現実で無敵を誇った男は異世界でも無双する

プロテイン

衝撃の事実

「陽翔様!あれは結界の破砕音です!随分モンスターが群がってるとは思いましたが...!」

結界の破砕音?てことは魔法かそれに近しい何かがあるのか?いや、今はそれよりも...

「ってことは、あそこに誰かいるのか!?」

先ほど聞こえた女性の声といい、まず間違いないだろう。

「はいっ!急がないと彼女がもう生きていけなくなってしまいます...!」

生きていけなくなる・・・・・・?殺されるじゃなくて?エリーゼの言い回しに少し違和感を覚えたが、今は時間がない。

(疑問は後回しだ...!)

「エリーゼ!君は何か自衛の手段はあるか!?」

「大丈夫です!私も結界魔法が使えますので30分くらいなら仮に敵がこっちに来ても持ちます!行ってください!」

「わかった!」

それを聞いて安心した俺は一気にトップスピードで走り出す。そして一瞬でモンスターの群れに達すると、まずは攻撃せずに敵の頭上を飛び越えた。もし今攻撃してモンスターの破片が向こう側にいる人に当たったりしたら目も当てられないからな。

(さっきの声の主は...!?)

俺は空中からさっきの悲鳴を上げたであろう人物を探すと

(いた!)

どうやら1人ではなく4人いるようだ。1人はゴブリンに馬乗りになられて絶望的な表情を浮かべている。戦闘職らしい3人は必死で戦い、さっき悲鳴を上げたであろう女性を助けようとしているが、数が多すぎるのか全く進めていない。

「ッラァ...!」

状況を確認するや否や、俺は空気で作った小さな粒を殴り、女性には当たらないよう弾丸のようにうち出す。

「ギィッッ!」

空気の弾に頭を貫かれたゴブリンが耳障りな声を上げて死ぬ。そして女性は自分の目の前で突然ゴブリンが死んだことに驚き、呆然としている。

「何ボーッとしてる!早く後ろへ!」

彼女の横に降り立った俺は彼女に怒鳴る。少々言い方がきつかったかもしれないが、そのおかげか彼女は一瞬ビクッとしたもののすぐに退避した。

(あっちの3人は大丈夫そうだな。)

戦闘職っぽい3人は今向こうに行ってる魔物程度なら拮抗した実力を持っているようだ。

「なら俺は、残りを全部片付けるか...!」

そう呟いた陽翔は、両手に空気で槍を形作る。そして

「シッ!」

全力で投擲した。空気の槍は最前線に居たゴブリンやオークをどんどん粉砕したが、オーガは流石上位種とでも言うべきか、刺さる直前に手に持っていた名状し難い棍棒のようなもので防いでしまった。もっとも、その棍棒は粉微塵に砕け散ったが。

「グオオオオオオ!」

オーガが怒りの咆哮を上げ、突進してくる。まだ生き残っていたゴブリンやオークは、それに潰されて全滅したようだ。

(オーガ5...!)

数を確認した陽翔は、逃げるのではなく、逆にオーガに向かって走り出す。そしてぶつかる直前、前方に作った足場を使って垂直に飛び上がると

「ッラア!」

オーガの顔面を全力で蹴り抜いた。陽翔としてはこれで倒せれば重畳。倒せないにしても脳を揺らして意識を混濁させられる可能性が高い。程度に考えていたのだが

パン!

オーガの頭は風船が割れたかのような音を立てて破裂した。

(うわ!まじか!)

予想だにしていなかった結果に顔をしかめる陽翔だが、まだ他のオーガが突進してきているのを確認すると、周囲に飛び散りつつあるオーガの血を固定化する。そして空気の壁を足につくり、蹴ることのできる範囲を広くすると固定化した血をまとめて蹴り飛ばし、散弾銃のようにうち出す。当然蹴りは空中に足場を作ってそこを蹴って助走を付けたため、地上で打ち出す時と何ら変わらない威力だ。

果たして陽翔の放った弾丸は、走ってきたオーガのあちこちを撃ち抜き、絶命させた。相手側からもなかなかの勢いで接近してきていたため、相対的に相当なスピードの血弾とぶつかることになり、それなりに硬いオーガの表皮と筋肉を、容易く貫通したらしい。

(よしあとは───)

死の3つ首デス・スリー・ネックだけだ。そう思い、洞窟の入り口を見た時、既に目の前に奴が放ったであろう熱線が、さっき俺が撃ち抜いたオーガを貫通しながら迫ってきていた。しかし陽翔は焦らずに熱線を固形化させる。すると直前まで激しい熱運動をしていた分子が急に止められたため、逃げ場をなくした運動エネルギーによって、熱線の固体は自壊した。

(何て熱量だ...!)

