話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

外国人と私

あん

Ep.37

『お兄ちゃんが誘ってるんだけどミンジュンいつ暇?』
2時間経っても返信はなし。
これで私のこと好きなんて信じられない。
トークを開いていると既読がつく。
私は慌ててトーク画面を閉じる。
『いつでも暇』
すぐ返すとがっついてみえて嫌だからお風呂入ってこようと携帯を伏せて置く。
『また4人?』
またきたミンジュンからのトーク。
『あっ』
間違ってトークを開いてしまう。
『あと優馬先輩もいる』
既読無視と思われたら嫌だからちゃんと返信をする。
『なんでそこに俺?』
『まぁいいや、行く』
おっけー、と返信をしてお風呂に向かう。
「あ、ミンジュンいつでも暇だって」
リビングにいたお兄ちゃんに声をかける。
「そっか。あ、笑満が行きたいって言うからプールね」
プールは行きたいけどちょっと緊張するなぁ。
でもミンジュンと優馬先輩まともに話したことないのに大丈夫かな。

お風呂から出て携帯を手に取る。
ミンジュンからの返信はなし。
『笑満が行きたいらしいからプールだって。平気?』
『了解』
秒で返ってきたけど平気ってことでいいのかな?
そう言えば水着ないや。

ープルルルルー
タイミングよく笑満から電話がくる。
「もしもし?」
「ねぇ明日暇?水着買いに行かない?」
「いいけど」
「じゃあ決まりね!」
笑満はそれだけ言うと電話を切る。
ほんといつも風のように現れて去っていくんだから。
久しぶりに笑満と2人で出かけられるし、ちょっと楽しみだなぁ。

「外国人と私」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く