話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バミューダ・トリガー

梅雨姫

十九幕 決断

頭上からの攻撃。それは、人単体の質量、そして重力。それらをすべて有効に使って仕掛けられる、限りなく優勢な攻撃。
対人においては、よほどの怪力でも誇って無い限り、下手の学生などが押し返せるようなものではない。
まして、相手が大人であれば。
そして神河輪人には、そんなものを押し返す力など無かった。

バチッ

頭上から投げかけられた、電流の音。
気づいたときにはすでに、永井はすぐそばにまで接近していた。

「残念だねぇ、輪人くん」

「っ!?」
(上から・・・!?)

とっさの判断。背後を棚に預け、警戒していた方角は前方と左右。
しかし、そのどれとも異なった上からの攻撃に、人体はどうしようもなく対応に遅れる。

俺の視界は限りなく狭まっていた。
青白く電光を走らせたスタンガンが、ゆっくりと、確実に迫ってくる。
しかし体が動かない。
首筋をめがけてつき出された腕。
永井は、その顔にありありと狂気を浮かべていた。

「おやすみ、すぐ皆と会えるさ」

最後の足掻きとばかりに俺は横に首を振る。しかし、遅い。

冷たく光る電極が、輪人の首に触れ―



怠惰即ちアインワークっ!!」



声がした。

と同時。目前に迫った永井の腕が、下方から振り上げられた腕によって、弾かれる。

辛うじてスタンガンを取り落とすことを防いだ永井が、驚異的な身体能力で後方へ飛び下がった。

「おい神河、言っておくがこれは貸しだ」

「し、秋仁・・・!」

そこに立っていたのは、紛れもなく秋仁であった。
突然現れた怪校の生徒、それもクラスメイトに、安堵と疑問が頭を過る。
なぜここに居るのかという疑問。
しかし俺は直ぐに、秋仁の能力を思い出した。

(携帯間の移動っ!)

「じゃあ、あの割れたスマホは・・・」

「チッ、やっぱそうかよ。買ったばっかなのに勘弁してくれよ」

聞きたくなかった事実を聞いた様子の秋仁は、苦い顔を作って舌打ちをする。

「だがまあ、電源が入っていたのは幸運だったな」

そう言われて俺は、つい先程の己の行動を思い出す。

「ん?電源なら俺が入れたんだが」

「ハッ・・・まぐれの種が花開いて大ラッキーってことか」

忙しいことに、今度は呆れた様子でため息をついて秋仁は僅かに目を細める。

「しかもポケットに入れて持ち運んでいたとは・・・もはや強運のレベルに収まらねぇんじゃねぇか?」

「へっ、まあお陰でスタンガンも回避できた訳だしな」

「だからそれは強運じゃなくて俺のお陰だっつの」

互いに言い切って、俺と秋仁は僅かに広角をつり上げて悪い顔を作って笑い合う。


「邪魔をする形になるかもしれないが、もうちょっと危機感を持った方がいい」

声のする方向には、もはや冷徹そのものと化した表情の永井が立っていた。
全く動揺の無い相貌に、容赦はない。
そして、おもむろにスタンガンの持ち手の方を捻る。すると、彼の武器に変化が起きた。持ち手が延伸し、両端に電極が現れる。
バチバチと、スパンが圧倒的に速くなった電光スパークの音が連続する。
静寂を宿す多目的エリアに、その連続音のみが不吉に響く。

「これは、俺が得物にしている武器・電撃棍エレクトールだ。無論、人間の捕獲などという生易しい目的には使わない。俺がこれを使うのは、対象を殺傷するときだ・・・・・・・・・・。」

言って永井は、変則的な回転をもってして予測の困難な棒術を披露する。
双極の電光が描く青白い光の残像は、美しくも恐ろしい、死の光。

「チッ・・・生身の学生にそんな反則技を使うのかよ」

「さっき思いきり俺の腕を打った加賀君が言えたことかい?」

「スタンガン振り回して襲いかかってきた先生の言えた事ですか」

間の抜けた、生意気な言葉のやり取りのうちにも、俺と秋仁と永井は出方を測り、相手を窺う。否、出方をどうこうと考えているのは、恐らく俺と秋仁だけだ。
永井の方はというと、今までこなしてきたであろう対人戦闘によって培われた経験値の成果か、余裕の表情だ。

