話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

外国人と私

あん

Ep.9

『日本の歌知ってるの?』
『日本の歌好きだからよく聴くよ』
さっきから盛り上がってるお兄ちゃんと笑満が歌ってる曲を口ずさんでいるミンジュン。
「お!次ミンジュンじゃん」
お兄ちゃんがミンジュンにマイクを渡す。
「私これめっちゃ好き!」
それは笑満が一時期すごくハマってて私も好きになったドラマの主題歌。
普段の低くて冷たい声とは裏腹に優しくて綺麗に上がる高音。
「上手いね!」
歌い終わってお兄ちゃんと笑満がびっくりした表情で言う。
『そんな声出るんだ〜』
『うるさい』
ミンジュンはその後も何曲か歌い、言葉が通じてないはずなのにお兄ちゃんと仲良くなっていた。
お兄ちゃんのそういう所は尊敬する。

「あー、楽しかった!また行こうな!」
肩を組んでる2人は笑い合ってる。
クラスの男子とも全然仲良くないのにお兄ちゃんにはもう心許したのかな。
「ねぇ、ミンジュンのこと好きでしょ?」
ニヤニヤしながら笑満が聞いてくる。
「私は応援するよ!頑張って!また明日ー!」
「何も言ってないんだけど」
笑満はお兄ちゃんのところに行き、先に歩いていってしまった。
『ごめんね、2人ともうるさくて』
『全然。むしろ楽しかった、ありがとう』
隣を歩くミンジュンを見上げるといつもより明るい表情をしていた。
『俺、兄ちゃん欲しかったからさ、お前の兄ちゃんと仲良くなれてよかった』
『兄弟いないの?』
『一人っ子。だからお前が羨ましい』
『あんな感じだけどちゃんと頼りになるお兄ちゃんだからね』
笑満とお兄ちゃんがいちゃいちゃしながら歩いてるのを眺めて言う。
『じゃあまた明日』
『またね』
『ミンジュンまたな!』
家の前でお兄ちゃんが叫ぶ。それにミンジュンは笑顔で手を振り返していた。

「外国人と私」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く