話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

外国人と私

あん

Ep.5

『今日も人気ですね』
図書係の当番の日になり、ミンジュンを見に来る女子達。
『興味ない』
『あんなに可愛い子もいるのに』
学校一人気の女子なんか毎日のようにお菓子作ってきたりしてるのにミンジュンは見向きもしない。
『あ、ひょっとして彼女いるとか?』
『いない。いたことない』
『嘘だ!』
こんなにモテるのにいたことないなんて詐欺だよ。
『俺寝るから、帰る時起こして』
そのまま机に伏せ、眠るミンジュン。
女子達が写真撮って帰って言ったことは言わないでおこう。

『おーい、もう帰るよー?』
言われた通りミンジュンを起こす。
体をつついてみてもビクともしない。
『おーい』
頬を軽くつねる。
『触んな』
さっきまで寝てたのが嘘かのように目がぱっちり開く。
『ごめん、起きなかったから』
ミンジュンは伸びをしてカバンを手にすると狭いカウンターから出ようとする。
目覚めてから動けばいいのに半開きのまま歩くから椅子に足が引っかかって体制を崩して私に寄りかかってくる。
『ん、ごめん』
何事も無かったかのように離れるミンジュン。
帰り道も一緒に歩いたはいいけど何も話さずに終わった。

「外国人と私」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く