話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

外国人と私

あん

Ep.16

「ねぇ、どういうこと」
学校の門に入るなり女子に囲まれる。
お兄ちゃんは笑満と先にいちゃいちゃしながら行ってしまった。
「えっと、なにが?」
「とぼけないでよ、これ何」
一人の女の子に差し出された携帯の画面には私とミンジュンが相合傘をして帰っているところが映っていた。
「最近仲いいみたいだけど?」
「色んな外国語話せてすごいなって思ってたけどこういうためだったんだね」
次々と言ってくる女子の圧に後ずさりする。
「誰と仲良くしようがみんなには関係ないよね?」
「俺の妹いじめないでよ〜」
後ろから笑満とお兄ちゃんが現れる。先に行ったはずなのに。
こうやっていつも笑満とお兄ちゃんには助けられる。
「ミンジュンのこと好きなら杏の事いじめてないで自分磨きでもして振り向いてもらえる努力したら?男にはね、頑張ってる女の子って魅力的に映るんだよ?」
お兄ちゃんはいつものふざけた口調で女の子達を傷つけないようにする。
大抵の女の子はこういうお兄ちゃんの言葉に騙されて笑顔になる。
ほら、目の前にいる女の子達だってそう。
「ほんとあんたって色んな意味で目が離せないっていうか」
「早くミンジュンと付き合ってくれた方が俺的にも楽なんだけどなぁ」
「絶対ありえないから」
ニヤニヤしてる2人を置いて教室に向かう。

「外国人と私」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く