話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バミューダ・トリガー

梅雨姫

四十一幕 女装


選抜大会を終え、今回の不審者調査に選出された一双 頼矢いっそう らいや加賀 秋仁かが しゅうじ稲童丸 影近いなどうまる かげちかの三人は、商店街周辺の市街地へとおもむいていた。

春も終わりに近づき、日が沈む時間帯がぐっと後になってきた今日この頃。
だが、町に吹く風はまだ涼しく、昼の暑さを払拭するように怪校生たちの肌を撫でては過ぎていく。

「チッ、今さらだが、マジで俺も選ばれたのかよ」

商店街へとまっすぐ進む道中、秋仁が肩を落として呟いた。

「良いじゃないか、秋仁くん。ボクは、なかなか交流の機会のない二人と組めて、内心悪い気はしていないよ?」

げんなりとする秋仁とは対照的に、影近は唯一の女子でありながらもこの状況をむしろ楽しんでいる様子である。

「俺よりやる気あった、神河や黒絹に任せたら良かったと思うんだがな」

「こうなったんだから仕方ねぇだろ。むしろ、大役任されたんだから喜べ」

「一双、お前実はヒーロー気質あるだろ」

なおも愚痴を続けた秋仁に、今度は半歩前を行く頼矢が口を出した。
何気なく繰り広げられている話だが、しかし、どこかお互いに信頼を寄せていることが伝わって来る。
少ない人数で特殊な状況下にいるのだから、自然に互いに信頼感が芽生えても当然と言えば当然なのかも知れないが。

「お?もうそろそろ着くね」

そう言って足を止める影近の視線の先、夕暮れ時でも昼間と変わらずほぼ全店開店中の商店街が、今日も霊峰町民を集わせていた。

「はぁ、来たのは良いが、当の不審者をどう探す?あからさまに変なヤツが歩いてるようには見えないが・・・」

鷲頭わしず骸木むくろぎからの情報以外はからっきしだ。しばらく張り込んでみるのが妥当だろ。人物そのものを見ずとも違和感を感じるほどのヤツらしいし、それらしいヤツが居たら気づけるはずだ」

「ボクも、ひとまずはそれで良いと思うよ」

頼矢の提案が採用され、不審者調査の一行は商店街を正面から見通せる位置に陣取り、不審者が現れるまで監視をすることにした。



―――――――――――――――――――――――――



「なあ・・・俺は、本当に今日も商店街に行かなくちゃならねぇのか?」

霊峰町の東区。
真新しい鉄筋コンクリートの建物の中、切れ目が印象的な一人の青年が心底憂鬱そうに呟いた。
彼の周りには同級生の男女が、男子一人、女子二人の計三人で佇んでいる。

「まー、なんだ、仕方ないだろ。諦めるんだな」

「言い出しっぺは痛い目を見るって、相場を知らにゃいの?」

「私たちも条件は同じだった。誠意を見せて」

三者三様の言葉だが、その根幹にある大筋は統一されていた。

質問に対する、肯定だ。

「マジか・・・そろそろ警察に捕まりそうで気が気じゃないぜ。それに、西区にはあいつらも・・・」

「ぷっふー!確かに、あっちのみんにゃに見つかったら白い目で見られそうだよねぇー!」

未だに懲りずに、ぎこちなくスカートを履きながらぼやいた青年に、猫目の少女が追い打ちをかける。

「まー、そもそもお使いごときに躍起になったお前に非がある」

「血も涙もねぇな!」

「血も涙も、流すところじゃないと思う」

「はぁあ・・・」

最後は冷静に締め括られ、若草色のブラウスと肌色のパーカー、淡いピンクのスカートを身につけた青年が、活動拠点である建物の扉を重々しく開く。

「あっ!蓮くん!忘れ物だよーん」

「げっ」

拠点を後にする直前、手渡されたモノ・・を、蓮と呼ばれた青年・・・元怪校生・高校生三年部の龍王 蓮鎖りゅうおう れんさは顔を青くして渋々受け取る。

茶色のロングヘアーのかつらを着けて完全に女装をした青年が、夕方の町にくり出した。

「バミューダ・トリガー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く