ぱらのまっ!@異世界現代群像のパラグラフ

木木 上入

29 教室

「駿一! 起きてよ! 駿一!」「うん……悠……」「もう! もうすぐホームルーム、始まるよ!」「ああ……そうだったっけ」
 駿一は朦朧としながらゆっくりと上半身を起こし、ぼんやりした頭をどうにか覚醒させつつ、黒板の上の時計を見た。時計はもうすぐ九時を指すところだ。もうすぐ朝のホームルームが始まる。
「いや、変な夢を見ててな。中学の時に亡くなった、悠って奴が化けて出てきてさ、それで俺に憑りついて大騒動でさ」
 そう。俺は長い夢を見ていた。夢の中には悠の霊が居て、変な宇宙人が居て、変なビッグフットも居て、変な雪女も居て……そうそう、変な巫女さんも居た。不思議なことに、今でもはっきりと思い出せる。
「駿一、それ、夢じゃないよ」「うん?」「ほら、あたし、悠だよ。幽霊の悠っ!」「んあ!?」「もう、そそっかしいんだから、駿一ったら!」「……すまん、まだ夢の中だった。もう一回寝るわ」「寝るな! てか先生来ちゃうよ!」「そうか。はぁ、悪夢はまだまだ続くな」
 俺ががっくりと肩を落とした時、ちょうど教室のドアが開き、先生が入ってきた。
「はい、みんな席に着いて、ホームルーム始めるわよー」
 俺はぼやけた頭のまま、日直の号令で、起立、礼、着席を一通りやった。
「さて、早速だけど、転校生を紹介するわ、入っていいわよ」
 俺は、こんな時期に珍しいなと思いながらも転校生の方に目をやった。
「うおー、随分派手なのが来たな」「赤毛に緑髪か、いかしてるじゃん」「次の風紀検査に引っかかるだろ、ありゃ」
 教室の中に、次々と転校生についての感想が飛び交っている。が、俺はみんなの様に、気軽に感想を口走る事が、どうしてもできなかった。今、目の前では、俺にとって恐ろしく重大な事態が起こっているのだから。
「お……お前らまさか……」
 さっきまで寝起きだった頭が、一気に覚醒した。にも拘わらず、目の焦点は逆に定まらなくなっている。
「ヴェルレーデン国際高校から転校した二口来実ふたくちくるみですプ。今日からお世話になりますポ」「ヴェルレーデン? 聞いた事無いな」「私立かな?」「かわいいな」「いや、美しいって言うんだよ。ああいうのは」
 皆がまた、口々に感想を言っている。
「じゃあ次、碇夢テイムちゃん、どうぞ」「ティムだ! 森の方から来た!」「アバウトな自己紹介だな」「あだ名か?」「田舎の子?」「駿一、邪魔してるぞー!」
 ティムが確実に怪しまれそうな自己紹介をした後で、俺の名前を呼んで手を振った。仕方がないので俺もこっそりと手を上げて相手をしたが……正直、勘弁してほしい。
「あら、碇夢さん、駿一と知り合いなの?」
 先生がティムに聞いた。
「うむ、この三人、皆、駿一と知り合いだぞ!」「そうなの。じゃあ席は近い方がいいわね」「そうしてもらえると助かりますピ」「三人……って事は、雪奈も?」
 ティムの「三人」という言葉を聞くと、俺は雪奈を探した。
「……ここに」「あ……」
 教壇の上に立っていても存在感が薄いのか、俺は言われるまで気付かなかった。
「きゃー! かわいい!」「お人形みたい!」
 雪奈が女子の反応に、僅かに首を傾げると、教室は更に女子の悲鳴で沸いた。 この程度で舞い上がる女子も女子だが、こいつらが来たからには、どんな形であれ混乱は必須だろう。一体どうしてこんなことになっているのだろうか。
「ええと、じゃあ剣持君と後藤君。それから……」「ほら、あんた、どきなさいよ。きゃー! 雪奈ちゃん、ここ座ってー!」
 女子の悲鳴がキンキンとうるさい。 俺の周りに座っていた三人は、先生と、キンキンとうるさい女子の一言で席を移動した。
「迷惑な話だな、転校生三人が図々しく人を押しのけて、俺の周りに屯するとは」「いきなり迷惑をかけて申し訳ないプ」
 ロニクルさんが、俺の右隣の席へ座りながら言った。
「ま、いいさ。この方がお前らが変な事をしそうになった時に、すぐ止められそうだからな」「正式な席の配置は追々決めるから、取り敢えずその席で我慢してね。では今日のホームルームを始めます」
 先生の声が教室に響く中、俺は悠に話しかけた。
「それより何でこんな事になってんだよ」「実は、ロニクルさんが言い出した事なんだけど……」
 悠がロニクルさんの方を向いた。
「例によってか。まあ、想像は付いてたが……」
 溜め息をつきながら、俺もロニクルさんの方を向いた。
「ロニクルは駿一との暮らしで、地球人の事については色々と知ることができたピ。ロニクルにとっても、楽しくて有意義な時間だったプ。でも、まだ知らない部分が残ってるんだポ」「なるほどな、一理ある。が、他の二人が居るのはどういうことだ?」「ボクも人間の生活には興味があるんだ。それに、色々勉強して、村の奴らを見返してやりたい!」
 ティムが俺の左隣から、ホームルーム中だというのに、無駄にでかい声で言った。
「あら、碇無さんはやる気満々ね。やる気のある子が来て、先生も嬉しいわあ」
 先生は呑気にそんな事を言っている。もしかすると、この学校が崩壊する危機が訪れるかもしれないというのに。 勿論、学級崩壊ではない。いや、その危険も十分にあるが……ティムが少し暴れれば、この校舎など容易く崩してしまうだろう。
「私は……二人がやるって言うから……」
 雪奈は俯きながら、小声で言った。
「その……無理してやる必要はないんだぞ?」「ううん、やる……」
 雪奈の目は本気だ。二人がやるから仕方なく付いてきたようなことを言った割に、実は本人もやる気満々らしい。
「いいなあ、私もやりたい」
 悠が物欲しそうに言った。
「お前はいつも来てるだろうが」「高校生になりたいって意味だよ!」「迷惑だ。お前は一生それでいい」
 この期に及んでまた一人増えたら、さすがに捌ききれる自信が無い。
「ええー? ……ま、いっか。駿一と一生一緒だもんね!」「ああ、そうだな……全く……」
 あの時は、その場の雰囲気もあってああ言ったが、よくよく考えてみると、一生こいつに憑き纏われるというのは、相当にうんざりする話ではないだろうか。
「どうやら俺の悪夢はまだ始まったばかりらしい……」
 俺は悠、ロニクルさん、ティム、雪奈の顔を順々に見ると、改めてこれが現実だということを再認識して、大きい溜め息一つをついた。一体これからどれだけの苦労が俺を待ち受けているのだろうか。そう考えると、暫くは夜も眠れなそうだ。

「ぱらのまっ!@異世界現代群像のパラグラフ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く