オーガを貫通した時、一切血液が出ていなかった。つまり、一瞬で肉を焼いて止血してしまう程の威力だったということだ。死ぬことはないかもしれないが、進んで当たりに行く必要もない。

「今度はこっちから行かせてもらう...!」

陽翔は言葉を発すると同時に姿勢を低くして弾丸のように走り出す。そして死の3つ首デス・スリー・ネックに肉薄すると、口を開こうとしていた首の1つ、真ん中の首を蹴り抜いた。すると

バキッ

どうやら首の骨を折ったらしく、真ん中の首が動かなくなる。しかしその時、1番右の首も口を開いていた。

(口から出そうなものは2択...!声か、ブレスか...!)

そう判断した俺は、その首の向いている向きから全力で身体を逸らしつつ、耳に振動しないよう非常に結合を強くした空気の分子で蓋をする。

そして敵の攻撃は陽翔の予想のうち、前者だったようだ。陽翔には特になにも聞こえないが、目の前で思いっきり口を開けた首が咆哮している。

(まあでも、俺からすればただ無防備なだけだよな。)

実際陽翔からすると、首が突然間抜けな顔を晒しただけである。

(んじゃ)

そう呟いた陽翔は、残っていた2つの首をあっさりと蹴り抜いて倒してしまった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「お疲れ様でした。」

戦闘が終わった事を確認したエリーゼが近寄ってくる。エリーゼの結界とやらは音すらも遮断できるらしい。

「ありがとう。それで彼女たちは...」

と呟きながらさっきの女性たちがいた方を見ると、ちょうど女剣士風の人が最後のゴブリンを切り倒した所だった。そしてこちらに歩み寄ってこようとしたが、俺が笑顔で手を振ると、俺の顔を見て固まってしまった。剣士風の人だけじゃなくて、女魔術師風のも、女盗賊風の人も同様である。唯一、最初俺が助けた聖女風の人だけが近寄ってきた。

「あの....この度は本当にありがとうございました...!」

そう言って頭を下げる。それを見た他のメンバーも、俺の顔をチラ見しながら近寄って来て頭を下げる。ここで今更かもしれないが彼女らの外見について説明すると

女剣士・・・紅眼。燃えるような赤髪を肩あたりまで伸ばしており、軽鎧の様な物を装備している。やや吊り目がちなため厳しそうな印象を受けるが、文句なしの美人である。Bカップ?

女魔術師・・・黒眼。黒髪を腰あたりまで伸ばしており、紫色のローブを纏っている。垂れ目なため非常におっとりしてマイペースそうな印象を受けるが、これまた美人。多分Eカップ。

女盗賊・・・碧眼で、銀髪を短く刈り揃えている。恐らく動きやすいようになのだろうが、上半身は胸に薄い布を巻いているくらいしか装備がない。美人というより、活発で可愛いという感じだろう。寒くないのだろうか?多分Bカップ。

聖女・・・透き通るような蒼い眼で、紺碧の髪を腰まで伸ばしており、清純そうな白い修道服のようなものを着ている。ガラス細工のように繊細な美貌を持っており、見るものに触れると壊れてしまいそうなほどの儚い印象を与える。美人。測定不能。

という感じだ。全員、超レベルの高い美女美少女たちだが、なぜ、全員女なんだ?まさか、男だけ逃げたりでもしたのだろうか。

「不躾なことを聞くようで済まないが、パーティーに男は居ないのか?」

と、俺からすると普通のことを聞いたのだが、どうもこの世界ではおかしな事だったらしい。パーティー全員が何を言ってるのかわからない、という表情で一瞬呆けた後、代表で聖女風の女性が

「男性は、基本的に街からでたりしませんよ?」

と言ってきた。

「女性の冒険者はいるのに、男性の冒険者はいないのか?」

怪訝そうに聞き返す俺に、女性は驚きを隠せない表情で

「ええ!だってそんな事をして、ただでさえ少ない男性が減っては大変ではないですか!」

と答えた。

(え?男ってこの世界には少ないのか?しかも前には出てこない?)

俺は想像と全く違うこの世界に対し、これから苦労しそうだと深く深く溜息をつくのだった。

「現実で無敵を誇った男は異世界でも無双する」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く