話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バミューダ・トリガー

梅雨姫

三十六幕 魔手の戦場



「鈴、それは・・・能力、か?」

わざわざ確認するまでもなかったが、こういう時に口をついて出る言葉など大抵はそんなものだ。

目前。鈴の体から伸びる無数の糸は、散乱したアスフアルトや金属片を繋ぎ合わせ、鈴自身を守る盾としての役目をもたらした。

「私にも分からない、ってのもヘンな話よね・・・きっとそう。これが、私の能力」


―――――――――――――――――――――――――


鈴の記憶の中。

初めて知った、祖母の感性が心に浮かぶ。

小さな命を大切にする、心。

小鳥のさえずりに耳を傾け

草花の香りに目尻を下げ

大切な孫の笑顔に、心からの微笑みを向ける

それは

長い歴史のなかで人類が築き上げてきた「感性」が、帰着すべき場所にたどり着いた姿。

人が手にした高等な能力をもって他の生き物を殺し、蹂躙する悪辣さではなく、磨きあげられた感性をもって他の生き物を尊び、愛する優しさ。

そう

鈴の祖母は、他の誰よりも―

―命に愛されていた。


―――――――――――――――――――――――――


「・・・だからって孫の私にこんな能力ちからを与えるなんて、神様って結構親切で世話焼きなのかもね」

「一人で解決されると俺が理解に至る余地がなくて困るんだがな」

戯言を口にする輪人をよそに、鈴は「気にするな」とでも言いたげに鼻を鳴らす。

鈴はほんの少しの間、何かに想いを巡らせている様子であった。
しかし、今は違う。
一体何に背中を押されたのか、力強く、自信に溢れた顔をしている。

「キヒィ・・・面白イ能力ちからだネ。ただの子供かト思っテ、油断したヨ・・・」

声に引かれるように鈴と輪人が振り向くと、早くも腕の治癒を完了させたらしいエイプリルが、憎悪を含んだ笑みを見せていた。

先刻よりさらに上。
「生身の高校生」に対しての戦意ではなく、「能力をもった怪校生」に対するそれをあらわにしていることは容易に感じられる。

「いろいろと幸運が重なって、どうやら私も、ようやくだけど能力ちからを覚醒できたみたい・・・」

鈴が、輪人に向けてとも、エイプリルに向けてともとれる一言を口にした。

「・・・神河」

「・・・なんだ?」

「これって私、ひよっとして神河より戦力になるんじゃない?」

「黙ってろ。今俺も、その疑いようのない事実に気づいて焦ってるところなんだ」

なんと情けないことだろうか。
今、この騒動に突っ込んできた張本人であり、体力的に女子を護るべき男子である俺は、明らかに戦力的に鈴に劣っている。

護身術を身に付け、能力により防御面を爆発的に強めた鈴。

対して俺は、武術は平凡、能力の方も現状では、敵の武器の消去のみ。
つまるところ、素手で襲ってくるエイプリルには何の影響も与えない。

「・・・鈴」

「・・・なによ」

「俺が囮になるってのはどうだ?」

「急に自分のことを餌扱いし始めるあたり、精神的ダメージが気がかりなんだけど?」

悲観的な発言と共にしぼんでゆく輪人の自信を、鈴は冗談をもって何とか繋ぎ止める。

僅かながら少し落ち着きを取り戻した輪人は、ここであることを思い出した。

「なあ、鈴。やっぱり俺が囮になる」

声量を押さえた作戦の提示に、鈴は案の定、顔をしかめる。

「だから、そんな命投げ出すような作戦、簡単には認められないの。わかるわよね?」

「いや、大丈夫だ。俺の命は保証されてる。他でもなく、あのエイプリルっていう女自身にな」

強めの口調での指摘に、俺は確固たる自信をもって断言する。

そう、エイプリルは言っていた。

神河輪人の体、特に脳を傷つけられないと。
それはすなわち、容赦なく吹き飛ばされたり、力加減無しの即死技を喰らったりはしなくて済むということだ。

「・・・確証はあるんでしょうね?」

「無かったら別の作戦考えてるだろ」

「はあ、わかった。・・・言っとくけど、私が習ってるのは護身術だから、アイツをブッ飛ばして勝利、なんてことはできないわよ?」

「問題ない。取り押さえさえすれば、あいつのトリガーを奪って能力を封じられる」

そう、そうなればエイプリルは同年代の女に他ならない。決して身体能力が低いわけではない輪人なら、恐らく拘束できるはずだ。

「お話ハ終わっタのかナッ!」

ダンッ!

「「っ・・・!」」

弾くような発生の後、脚力強化を済ませていたらしいエイプリルが、人間の限界を越えた速度で突進してきた。

足を踏み出す度に、踏みつけられたアスファルトがひび割れ、弾ける。その異様を見て、しかし鈴は動じない。
先程と同じ方法で、エイプリルの攻撃を受けるつもりだ。

「来なさいっ!」

鈴が叫ぶ。
途端に、鈴の体から純白の糸が伸び、周囲に散乱した瓦礫を引き寄せた。
つい先程エイプリルの一撃を受けた障壁はそのままに、更に二枚の障壁が、鈴の左右を守るように構築される。

「二度目も同じ守りかたとハ、少シ甘いんじゃ無いかナッ!!」

エイプリルがそう言ったと同時、身体強化の能力を宿した青の髪留めと、赤い手を顕現させる能力を宿した赤の髪留めが同時に輝きを放つ。

「っ!?」

瞬間、俺は背筋の凍るような感覚に神経を研ぎ澄ませた。

祟り女の惨手たたりめのざんしゅゥ!!!」

「くっ・・・」

鈴が歯噛みしながら強固な障壁を展開する。
巨大な壁が形作られ、前方からの攻撃ならば一切を弾きそうなほどの堅牢さが見てとれた。

しかし、だ。

鈴の背後。

またしても、鈴にとって死角となる方向から腕が伸びる。

その手は、先程までの真紅とは異なり、どす黒い紫色のなかに赤い鮮血が脈動しているかのような不気味なものであった。
そして、目を引くのはその大きさ。
樹木の幹ほどの太さの腕が、鈴の矮躯わいくを引き裂かんと迫っていた。

「うおおぉっ!」

俺は迷うことなく、鈴と異能の手の間に滑り込んだ。



――――――――――――――――――――――――


二つの足跡が、警察署に迫る。

「バミューダ・トリガー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く