話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バミューダ・トリガー

梅雨姫

三十八幕 攻防の末


「キヒヒヒ!次から次へト結構なことだガ・・・防いでいルだけデ、私に勝てるとでモ?」

自己紹介の際にエイプリルは、自らを「芸者」担当であると語っていた。
そして今エイプリルは、その名に恥じぬ軽やかな連撃をもって鈴に攻撃を仕掛けている。

「はぁ、はぁ、うるさいわね!必殺の一撃をつには、それなりの準備が必要なのよ!」

売り言葉に買い言葉、息をつく間もない攻防の最中、鈴とエイプリルは同時並行で口論を続けていた。

一見、その攻防は互角に押し進められているかのようにもみえる。しかし、攻撃の手だてを持たない鈴が少しずつ押されてきていた。

「くそっ、このままじゃ鈴が押しきられる・・・なんとかこいつを解かねぇと・・・!」

徐々に疲労を見せ始める鈴を横目に、輪人はガッチリと掴まれた四肢に力を入れる。だが、平均程度の筋力しか持ち合わせていない輪人がいくらもがいたところで、エイプリルの能力を解くことができるはずもない。
それどころか、力を入れる度に拘束は強まっているかのように思えた。

(たちが悪過ぎるだろこんなの・・・!!)

連撃に次ぐ連撃。

視界を遮るほどの砂埃が立ち込め、奇跡的にも正確にエイプリルの攻撃を捌いていた鈴の能力制御に綻びが生まれる。

「そこだネ!」

「うぐっ」

一歩間違えると鈴が展開した瓦礫の塊に己の手を打ち付けかねない危険な賭けに出たエイプリルに、しかし戦いの女神は微笑んだ。

威力重視の攻撃の中に交えた、隙をつくための速度重視の一撃。
その、手刀による正確な刺突が、鈴の肩口を捉える。

「キッヒヒッ!」

「っ?!鈴!!」

その一撃を皮切りに、形勢が一気に傾いた。
痛みからか、恐怖からか、エイプリルの攻撃を華麗に捌いていた鈴の手元が狂い始めたからだ。

「キッヒヒヒヒヒヒッ!!」

「ぐっ、この・・・っ!くっ・・・うあっ!?」

打撃の雨で瓦礫を砕き、生まれた綻びに素早い一撃を滑り込ませる。
ここに来て積み重ねられた戦闘経験がものを言い、エイプリルの連撃に鈴は対応できていない。

初めに浅く刻まれた傷は徐々に削られ、次第に深くなりはじめる。

攻防の最中に、血が、散り始めた。

「削れロ、削れロ!!そして、散レ!!」

指先に鈴の血を滲ませながら、エイプリルは嬉々として嗤う。
残酷に、残忍に。
自分はただ、これまで通りに仕事をしているだけだとでも言いたげに。

「耐えてくれ!鈴ーっ!!!」

何も出来ないまま、なんの助け船も出せないままに無力に嘆く輪人の声は、一切の打開策になり得ない。

「もウ、ダメみたいだネ??」

エイプリルが鈴を挑発して―

完全に破砕した瓦礫のなかで、幾度も柔肌に傷を刻まれた続けた鈴が膝を屈した。

両手を正面に構え、エイプリルの青い髪留めが輝いた。

―「呪衝撃インパクト」の構えである。

膝をついた鈴は、顔を伏せたまま少しも動かない。

「やめろ!狙いは俺だったんじゃねぇのか!!」

「そんな事ハ関係ないネ!邪魔をした罰ダ!・・・いや、遊んでくれタ、ご褒美かナ?キヒヒヒヒヒィッ!」

輪人が発した、すがり付く子供の悪あがきのような一言を、エイプリルは残虐な言葉の刃で絶ちきる。

「ねぇ、神河・・・・・・ホントごめん、負けたわ」

鈴が、震えながらゆっくりと顔を上げた。


涙で濡れた、くしゃくしゃの顔で謝った。


そして、ここまでの奮戦を繰り広げたにも関わらず、自分の無力さを自嘲するように、笑った。


「鈴ぅううっっ!!!!」

馬鹿な。こんなことは間違っている。
鈴は、俺を助けるために力を貸してくれる約束だったはずだ。
それがどうして、俺は安全圏で捕まってるだけで、鈴が一方的に殺されなくてはならない。
どうしてこんなときに、俺は何もできない。
何が「武器消去能力」だ。
異能力が産み出した「腕」は、「武器」ではないとでもいうのか。