―勿論、冷たい表情かおであることに変わりはないが。

「神河、携帯を貸せ」

小声で、秋仁が俺に言った。







異次元空間の中、これ以上なくもどかしい気持ちを懸命に押さえて、怪校生たちはいた。
永井の用いたこの能力は質が悪く、外からぶち込まれたが最後、中から外へ脱出することは叶わないという、さながら監獄のようなそれであった。

「・・・それじゃあ永井あいつは監守ってとこだな」

何となく考え出した永井の立場を、なんとなく翔斗が口にする。

「ん?何か言った?」

「いや、何でもねえよ。ただ・・・心配なだけだ」

諒太の問いに、曖昧に取り繕った後の本心で答える。神河輪人は喧嘩や戦闘にむいていない。加賀秋仁もそれはたいして変わらない。何せ彼は、今日までインドアのゲーマーだったのだから。
戦うだけの力を持った己が参戦できないことが、本当に遺憾であり、苛立たしかった。




異次元空間の片隅(どこまで広がっているのかは不明なため、そう表すのが正当かは不明だが)に、二神姉妹はいた。怪校に転入してからこれまで、少なくとも植原京子の前ではよく言い争い・・・時にはそれ以上の争いを繰り広げて見せてきた。
その度に京子が止めに入るという流れが、もはや日常と化していたほどにだ。
互いによく似た顔立ちの二人は、しかし双極する存在であるかのように趣味趣向の違いがあった。
例をあげるとするならば、陽は長く伸ばした髪を肩にかけているのに対して、暗はというと、ショートカットにした髪を特に纏めたり整えたりするわけでもなく無造作に遊ばせている。
髪の事で言い争いに発展したことも何度かあった。
他にも、陽が甘党で暗は辛党。暗が体育会系で、陽は文化系であるなど、要所要所で相反していた。
その二神姉妹に一つだけ共通しているのは、読書が好きということだ。ジャンルにおいても、二人とも恋愛ものが好きということで一貫していた。

くれってホント機転が利かないわよね。さっきのだってもうちょい暗が気を付けてたら捕まらずにすんで、必然的に私が動揺しないで完璧な対応をすることができたはずなのに」

「よく言うわね、ようの場合は出てきたのが永井先生だとわかった時点で安心感で後先考えずにすり寄っていくでしょバカだから」

「なに?私がバカって言ったの?信じられないんだけど!?」

「事実を言っただけだもーん」

「何よ!」

「何なのっ?」



「・・・はぁ」

つい先程もあった喧嘩。あまりの頻度と過剰なまでのエスカレートだ。
さすがの京子も、立て続けに起こる異変の影響もあってか、ただ嘆息するのみである。

「京子・・・」

その京子を見つめる兄、シスコンの諒太もまた、嘆息しつつ心配の目を向けていた。
この件が一段落したら・・・一段落させたら。きっとまた一緒にお菓子作りをして、第二百三十四回・映画観賞会をしようね、と。そう思いながら。







「長くはもたないだろう・・・」

言葉を響かせ、永井の姿が虚空に消える。

つい数分前であれば、それは計り知れない不安と焦燥を感じざるを得なかったであろう「能力」だ。
分からないことが多すぎた。
まずは根本的に、なぜ永井が俺たちを襲ってきたうえ、怪校生を拘束などしているのか。
学生しか巻き込まれていないはずである《バミューダ》。それに巻き込まれた学生のみが得る可能性をもつはずの能力を、なぜ永井が持っており、それを行使してくるのか。

一体、何が目的なのか。

だが既に、考える余地を捨てなくてはならない状況になっている。


助けるべき、救うべき友だち



確固たる目的と、戦う理由があった。






「・・・さあ秋仁、永井をぶっ飛ばす時間だ」

「ああ。出てきたがお前の最後だ永井」






二人の少年は、双蛇の輪・「監守」担当、永井幸四郎に立ち向かう。 
                     

「バミューダ・トリガー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

  • 梅雨姫

    すみません、ペルソナの設定などは知らないのですが、さまざまなアニメをよく見るため、何かと見たことあるような展開は感じられるかもしれません

    4
  • ノベルバユーザー261299

    ペルソナみたいだな

    4
コメントを書く