話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バミューダ・トリガー

梅雨姫

裏・二十幕 ハロウィーン後日談


今年のハロウィーンは、間違いなく俺の人生史上最も色々あった。






「輪人の姉ちゃんマジで料理うまいのな!」

カボチャのカップケーキを頬張りながら、翔斗が感嘆する。

「それにはほんと同感だよ。輪人くんのお姉さん、こんな美味しい料理をあんな短時間で作っちゃうなんて!」

美しく彩られた皿からグラタンを取りながら、諒太も同じくして紗奈を褒め称える。


翔斗と諒太からの大絶賛を受け、別に自分が作ったものではないのに、それこそ自分のことのようにうれしい。

「だろ?しかも全部カボチャベースでこの味の多様性よ!このご時世、シェフやってる紗奈は客人の好みがよく分かる、ってな!」

ここは俺の家。
俺と翔斗、そして諒太は、紗奈の作った料理を楽しみながらハロウィーンパーティーを楽しんでいた。

・・・この話の続きは後々するとして。

今日起こったビックな出来事を、対永井戦後の回想も含めてフィードバックしてみようではないか。
さあ、あの戦いを終えてからどうなった?
そして俺と、絶賛片想い中の俺の天使エンジェル明日 明日香ぬくい あすかとの恋の行方は如何に?

それではどうぞ、ごゆっくり。


―――――――――――――――――――――――――


永井との戦闘を終えて、改めて気がかりなことがいくつかあった。一つは、何を差し置いてもまず、怪校高校生三年部の生徒の行方だ。
俺たちが把握していたのは、宮中 大黒の消息が不明となったことのみであった。
しかし、決戦後も三年部の生徒は誰一人として姿を現さない。
地下の訓練場や多目的エリアで行動を共にしていた、高校生一年部と中学生三年部の生徒に聞いてみたものの、手がかりはなかった。

永井の空間内に閉じこめられる際、高校生三年部の生徒たちとは分断されたか、あるいは三年部の生徒たちはその卓越した能力を駆使して永井の追跡を逃れて避難したか。

どちらにしても、姿を見せない事は心配な限りだが、それ以上の推測も可能性も、俺たちには思い付かなかった。

そして、気がかりその二は警察署による「怪校」制度の廃止。
理由としては、警察内に能力者がはびこっていた事実と、そのうち複数名の犯行による、生徒への負傷事件。

学生の能力者の保護を担当していた人員のほとんどが「双蛇の輪」と関係していたため、単純に安全性の確保ができないからだ。

では、俺たち怪校生はどうなるのか、だが。

俺のように住む家がある生徒は、明日香をはじめ以外と多くいた。それ以外は、警察の用意した寮に住んでいたので、住む場所に問題はない。

次に学び舎だが。

じつは、能力者の保護を担当していた人員のほとんどは敵組織に関わっていたのだが、ほんの数名は真に怪校の運営にのみ携わっていた事がわかった。
その数名と警察の計らいにより、警察署には及ばないものの、それなりの規模と安全性をもった建物もとい新たな学び舎の建設が決まった。

しかし同時に、怪校生にとって避け難いある事項が決定された。
それは、怪校生に対して明らかな害意を持っていた組織、永井 幸四郎ながい こうしろうも所属していた「双蛇の輪デュアルスネイク」と、同じく少なからず生徒に害を与えた、鐵 里音くろがね りおん率いる「対能力者組織スキルバスター」の無力化を、彼らに勝ちうる能力ちからをもった学生、怪校生で行うというものだった。

なげやりだと感じた。

怪校生の多くには家族がいないから。
反対する親御がいないからといって。
俺たちに押し付けるのは間違っていると。

しかし、この事項に反対を表明する者こそいたものの、最終的に離脱を決める生徒はいなかった。


―避けられないと、わかっていたから。



―――――――――――――――――――――――――



激動の夏休みは明けたが、新しい学び舎が建設されるまではさらに数ヶ月かかるようだった(ちなみに、俺は決してこの数ヶ月を遊んで過ごしたりはしない・・・予定だ)。
結局、普通の高校生のように体育祭を楽しんだりはできないようだが、ある意味特殊な境遇の俺たちにとっては、それも致し方無いと割りきっている自分もいた。