いや、そんなはずはない。

だってあのとき、明日香の家で―――――


「キヒヒヒ!」


輪人の思考が、心底楽しんでいるエイプリルの笑い声に止められた。

「消えロ。呪衝撃インパクト!!」

今や鈴を殺す事しか考えていないエイプリルが、残忍な笑みを顔に張り付けたまま両腕をつきだして―



―――「風読かざよみ」―――


刹那。

鈴の体を吹き飛ばすはずであったエイプリルの両腕が、突然背後から拘束された。

エイプリルの笑い声に引かれて食い入るように場を見つめていた輪人でさえも気づかない程、流れるように、滑るような駿足で現れた輪人の親友・・が、静かにその身に宿した能力の名を呟く。

「オマエ、ハ・・・?」

「っ、翔斗!!」

「わりぃ輪人、待たせたな。・・・よう、女。友を傷つけるヤツに、俺は一切手加減しねぇぞ?」

「ッ?!」

底冷えするように冷たく、鋭い視線をエイプリルに突きつけた翔斗が、エイプリルの右腕を両手で掴み、素早い体捌きで投げの姿勢に入る。

「黒絹流、一本背負い!!」

(・・・こいつハ、怪校生なのカ!?クッ、攻撃系ノ能力、だネ・・・!身体強化ヲ、全身の防御ニ・・・)

この状況でさえ、場数を踏んでいるエイプリルの判断は早く、正しい。
地力の強い翔斗の素早い一撃から強引に逃れることよりも、来る衝撃で戦闘不能に陥る事を防ぐために防御に徹する。

「・・・派生!!!我流がりゅう一本背負い・「烏蛇カラスヘビ」っ!!!」

ドゴォッ!!

瞬間、警察署の駐車場に散らばった瓦礫が、叩きつけられたエイプリルから生まれる風圧の余力で飛散した。

「ゴ、ガッ?!」

一撃。

全ての強化能力を防御に振る事で完成したエイプリルの装甲。だが、大きくしなった翔斗の初撃・・により自慢の防御の性能はあっさりと抉りえぐり取られた。

エイプリルの身体に、衝撃が届く。

ズザァァァッ!

「ァ、??」

続いて二撃。

大きく弧を描いた一撃目の着地点から、相手を無理矢理横に引きずる追撃。

それはすでに、「一本背負い」という文字でまとめられる領域を超過していた。

己の、絶対的自信をもった防御をあっさりと破られたエイプリルは、放心状態のままに瓦礫を薙ぎ散らす。

「ブッ飛べぇぇぇえ!!」

そして、三撃。

翔斗はその豪腕をもって、かろうじて意識だけは保っているエイプリルを、垂直に空へと投げ飛ばす。

エイプリルを襲った浮遊感。
しかし、その感覚にエイプリルが気づいた頃にはすでに、自由落下が開始していた。

「ア・・・」

ズゴォオン!!

落下の衝撃で全ての防御を貫かれたエイプリルは、なすすべなく叩きつけられ、仰け反るように跳ねた。

烏蛇カラスヘビの名を持つ三連撃。

黒く輝くネックレスの光を纏った翔斗の軌道は、大胆に獰猛に、獲物に飛びかかる黒蛇の如く!!


―――――――――――――――――――――――――


許容量を大幅に越えたダメージにより沈黙したエイプリル。

それと同時に異形の腕から解放された輪人は、恐らくはその能力故にどうにか一命をとりとめていたエイプリルから、三色の髪留めを没収した。

「輪人くん・・・」

己の無力さに歯を食い縛る輪人に向けて、いつの間にか合流していた諒太が、同じく戦闘に参加することが出来なかった同情を込めて呟いた。

「バミューダ・トリガー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く