ぱらのまっ!@異世界現代群像のパラグラフ

木木 上入

28 理科室6

「あ……そっか……あたし……やっぱりこの世に居ちゃいけないんだよね……」「ええ、残念ながら」
 梓はよろけながらも、しっかりと悠を見据えながら、悠の方へと歩いていく。
「梓さん……」
 駿一が、梓が歩くのを遮るように、梓の前に立った。
「梓さん、すまないが、もう少し待ってくれないか?」
 梓は歩みを止め、少し間を置いた後、駿一に尋ねた。
「何でですか?」「何でっていうか、良く分かんねえけど……俺、悠が昔のままだって思ってたんだ。でも、あの世で色々あったんだって分かって……悠の事、邪険に扱い過ぎてたんだって、やっと分かってさ。その……もう少し一緒に居て、悠に色々とやってやりたいって思って……」「駿一……」「なあ悠、俺達ってさ、結構いい関係だと思わないか?」
 駿一は体を翻し、悠の方へと向き直った。
「しゅ、駿一、駿一は……」「やかましくって、うざくってさ……でも、何だかんだで悠が俺に憑りついてから色々な事が起きて……」「……」
 悠は駿一の話に聞き入った。
「それでさ、俺も俺なりに色々な事を体験したけど、それは悠も同じでさ」
 梓が一歩を踏み出した。そして、よろめきながらも一歩一歩、着実に駿一と悠の方へと歩みを進めた。
「でさ、何だかんだあったけど、思えば悠と話してる時って、なんだか悪い感じしないなって。……今になって気付いてさ」「駿……一……」「だからさ、これからだろ、本当に悠と過ごすのは。やっと気付けたところなのに……なのに、こんな時に悠を除霊なんてさせられねえ!」「駿一……!」「梓さん、梓さんに悠は除霊させない!」
 駿一は梓の方へ向き直ると、両手を広げて梓を睨み付けた。
「駿一さん……残念だけど……」
 梓が辛そうに目を伏せ、俯いた。
「……え?」「悠さんは、そうやって駿一さんに認められたかったんです」「俺に?」
 駿一は後ろを振り返り、悠の顔を見た。
「うん……あたし、すっごく嬉しい!」
 悠の瞳からは、大粒の涙が零れ落ちていた。
「悠さんは、駿一さんに認められて、凄く嬉しくて……そして満足してる」「うん。あたし、満足してる。満足……しちゃってる」「あ……」
 駿一は気付いた。数々の霊と合い、その生き様を知ってきた駿一が気付かないはずはなかった。
「お前……成仏しちまうのか?」「そう……みたいだね……」「一旦はあの世に行った悠さんでしたけど、またこの世に戻されて、そして駿一さんと合ってしまった。だから、この世に未練が残されているとしたら、それは駿一さんと仲良く、そして長い間一緒に話して過ごす事。そして、たった今、それを駿一さんも感じてたって確信が持てた」「悠……」「駿一……」
 駿一は早足で悠に近寄った。
「その時点で、悠さんの未練は消えた。だから……」「成仏するのか。淋しくなるな、悠」「あたしもだよ、駿一」「なあ悠。俺だっていつかは死んで、あの世に行かなきゃならない。でも、今は無理だ」「来ちゃ駄目だよ! 絶対来ちゃ駄目! 来るなら絶対、寿命で来てよ!」
 悠は頬を紅潮させながら眉を吊り上げた。
「はは……俺もそのつもりだ。だからさ、待っててくれよ、その時まで」「うん! 絶対待ってる! 百年でも二百年でも……千年だって待ってるから!」「はは……さすがにそこまでは長生きせんだろうが。ま、頑張ってみるよ」「うん。約束だよ!」「ああ……勿論だ!「そろそろ……時間かもしれませんね」「元気でね、駿一」「悠もな」
 駿一は悠を両腕で包んだ。
「成仏、するんだな」「多分、もうすぐ……」
 駿一は、霊体である悠を抱く事は出来なかった。悠の感触はまるで無く、空気を掴んでいるのと大して変わらない。しかし、駿一は、何故か悠の体温が、自分の腕に伝わっているような気がした。
「拙者も、あんなふうに成仏できるかのう」
 駿一と悠の抱き合っている様子を見ている梓の瞳も、うっすらと涙で滲んでいる。
「できるですよ、きっと。それより、そろそろ悠さんが成仏するです。しっかりと見守ってあげましょう」「またね、駿一……」「ああ……またな……」
 二人はまだ抱き合っている。
「……梓よ、いつ成仏するのだ?」「えーとですね……」
 二人の固い抱擁はなおも続いている。
「そろそろ成仏……する筈なんですけど……」「……するのか?」「しませんねー……」「……ねえ、駿一」「うん?」「あたしさ、成仏する気配、無い」「……へ?」
 駿一は呆気に取られた。
「あ、梓さん?」
 駿一はわけも分からず梓の方を向いた。
「え、えと……成仏、しないみたいです」
 梓も混乱している。
「……ほえ?」
 梓の回答に、駿一は更に混乱した。さっぱりわけが分からない。
「はっきりとは分からないですけど、悠さんは、きっとそっちの方が幸せなんだと思うです」「しあわ……せ……?」「そう、駿一さんともっと一緒に居たくなったとか、そんな感じじゃないでしょうか……」「そんな感じって……んないい加減な」「ほら、霊って私達からとってみれば曖昧な存在じゃないですか。だからその辺はいい加減なものでですね……」「梓よ。なんだかとっても苦しい言い訳に聞こえるのだが……」「え……えへへ、ばれましたか?」「で……こいつはどうなるんだよ」「多分、もう暫く成仏は出来ないんじゃないかと。本人次第でしょうけど……」「やった! 駿一、ずっと、ず~っと一緒だよ!」「ず~っとって……待ってくれ、俺のプライベートは……」「良かったポ。悠が居なくなると、ロニクルも淋しいプ」「成仏って、離れ離れになるって事だろ? ボク、そんなの納得できないよ。良かったな、二人共!」「……良かった」
 二人の様子を見ていたロニクル、ティム、雪奈の三人は、よくは分からないが、取り敢えずどうにかなった雰囲気を感じ、喜んだ。
「はは……そっか、こいつらもか……やっぱり……悪夢……だぜ……」
 駿一の心は蘇った絶望で一瞬で打ちひしがれ、ショックからか、突然、気が遠くなった。

「ぱらのまっ!@異世界現代群像のパラグラフ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く