話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

外国人と私

あん

Ep.29

『なんで』
『俺ん家の方が近いから』
今まで何回か一緒に帰ったことはあったけどミンジュンの家の方が近いとか知らなかったんだけど。わざわざ送ってくれてたとか知らないんだけど。
『上がれよ、今誰もいないから』
『いや、大丈夫!』
私の背中を押すから必死で抵抗する。
『あ、なに。もしかして俺が何かするとでも思って警戒してる?』
ニヤニヤしてるのが顔を見なくても声で分かる。
警戒というか緊張してるだけ。
『何もするわけないだろ。お前にそんなに魅力ない』
『はぁ?!』
『ほんとどこからそんなでかい声でんだよ』
『うるさいな!』
『いいから風呂入れ、髪ベタベタだから』
髪の毛までベタベタとかほんと最悪。
『いいです、帰ります』
早く綺麗にしたいけど自分の家で落としたい。
『だめ、汚いから入って』
背中を押され、脱衣所に入れられる。
『はぁ』
人の家でお風呂入るって緊張する。
『これ、着ていいから』
ワイシャツを脱いだところでミンジュンが脱衣所のドアを開ける。
ノックくらいしてよ。そしてなんで何事もなかったかのように出ていくの。

「外国人と私」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く