―――――――――――――――――――――――――


俺はしっかり自主的に、勉強に対して勤勉に勤めながら(ここ重要)時をすごして―


「ハッピーハロウィーンだねー、輪人」


今日は十月三十一日。

休日を愛してやまない主義の俺でさえ飽きるほど長い連休の、およそ三ヶ月目だ。
ハロウィーン当日の俺の朝は、なんとも締まらない間の抜けた声で始まった。

そして、目を開けると写し出される、義理の姉、紗奈の姿。

思考は一時停止した。

黒いハットに、これまた黒いローブ、エプロン、黒いスカート。

ローブを着ているのにエプロンやスカートまで履いているので、多様な布が大渋滞だ。

恐らく魔女の格好を目指して頑張ったのであろうが、所々もの申したいところがあった。

まずは顔。

口が裂けて見えるメイクをしている。
どこで覚えたのかクオリティーこそ高いのだが、魔女の口が裂けてなどいたら、それは恐らく、純粋に大怪我を負った魔女だ。

魔女と、ゾンビかなにかを混同しているのかもしれない。

そして背中。

何を隠そう、というかむしろなにも隠れてはいないし隠す気もないのだろうが・・・羽が生えている。

俺の記憶が正しければ、魔女とは断じて羽で飛ぶのではなく、ホウキで飛ぶはずだ。
どこかの夢の国の、緑の葉っぱの服を着た金髪の妖精と混同しているようだった(もはやどう間違えればそうなるのかは不明)。

そして最後に小道具。

ホウキの代わりに料理用のおたまを持ったなんちゃって魔女さんは、首から十字架を下げてクマの刺繍のはいったピンク色のスリッパを履いていた。

(ああ、おたま持ってるからホウキ待てなくて、だから羽が生えてんのかな・・・)
などという論理的な思考が頭をよぎる。

俺は数秒(体感では数分)の沈黙を破り、もっとも適切な声を紗奈に投げ掛けた。


「・・・・・ああ、紗奈か。おはよう」

「あれー、輪人何でそんなにノリ悪いの」


今朝のご飯はカボチャのパイと牛乳だったのだが、寝覚めで紗奈の格好にスパイシー過ぎる衝撃を受けていたお陰で、パイの深い甘味をより一層楽しむことができた。


さて。

俺はひとつ、世の中に問いたいことがある。
それは他でもなく―

―世の高校二年生が、ハロウィーンを最も充実したものにするためには、一体何をすればいいのだろうか、ということだ。

例えればそうだ。

仮装して、夜の町を練り歩くのはどうだろうか。

一般的な大都会の若者に対する俺の偏見かもしれないが、あの辺りのパーリィなピーポーはハロウィーンをそうして過ごすのが通例なのではないだろうか。

だが、霊峰町でそれをするのは難しい。
紗奈の話では、そのような風習は準都会未満であるこの街には無いらしいからだ。
ハロウィーンやクリスマスの仮装を一般の人々の目にさらす人たちは、それこそ限られた人たちだ。
例えばそう、デパートやコンビニの店員なんかが当てはまるだろう。

となるとやはり、友人たちと楽しくホームパーティーと洒落込むのがダントツなのではないだろうか。
丁度良いことに、今日は紗奈が休暇だ。
本人自ら、「フフーン、輪人、私ハロウィーン休暇とったよー」等と口にしていたので、まず間違いない。
ここは、仲の良い翔斗や諒太を誘って俺の家でパーティーをするのもいいかもしれない。

川に沿って道を行き、ひとまず翔斗の家に行くことにした。


―――――――――――――――――――――――――


そして今、俺は明日香の家の前にいる。


(なぜこうなったのかを話すつもりはないし、話したところで万人に激しく引かれた後に変質者のレッテルを貼られて俺の人生が終わりを告げるだけなので教えない)

「俺は勘違いをしていたのかもしれない」

そう、俺は失念していた。

ハロウィーンだろうとクリスマスだろうと、果ては何気ない一日や休日であろうとも。
やはり、ずはぬけて幸福で愛に充ち、かつ楽しめる楽園のようなシチュエーション。
それは他でもない。

―好きな人と共に、時を過ごすことだ。


しかし俺は、なかなか明日香の家のインターホンを押せないでいる。
何故なら、俺が明日香とハロウィーンの夜を楽しく過ごす理由・・・もとい明日香に会いに来る理由を、明日香本人に説明できる気がしなかったからだ。

