話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バミューダ・トリガー

梅雨姫

裏・十二幕 アビリティ・ラッシュ


今は八月だというのに、今日は妙に涼しい。
だから僕は今うれしい。
暑い日に涼しくてうれしい、っていうのは、まあ、普通のことかもしれない。
でも僕はべつに、涼しいことに対してうれしいと感じているわけではない。単純に言うと、冬が好きで、夏が嫌いなだけだ。

だから今日は、何だか秋が―
―冬が近づいているようで、うれしい。



僕の名前は武石 秀雅たけいし しゅうが
一年ほど前に、怪事件《バミューダ》に巻き込まれたってことを除けば、普通の高校一年生だ。
僕は怪校に入って一年が経つわけだが、今日になって、ちょっとした行事が行われた。
その行事の名は、「能力検定」。
《バミューダ》から生きて助かり、《トリガー》を持つ僕たちは、「能力」ってのを使える可能性を持ってるらしい。
最近、怪校に通う生徒を狙った事件が起きたこともあり、自衛の意味でも「能力」を使えるに越したことはないということらしい。

結論を言うと、僕は能力を使えなかった・・・・・・
僕の学年は三人しかいない。
そのうち、能力を覚醒することが出来なかったのは僕だけだ。

そう言えば、後で来た高校生二年部の担任である永井先生の話では、他の学年では全ての生徒が能力を覚醒したらしい。

「バミューダ・トリガー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く