話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バミューダ・トリガー

梅雨姫

十幕 明日香リヴァイバル


「輪人君、これなぁに?ミサンガ?」

そう言いながら、第二の襲撃者千葉ちば すぐるが右手を掲げる。

「くっ、お前っ!それを返せ!!」
俺の周りで起きた《バミューダ》に巻き込んでしまった実の姉恭香きょうかの、形見であるそのミサンガを、逸に掴まれていることが腹立たしい。

「そんな怖い顔、しないでくださいよぉ!大丈夫ですよ!こんなゴミ、ちゃんと切り刻んで捨ててあげますから!!」

そう言って逸はミサンガを放り、そのまま手に顕現した刃で切り裂こうと、右手を振り抜く。だが―

そこにあるはずの、黒く光る死の刃は、空を切ることさえ出来なかった。
すなわち、跡形もなく・・・・・消滅していた・・・・・・

「あらら?」

拍子抜けしたような声をあげ、逸はバランスを崩す。

そして、輪人もまた、その隙を逃すほど鈍くは無かった。

「お・・・ラァッ!」

一歩、二歩と逸に迫り、右手を軸にして逸の左足を蹴り払う。

「ぐっ」

バランスが崩れていたところに追い討ちを食らった逸は、廊下に後頭部を打ち付けた。

うめいてはいるが、頭を押さえながらも立ち上がろうとしているのを見る限り、まだ引き下がってくれそうもない。

俺は逸が立ち上がるまでの間に、先ほど放られたミサンガを拾った。

再び記憶が呼び覚まされる―



―――――――――――――――――――

私は―

輪人が死ぬまでは生きて

見守ってたいかなー

子供扱いすんなよ

4歳も離れてたらしちゃうでしょー

子供扱いぐらい

・・・・・

輪人

ん?

ずっと見守ってるから

うん、勝手にどうぞ

輪人は反抗期だ!

違うね!

――――――――――――――――――

先程まではなかった記憶、空白の中に溶けていた記憶。

恭香の言葉、温かい記憶。

かつて俺に、希望をくれた記憶。





翔斗しょうとは、親父みたいに強くなりたいと願った。
俺は、この時間がこれからも続いていきますように、と願った。
単純に、翔斗が強くなりたいと願ったことが、翔斗の能力に反映されていたのならば―

(俺も、そうなのだろうか?)

だとすれば、俺が発現したのは、一体どういう能力なのだろうか。

(何があったか、思い出すんだ・・・)

逸の攻撃により切られたミサンガが俺の《トリガー》であり、逸はそのミサンガを掴んだ。
その後、逸の能力と思われる黒い刃が、消滅した。
武器にのみ反応したということは―

(武器の無力化か?)

そこまで考えたところで、逸の攻撃が再開する。だが、頭の打ち所が悪かったのか、足はふらついており、死刃射いばいの命中性能も落ちている。これならばかわしていけるかもしれない。
だが決して無視できない、明日香親子のことが心配だ。明日香が動いたように見えてからも刻々とが過ぎている。
何らかの奇跡が働いて彼女が息を吹き返したのだとしても、胸の出血がある。
急いで処置をしなくては、このままでは今度こそ、本当に死んでしまう。

(攻撃をかわしつつ、隙をついてもう一度床に打ち付けてやれば、勝機はあるっ!)

しかし、そんな考えは甘かった。

「くそぉっ!!神河 輪人かみかわ りんと!もうやめだ、こんなチマチマ攻撃なんかしていられるかっ!」

そう言うと、刃の形に形作られたエネルギーが、その形を失う。
そしてグローブに再び宿った黒いエネルギーに、俺は見覚えがあった。

(代市 冬しろいち ふゆの、衝撃波っ!!)

「消え失せろ!神河 輪人ォ!!」

雄叫びとともに膨れ上がるエネルギーは、目視にしておよそ、冬の倍以上。

(あいつと違って、形が見えるだけマシだがな・・・!)

冬の一撃でさえ、家屋の壁を砕く代物であったというのに、その倍となると一撃で家が吹き飛ぶ可能性もある。
そうなれば、俺はもちろんの事、まだ息のある明日香や、その母親も生きてはいられないだろう。
無論、かわすことなど出来ない。
増幅されたエネルギーを止めるには、賭けをするしかなかった。

まだ効果が不確定な、能力の行使。

逸の左手の武器は消えていなかったことから、先ほどまでの考察が正しければ、ミサンガから一定範囲の武器を消滅させることが出来るはず。

(1ヶ所に集束されたなら、あるいは!)

生死を分ける賭けに出る。
俺は逸の手に向かい、ミサンガを放った。そして、ミサンガが黒いエネルギーに吸い込まれていった瞬間―

恐ろしく増幅していたエネルギーは、嘘のように消えた。

「なっ、なんだと?!・・・ちぃっ!!」

動揺する逸。だが、立ち直りが先ほどより早い。すぐさま、右手に黒い刃を形成し、再び俺に向かって放とうと構えた、そのとき―

逸の頭上から、明日香自宅のリビングにあった椅子が、勢いよく降り下ろされた。

「がっふ、、、」

予想だにしない一撃に、逸は白目を剥いて崩れ落ちる。脳天を直撃した椅子は、逸とともに床に転がった。

「な、にが・・・?!」

俺は状況が理解できないでいる。なにせ、この家にいたのは逸を含めて4名、うち二人は倒れ、残る二人で戦闘を行っていたのだ。
また、逸は玄関をバックにして廊下に立っていたため、誰かが入ってきたら気づけた筈だ。

(一体、誰が・・・?)

次の瞬間、その答えを知ることになったが、それは到底理解し難いものであった。


息を荒くしながら、リビング側の扉から出てきたのは、逸によって胸を貫かれ、つい先ほど俺の手の中で一度息絶えたはずの―


明日香であった。


「えっ・・・と、輪人君、私、何で、?」

口を大きく開いたまま硬直する俺。

そんな俺に明日 明日香ぬくい あすか

俺が発するべきセリフを、放った。


「バミューダ・トリガー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く