話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バミューダ・トリガー

梅雨姫

三十三幕 恐怖


煙る空気の中、酸素と砂埃を同時に吸い込みながら、やっとのことで神河輪人かみかわ りんとは警察署の正門にたどり着いた。

「キヒィ、キヒヒッ・・・」

砂埃が立ち込める状況下、視覚よりも優秀に働く聴覚が、不気味な笑い声を捉えた。

(なんだ・・・?)

ぼやける視界が、微かに発される、血のように赤い光を捉えた。

「キヒィ、・・・うん?あれ?誰かナ?」

(女の声・・・?俺に気づいたのか?)

命をいたぶるような、悪意の影が差した声音で、質問が投げ掛けられた。

俺は、破壊の後に僅かに残った石塀の裏で息を殺す。

「・・・祟り女の手たたりめのて

(っ!!)

呟くような声が聞こえた途端、背中に原因不明の怖気おぞけがはしる。
そして、この刹那の行動の停滞は、背後に現れる異変への対処を決定的に遅らせた。

ぐんっ

「なっ・・・!」

時、すでに遅し。

異質で異様な赤い腕によって襟首を背後から捕まれた俺は、抵抗をさせない程の力量をもって石塀から引き出された。

「ゲホッ、くそっ、今のはまさか・・・!」

俺は、いましがた俺を襲った不可思議極まりない異能・・に、《バミューダ》との関連を疑わされる。

「キヒィ?あらぁ?虫螻むしけらかと思ったラ、違うみたいだネ・・・!キヒィ、キヒヒヒヒヒッ!!」

嬉々とした笑い声を響かせて、コツコツとコンクリートを踏む靴の音が近づいてくる。

砂埃が晴れるなか警察署の正面玄関の方から歩いてくる人物は、三色に輝く髪止めが印象的な、十代後半とおぼしき出で立ちの女性であった。

「あれ?キヒヒッ!お前ハ、もしかして、件の高校生カ?その手首ニ、着けてるミサンガ!キヒヒヒヒヒっ、今まで会っタ能力者たちとは、また違った「異能」ヲ感じるネ・・・!!」

(クソ、話が通じる奴とは思えないな・・・)

「お前はどこの誰だ!何の目的があってここへ来た!・・・っ!」

敵の正体を言及する最中、図らずも神河輪人は、その目に「死」を映す。

まさに今、神河輪人が立つ地面。
大破したパトカーへと続く、他でもなく当のパトカーによって堀り削られたであろう地面。
その地面は、えぐられたアスファルトに沿うような形で、少ないとは言いがたい量の血によって紅く染め上げられていた。

「キヒィ?やっと気付いたようナ顔だネ?」

「ふ、・・・」

言葉を発することができない。

確かに神河輪人は、今まで再三、能力者との戦闘を経験してきた。

しかし―

これまでの戦いでは、死人が出たことなど無かった。それはひとえに、敵にこちらを殺す意思が無かったためである。

代市 冬しろいち ふゆ千葉 逸ちば すぐるは、過去の戦闘でこちらに対して過激な態度をとってこそいるものの、大元は鐵 里音くろがね りおんからの指示に従っての行動であったため、本当に怪校生たちの息の根を止めた試しは無かった。

双蛇の輪デュアルスネイク」からの刺客であった永井 幸四郎ながい こうしろうは、手慣れた殺意を見せることこそしたものの、秋仁しゅうじの手を借りることで恐怖を紛らわせる事ができていた。

しかし今回は一人だ。

そして何より、目の前で人が死んでいる。


(ころ・・・人が、大人が、死んで・・・?)


思考が停止する。

甘かったのだと、本能が告知してくる。

俺はこれまでの敵を「脅威」と格付けし、結局はこちらへの殺意すら持っていなかった「対能力者組織スキルバスター」の勢力を最大の敵として考えていた。

「自分が殺される」という、決して欠いてはならない恐怖の形を、心のどこかで蔑ろないがしろにしていたのだ。

そして今、いざ神河輪人と対峙した女に、そんな個人的な事情を考慮しようなどという考えは存在しない。
女はただ、目の前の不要で邪魔な命を、奪うことを考え、行動する。

殺すことを、躊躇わためらわない。


「キヒヒッ!どうしたノ?立ち尽くしているネ?こっちから仕掛けてモ良いのかナ?」

女が膝を軽く曲げて視線を下げ、両手を軽く開いて独特な戦闘態勢をとる。

「っ・・・!」

しかし、畏怖が輪人の行動意思を阻害する。
蛇に睨まれた蛙が動けなくなるがごとく、真の、本能的な恐怖が足をすくませている。

「チッ・・・つまらないネ。殺すな・・・とは言われたけド、傷つけるな・・・・・とは言われてないかラ、遊ぼうと思ったのニ・・・」


(また、それか・・・!俺を生かして、どうしようってんだ・・・?以前永井が言っていた「世界を救う」とかいうことに、繋がりが・・・?)


女は一度嘆息して、再び口角を上げる。

「でモ、必要なのハお前の能力ちから!能力の効果ハ記憶に依存するわけだかラ、たとえ体が壊れようト、記憶を司ル脳さえ無事なラ問題ないよネ・・・!」

深い笑みを浮かべたのと同時、女の額の左側で髪をまとめている三つのヘアピンのうち、右端のひとつが赤い輝きを帯びる。

(能力の発動・・・!?さっきの赤い手はやっぱりこいつの・・・!!)

強張る眼球を必死に動かし、あくまで体は件の女に向けたまま、周囲を警戒する。

「いくヨ・・・!」

女が、神河輪人へむけて二度目の能力行使をするために構え直して―



「神河・・・?これ、なんなのよ・・・」



背後から、聞き覚えのある声がした。

それは、強気な少女に似合わない、とても弱々しい、震える声で。


「なっ!?」

「誰ダ?」


危険をしらせていた本能が漂白される。

恐怖を忘れて振り返った先には、血痕と破壊の跡を目の当たりにして、金縛りにあったかのように硬直する鈴の姿があった。


――――――――――――――――――――――――



高校生二年部より、雲雀 鈴ひばり すず、混戦。

「バミューダ・トリガー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く