もしも俺のこの心の葛藤が誰かに届いていたならば、恐らくその誰かはこうアドバイスをしてくださることだろう。

「あなたが好きだから会いに来たって、素直に言えばいいじゃん?」と。

しかしここで問題となるのは他でもなく、俺の心だ。
この情報社会、実際に面と向かって人と話す機会がめっきり減っている。

そして反比例の要領で増えているのは、女子と面と向かって話すことに抵抗をもった弱き心を司る、生粋の超絶シャイボーイたちだ。

何を隠そう、俺も余裕でその内の一人である。

「やっぱり明日香へのアタックはまたの機会にするか・・・」

ハロウィーン特別企画である、「仄かで儚い俺の恋路の進展計画」を諦め、今度こそ翔斗の家に行くために引き返そうとした、そのときだ。

「り、輪人くんっ?!えっと、今呼んだ?」

聞き覚えのある声に、反射的に振り返る。そこに佇み、俺に向かって笑顔と視線をレーザー光線のごとく照射していたのは、当の明日香であった。

「へぶんどぅすっっ!?」
「わわわわっ!?」

思わず俺が常人には発し得ない異国の言語のような奇声をあげ、驚いた明日香が慌てふためく声が次いで響く。

お使い帰りの明日香が驚きのあまり取り落として割ってしまった卵を弁償するために、俺が必死になって町内を奔走したのは言うまでもない。


―――――――――――――――――――――――――


「ごめんね輪人くんっ、私抜けてるとこあるから・・・」

「いやいや、いいって全然!俺の方が世間一般的に見たらかなりの変人状態だったし!」

あたふたと両手を動かしながら謝る明日香に、俺は全くもっての正論を以て俺自身の行動を戒めにかかった。

「?輪人くんは変人なの?」

「その通り!俺は純度百パーセントにして生粋の変人・・・って違うよ!?」

普段は、割とクールで情熱的な(矛盾はスルーしてほしい)俺だが、時たまに愛しい程の純真ハートと天然属性を遺憾なく発揮する明日香に激しく切なくたじろいだ。

天然な意見に対して、弁解は大切な行程だ。
さすがに明日香本人にまで変人認定されたらもう引き返せなくなる。

「・・・これ美味しいな」

俺は机に置かれる平らな皿に盛られた、明日香の母親の手作りであるというバタークッキーの香ばしさに表情を緩めた。

「お母さん、料理は苦手だっていうんだけど、お菓子作りは得意なの」

「へぇ・・・」

話の内容にではなく、嬉しそうな明日香の必殺技である天使の微笑みエンジェルスマイルに声を漏らしてから、俺は取り繕うように次のクッキーに手を伸ばす。


買い直しを終えた俺は、明日香の家にあげてもらっていた。


ちなみにこの時点で明日香の母親はくねくねしながら、嘘丸分かりの忙しげな芝居をして「私ぃ、ちょっと用事があるからぁ、お二人でごぉゆっくりぃいー!」と言い放って家を飛び出している。

俺も明日香も高校二年生という青春真っ盛りな時期だ。
俺が明日香に何かしないかとか気にならないのだろうか。まあ、何をするわけでもないが。明日香の母親に対する俺の第一印象は「過保護よりの人」だったのだが、以外と放任主義なのかもしれない。

「それにしてもこのクッキー良くできてるよな・・・家で紗奈にも作って貰って、食べ比べてぇくらいだ」

「・・・え」

―瞬間、空気が凍った気がした。

明日香の顔色がおかしい。
青ざめたような、それでいてなにかに対して憤りを抱いているような、そんな表情をしている。
体調が悪いのだろうか、それとも何かまずいことを言ってしまっただろうか。

心配になり、声をかけようとして―

「り、輪人くんっ!」

俺の言葉は発するまでもなく、今度は顔を真っ赤にした明日香の言葉に遮られる。

「ど、どした??」

「わ、私、あんまりそういうことよくないと思うのっ!別に、ぜ、絶対ダメって訳じゃないし、私となら別に・・・と、とにかくっ!きっと、ま、まだ早いっていうかなんというかゴニョゴニョ・・・」

