レオくんにこれを造って貰った時にも材料を用意していましたね」
 エルシーさんは、俺が造った首飾りを眺めながら納得してくれた。
 おお、呑み込みが早くて助かる!

「材料が絶対に必要ってわけではないですよ。この様に造れますから。ただ、その分、たくさん魔力を使いますし、創造魔法のレベルが高くないといけません」
 材料なしでパンダのぬいぐるみを創造するのを実演しながら説明する。

「そうだったんですか……知らなかった」

「まあ、そんな事よりも。創造魔法をやってみましょうよ」
 習うより慣れよってね。

「わ、わかりました。どうすれば魔法を使えるんですか?」

「簡単です。造りたい物をイメージしてください。あ、その時に枝に魔力を注ぐことを忘れずに」

「わかりました。やってみます」
 エルシーさんは枝を握りしめて、枝に魔力を注ぎ始めた。

 すると……枝が光を放ちだした。
 そして、形が変わり始めた。
 それからちょっと時間が経ち、出来た物は……

 俺だった。

「俺?」

「はい、レオくんをイメージしてみました。それにしても、本当にイメージしただけで出来るんですね」

「う、うん……」
 だからって、なぜ俺なんだ?

「これで、私も魔法使いですね! 嬉しいな~」
 まあ、本人が嬉しそうだからいいか。

 そんなことよりも、俺以外でも創造魔法が使えることが証明されたことだ。
 これで、創造魔法が無能魔法であることが完全に否定できるんじゃないかな?

 ただ、エルシーさんが魔法アイテムを造れるようになるのは大変かな……。
 エルシーさんは十五歳で、魔法アイテムを造れる程の魔力まで成長するまで微妙なんだ。
 まあ、本人は魔法が使えるだけで喜んでいるんだし、余計なことを考える必要もないか。

 俺のフィギアを眺めながら、喜んでいるエルシーさんを見ていたらそんな気持ちになった。

「継続は魔力なり《無能魔法が便利魔法に》」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 雪乃

    薄いって言うけど気持ちの整理ついたらすぐ元気になるよー!ずっと引きずっても後悔するだけだからね〜!それに登場人物おかしいって言うけど人間なんてそんなもんよw

    1
  • ノベルバユーザー309331

    う、うすい!
    面白いけど、これが、書籍化ねぇ。

    4
  • マッキーマン

    更新お願いします。

    3
  • ノベルバユーザー299451

    更新待っていますー

    4
  • xion

    更新がされないので気になって死にそう
    最近で一番待ち遠しい(*^.^*)

    3
コメントをもっと見る / 書く