話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バミューダ・トリガー

梅雨姫

四十幕 不審者情報


梅雨の近づきを感じるような、暑く、かつ湿気の強い陽気・・・は、地下にある怪校には届かないが。
今日も、新しく導入されたカリキュラム「襲撃対策」の時間が始まった。

「気になることがあるんやけど・・・」

そう言ってゆっくりと手を挙げるのは、緑のパーカーを羽織った小柄な少女。
方眼紙を《トリガー》とし、物体を転送する能力を得た、鷲頭 零わしず れいだ。

「なんだ?零。気になることって」

教壇に立った俺は、声のした方へと視線を送る。
そして、彼女にしては珍しく、少し億劫になりながら口を開く零に耳を傾けた。

「襲撃対策」の時間の話し合いには、基本的に先生は同伴せず、決められた監督や指示なしに進められる。
何故なら万が一、以前怪校教師であった永井 幸四郎ながい こうしろうのように、敵組織から侵入してきている、所謂スパイのような人物がいた場合に、怪校生たちの持つ情報や動向が知られるような事態は避けたいからだ。

怪校生の新高校生三年部となる生徒の意識も、零へと集められた。

「ちょっと、不審者・・・?みたいなんが、霊峰町の中をウロウロしよるみたいなんよね・・・」

(不審者・・・?)

「不審者!?零ちゃん、それって、どんな?」

食いぎみに詳細を追求したのは、零の二つ隣の骸木 儚むくろぎ はかなだ。
彼女は生まれつき視力がほとんどなかった。
色々と不便をしてきたことは言うまでもないが、現在は別の感覚で視力を補うことに成功している。

聴力だ。

彼女は自らが発する音が反響し、再び聞こえるまでの時間や立体感を捉え、自身の周囲の状況を把握することに成功している。

音の反響による周囲の把握エコーロケーション」と呼ばれ、世界全体を見ると意外と多くの人々が多かれ少なかれこの感覚を使って生活しているという。

儚は、消極的というわけではないが、普段それほど自分の意見を推していくことは少ない。
そんな彼女がこれ程までに話題に食いつくということは、何か心当たりでもあるのかもしれない。

「骸木さん、食いぎみやねぇ・・・?」

どうやら儚の食いつきは、零からしても意外に感じられたらしい。
目を丸くして暫し儚を凝視しているのが妙に新鮮だ。

「あ、いや、実は、私も不審者みたいな人物の事が気になってたから・・・」

「「「えっ?」」」

数人の声が重なる。

驚きだ。
怪校生という少人数の枠組みのなかで二人も不審者について話題をあげたということは、それなりの信憑性をもつ。

(不審者、か・・・)

現時点で怪校生の持つ最大の目標は、能力者で構成されているとおぼしき組織、「双蛇の輪デュアルスネイク」の脅威から逃れることだと言っても過言ではない。

少しでも多くの情報が欲しい一方で、なかなかそうはいかないのも事実だった。
そんな中こうして、関係の有無はともかく、情報として手に入る話が出ることは前向きに捉えて良いだろう。

「零、儚、話してくれるか?お前らが気になってる不審者について」

「うん」
「もちろん」

二人同時に頷き。

先に話し始めたのは零だった。


―――――――――――――――――――――――――


ウチが異変を感じたんは、二日前のこと。

夕方の六時頃、怪校の寮から出て、夕飯の買い出しに行ったときやった。

商店街に差し掛かるところに、バス停があるんは皆知っとるよね。

その辺りを歩きよったときに、ね。

突然感じたのは、背筋の凍るような怖気おぞけやった。
何でかは分からんのやけど、妙な不快感がして、それをここ二日で、たびたび感じるようになったんよ。

感じるのは決まって商店街周辺。

不確かな情報で申し訳ないんやけど、それが今話せる全部。

でも、普通の人間とは違ってるような、そんな気がしたんよ。


―――――――――――――――――――――――――


「現時点では、こんなところやねぇ・・・」

零が、少しばかり申し訳なさげにうつむいた。

「なるほど。伝えたいことは分かった・・・が、それはあまりにも情報、っつーか、根拠になる部分が弱くねぇか?」

秋仁しゅうじが、不満そうに首をかしげた。
確かに、情報としては少ないかもしれない。

(でも、ま、儚の話しも聞いてみないことには解らないか・・・)

「まあまあ、秋仁。儚の話しも聞いて、それから考えても遅くない」

「そうだね、情報の整理や信憑性なんかは、全部聞いてから決めればいいからね!」

「・・・それもそうか」

秋仁は目を伏せ、儚が頷く。

諒太りょうたの後押しもあり秋仁が納得してくれところで、次いで儚が口を開いた。


―――――――――――――――――――――――――


私は目が悪いから、明確にそれ・・を見てはいないんだけど・・・

私が変だと思った場所も、商店街の辺り。

私は長い間エコーロケーションを使って生活してるから、人の感情を視覚以外で感じ取ることに秀でているんだけど、そのとき感じたのは―

―羞恥心と、何か後ろめたいことを抱えているような感情だったわ。

体格は、身長百七十センチくらいでがっしりとしていたから、多分男の人だと思う。

回りの目を気にしてるみたいにおっかなびっくり歩いてたから、エコーロケーションで感知したときに他の人より浮いていたの。


―――――――――――――――――――――――――


「私からは、これくらいかな・・・」

「すごいんやね、骸木さん・・・そこまでわかるやなんて。ウチは詮索とかせんかったけん、体格やなんかはさっぱりやったんやけど」

儚が語り終えると、零は感心した様子でそう言った。

「なるほどな。商店街周辺に現れる、何か後ろめたいことがあるようで、恥ずかしがってる、がっしりとした男。そんでもって、零みたいな少女に怖気を感じさせるような不埒者・・・」

要点をまとめて、俺は思った。

「・・・不審者だな。調べる必要がありそうだ。なあ、諒太?」

「そうだね。僕も一人の少女の兄として、この霊峰町に不審者をうろつかせたくはないよ」

諒太も、俺と同意見らしい。

「わ、私も・・・そんなこと聞いたら怖く、なってきたかも・・・」

小さくなって声を漏らしたのは、マイエンジェル・明日香あすかだ。
これまで黙っていたと思ったら、どうやら恐怖心を芽生えさせていたらしい。

(くっ・・・!おのれ不審者っ!俺の・・・じゃなくて、俺たちの明日香を怖がらせやがって!!明日香には笑顔こそが似合うってのに!!!)

完全に心に火がついた。

「よし!その案件、調査する必要があるなあっ!」

「おーい、神河かみかわー。背景にメラメラと燃え盛る炎が見えるぞー」

鈴が何やら言っている気がするが、関係ない。どちらにせよ、この件を見過ごすことはできないだろう。

「俺は賛成だぜ。少しでも怪しいなら、調べておくに限るだろ」

今日初めて口を開いた頼矢が、ここにきて俺の背中を押してくれた。

「輪人がそう言うなら、やるしかねぇな!」

「そうだね!」

「ボクも異議なし、だよ」

翔斗を始め、他の面々も肯定のようで何よりだ。

「よし!早速今日、商店街に行くぞ!」


―――――――――――――――――――――――――


時刻は四時。

放課になった怪校。
高校生新三年部の生徒たちは、まだ陽の高い教室で、今日の調査の選抜メンバーを決め始めたのだった。

「バミューダ・トリガー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く