唐突に炸裂するマシンガントークに若干以上に気圧されつつ、会話の内容を丁寧に理解しようとする。

しかし、解らなかった。

「え、えっと?何の話・・・かな?」

恐る恐る問う俺。

しかし明日香の口から返ってきたのは、想像を越えたものだった。

「だ、だ、だからっ!高校生ではまだ早いと思うのっ!だ、男女の、ど、同棲・・は・・・!」

「ほえーーーーー」

一気に畳み掛けるようにぐいぐい詰め寄ってくる明日香。
あまりの突飛さに魂が抜けかけるのを、間一髪のところで押しこらえた。


(・・・なんということでしょう)


どうやら明日香は、盛大な勘違いをしているようである。

それも、その内容は、恐らく俺に対する評価がゴリゴリ下がってしまうような、至極不埒な方向で。

「あの、明日香、さん?ちょっと勘違いしてるとおもうのだけれど?」

「へっ?」

「だからさ、つまり俺。義理の姉と暮らしてるんだってば。紗奈ってのは、姉だよ。前に話したことなかったっけ?」

途端、眼前に迫った明日香の顔が引きつる。

その表情は、己の失念に対する呪詛の念であるようにも見え、許容量を越えた羞恥からくる、いわゆる「穴があったらなんとやら」の理念を称えたものにも見えた。

「あっ、あ・・・あっ!そうそうっ!輪人くん、今日は天気も良いし絶好のハロウィーン日和だよねぇーっ!?何て言うかこう、カボチャも喜ぶ晴天的な?あは、あはははは!じゃあ私、ちょっと急用思い出したから部屋にいってくるねっ!!声かけてきても気づかないかもだからヨロシク☆」

(無理があるだろぉおーーー)

有無を言わせぬ烈火の言い訳を並べた明日香は、間髪入れずに席をたつ。
ドタドタと廊下を駆け、ドアを閉める音を立てた後にガチャリというこれ以上なく分かりやすい施錠の音を残して、俺の視界から姿を消した。

そして。

ひきつった笑顔を張り付けたまま心折れた明日香は部屋にこもり、俺はただひとり、想い人の家のリビングでクッキーを食べる、怪しくも悲しい不審者となった。

口だけの用事から帰ってきた明日香の母親が、不思議そうに明日香の部屋を凝視していたのは言うまでもない。


―――――――――――――――――――――――――


と、まあ、こんな事があったわけだが。
俺のスパウィスィーなハロウィーンの昼は、無事に終息を遂げた(明日香と俺との関係性がアレになったのは置いておくと、だが)。


そして今、俺は初めに予定していた通りに翔斗と諒太を誘い、家でホームパーティー(withハロウィーン)を開いている。
こんな平和なハロウィーンを、来年も、今度はみんなで一緒に迎えられたらな、と。
大人な俺は思慮深く考えていた。


「輪人ー!今日はありがとなー!」

「紗奈さんも、ありがとうございました!」

時刻は午後八時。
「泊まって行けばいいよー」という紗奈の提案はさすがに断った翔斗と諒太が、門前で手を振っている。

「いつも輪人がお世話になってるし、お互い様だよー。それに、前は迷惑かけちゃったしねー」

「気を付けて帰れよー!」

俺も手を振り、二人を見送る。

「輪人も、姉ちゃんと風呂入った後は湯冷めしねぇうちに服着ろよー!」

「入らねぇよっ?!」

「いつもは一緒に入ってるのにねー」

「勘違いされるからマジでやめてね!?」

「はっははは!じゃあなー」

「輪人くん、頑張れっ」

無事に成功をおさめたパーティーはお開き。
最後に軽口を交わして、俺のハロウィーンは終わりを告げた。

その日の夜はとても寝付きが良かった。

ただひとつ余計だったのは、夜、本気で風呂に乱入を試みてきた紗奈を撃退することになった事くらいであった。









かくして俺は、当初の目的へと舞い戻った。

さて。

あと約一ヶ月後には新設の怪校が開校(決して洒落ではない)する。
高校生三年部の行方は未だわかっていないが、俺たちは己の身を護ることを考えるべきだと、警察からも言われている。
自分で言うのもなんだが、恐らくは俺が最も危険な位置にいるのだろう。

皆を傷つけずに。

願わくば誰も傷つけずにー

敵の組織をすべて無力化する。

解らないことだらけの今言えることは、俺自身の、この決意だけだ。

「バミューダ・トリガー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く